メインメニューを開く

風魔(かざま、ふうま)、風摩(かざま、ふうま)または風間(かざま)、風广(かざま)は、天正年間に北条氏直に仕えて活動した乱波の集団ないしそれを率いた人物。今日、忍術・忍者の解説書などでは、戦国時代相模国足柄下郡を根拠地として後北条氏に代々仕えた忍者集団で、風間家の者が代々頭目となって風魔小太郎を名乗ったが、主家の滅亡後は江戸近辺で盗賊となり、密告によって一網打尽にされた、と解釈されていることが多い。

なお、忍者の解説書に、その根拠地が、相模国足柄下郡の風祭の近くにある「風間村」ないし「風間谷」という場所だと書いてあることがある[1]

概要編集

三浦浄心が著した寛永18年(1641)刊の『北条五代記』によれば、天正年間の風摩の一党は、山賊、海賊、強盗、窃盗の四隊、合計二百人から成っていた。頭目の風摩(かざま)なる人物は、身の丈七尺二寸(約2.2メートル)の巨漢で、大きく裂けた口から4本の牙が突き出すなど、異様な風貌をしていると噂されたという。[2]

同じ三浦浄心の『慶長見聞集』によれば、後北条氏滅亡後、向崎甚内が「盗賊となって江戸近辺を荒らしまわっているのは風魔の残党・子孫だ」と密告し、江戸の奉行所によって盗賊が根絶やしにされたという。しかし、向崎甚内も盗賊であることがわかり、慶長18年に処刑された。この件について、戸部新十郎の『忍者と盗賊』などでは、風魔小太郎が捕縛・処刑されたと書かれている[3]

18世紀前半に成立した槇島昭武の『北越軍談』には、弘治3年(1557年)頃の出来事として、小田原の風間次郎太郎から幻術を学んだ鳶加藤なる幻術師が越後の長尾景虎のもとに現れたという話が載っている。[4]

同じ槇島昭武の著した『関八州古戦録』によれば、天文15年(1546年)あるいは天文12年(1543年)に関東管領上杉憲政川越城に攻めよせた時、北条氏康配下の小田原方の忍びである二曲輪猪助が斥候として柏原に差し向けられた。この二曲輪猪助が「風間小太郎が指南を得たる(風間小太郎から指導を受けた)」と書かれている。[5]

嘉永3年(1850)刊の『武江年表』の天正18年(1590年北条方の忍びの上手として)の記事に、天正年間に関東で強盗をしていた乱破風魔が、この年を境に姿を消したという記述があって、『北条五代記』が出典として挙げられている。ただし、『武江年表補正略』などを著して『武江年表』の改訂作業を行った江戸時代後期の考証家・喜多村信節は、この記述は誤りで、「乱破」は徒党の名称、「風魔」はその中の一人の名前だと追記している。[6]

なお、17世紀前半に成立した『北条記』には、北条方の忍びの上手として、北条氏照配下の横江忠兵衛と大橋山城守の名前が挙がっている。

モチーフとした作品編集

脚注編集

  1. ^ 『スーパー忍者列伝』 PHP研究所、2008年。 
  2. ^ 萩原龍夫(校注) 『北条史料集』 人物往来社、1966年。 
  3. ^ 戸部新十郎 『忍者と盗賊』 河出書房新社、1986年。 
  4. ^ 井上鋭夫・編 『上杉史料集』 新人物往来社、1969年。 
  5. ^ 槇島昭武 『関八州古戦録 改訂版』 新人物往来社、1976年。 
  6. ^ 今井金吾 『定本 武江年表 上』 筑摩書房、2003年10月。