メインメニューを開く

(かぜ)は、かぐや姫伊勢正三と、大久保一久1975年に結成したフォークデュオ

出身地 日本の旗 日本
ジャンル フォークソング
活動期間 1975年 - 1979年
レーベル 日本クラウン
メンバー 伊勢正三
大久保一久

目次

メンバー編集

略歴編集

「風」としてのデビューは、1975年4月12日のかぐや姫解散コンサート以前の、2月5日にシングル発売した「22才の別れ」で、いきなり大ヒットとなった。ほか代表曲には「海岸通」「あいつ」「あの唄はもう唄わないのですか」「北国列車」「古都」「ささやかなこの人生」「君と歩いた青春」「海風」「Bye Bye」など。1977年12月6日には日本武道館でのコンサートを成功させた。

「風」というデュオ名は伊勢が名付け、「空気のように留まらず、音楽的に常に進化していくことを目指す」という意味が込められている[1]

1979年に活動を休止したが、1990年8月の第10回サマーピクニックで共演をしている。2007年5月6日品川プリンス ステラボールにおける伊勢のコンサートに大久保が飛び入り参加し28年ぶりの復活を果たし、このことがきっかけになり、同年7月21日の「伊勢正三ライブinべるが2007」において二人によるコンサートが開催された[2]

ディスコグラフィー編集

シングル編集

※ クラウンレコード・Panamレーベルより

発売日 規格 規格品番 オリコン

最高位

タイトル 作詞 作曲 編曲
1975年2月5日 EP ZP-6 1位 A 22才の別れ 伊勢正三 石川鷹彦
B 約束しようよ 大久保一久
1975年12月10日 EP ZP-11 24位 A あの唄はもう唄わないのですか 伊勢正三 石川鷹彦
B 二人のための夜 大久保一久 後藤次利
1976年6月25日 EP ZP-17 16位 A ささやかなこの人生 伊勢正三 瀬尾一三
B 時には 大久保一久
1976年12月5日 EP ZP-21 40位 A ほおづえをつく女 伊勢正三 瀬尾一三
B 旅の午後 大久保一久
1977年5月10日 EP ZP-27 30位 A 夜汽車は南へ 伊勢正三 佐藤準
B 風をたずさえて 大久保一久
1978年10月5日 EP ZP-40 52位 A Bye Bye 伊勢正三 佐藤準
B Good Feeling 大久保一久 瀬尾一三
1985年 EP CWP-5006 A 22才の別れ 伊勢正三 石川鷹彦
B ささやかなこの人生 瀬尾一三
1990年6月21日 8cmCD A 22才の別れ 伊勢正三 石川鷹彦
B あの唄はもう唄わないのですか
1992年5月21日 8cmCD 1 22才の別れ 伊勢正三 石川鷹彦
2 あの唄はもう唄わないのですか

アルバム編集

スタジオ・アルバム編集

発売日 規格 規格品番 オリコン

最高位

アルバム
1975年6月5日 LP GW-4013 1位 風ファーストアルバム
CD CRCP-107 CD選書
2007年6月6日 CD CRCP-20401 2007年デジタルリマスター盤
2013年5月8日 Blu-spec CD2(紙ジャケ) CRCP-20489 2013年デジタルリマスター盤
1976年1月25日 LP GW-4018 1位 時は流れて…
CD CRCP-108 CD選書
2007年6月6日 CD CRCP-20402 2007年デジタルリマスター盤
2013年5月8日 Blu-spec CD2(紙ジャケ) CRCP-20490 2013年デジタルリマスター盤
1976年11月25日 LP GW-4025 3位 WINDLESS BLUE
CD CRCP-109 CD選書
2007年6月6日 CD CRCP-20403 2007年デジタルリマスター盤
2013年5月8日 Blu-spec CD2(紙ジャケ) CRCP-20491 2013年デジタルリマスター盤
1977年10月25日 LP GW-4035 1位 海風
CD CRCP-110 CD選書
2007年7月4日 CD CRCP-20404 2007年デジタルリマスター盤
2013年5月8日 Blu-spec CD2(紙ジャケ) CRCP-20492 2013年デジタルリマスター盤
1978年10月5日 LP GWS-4002 2位 MOONY NIGHT 月が射す夜
CD CRCP-111 CD選書
2007年7月4日 CD CRCP-20405 2007年デジタルリマスター盤
2013年5月8日 Blu-spec CD2(紙ジャケ) CRCP-20493 2013年デジタルリマスター盤

ベスト・アルバム編集

脚注編集

  1. ^ 究極のベスト 02 風(2016年 アイビーレコード発行・徳間書店発売)伊勢正三インタビュー(p.3)より
  2. ^ 大久保はあくまでゲスト扱いであり、伊勢自身は一度も「風」のコンサートだとは口にしていない

関連項目編集