メインメニューを開く

颯田 琴次(さった ことじ、1886年7月24日 - 1975年10月2日)は、耳鼻咽喉科学者、音声学者。

ヴァイオリン演奏では専門家の域に達しており、しばしばプロの交響楽団に加わって演奏したり、声楽家の診断から発声指導まで幅広く行なった。[1]

目次

略歴編集

東京出身。東京帝国大学(現・東京大学)医学部・薬学部卒、東京音楽学校(現・東京芸術大学)卒。1920年東大耳鼻咽喉科教室および生理学教室で研究。1931年「音響刺激に因る耳殻反射運動」で医学博士。1936年小幡重一石本巳四雄田口三郎らと日本音響学会を設立。1943年東京帝大医学部教授、1952年東京藝術大学教授、1953年NHK放送文化賞受賞。1959年国立聴力言語障害者更生指導所初代所長。1969年日本青少年文化センター会長。この間、国語審議会委員、NHK交響楽団顧問、NHK評議員、文部省推薦映画の選定委員、国立劇場評議員、日本耳鼻咽喉学会理事長を務めた。

エピソード編集

日本の作曲家・指揮者山田耕筰に「カツラを被れ」と指摘し,結果として彼を「山田耕」から「山田耕」に改名させた[2]

著書編集

  • 『かたい声、やわらかい声』日本放送出版協会 1976

共著編編集

  • 『音声学』共著 音楽之友社 1951
  • 『日本耳鼻咽喉科全書 食道・外頸部・レ線学的診断と治療・音声』編 金原出版 1953
  • 『食道音声の実際』高藤次夫共著 金原出版 臨牀医学文庫 1954
  • 『音声障害の臨床』切替一郎共監修 医学書院 1970

脚註編集

出典編集

  1. ^ 日本人名大辞典
  2. ^ 浅田まり子「山田耕筰の歌曲研究」『愛知淑徳大学論集. 文学部・文学研究科篇』第38巻、愛知淑徳大学文学部、2013年3月14日、 35頁、 NAID 1200052710282019年5月22日閲覧。