メインメニューを開く

飛べ、バージル/プロジェクトX』(原題:Project X)は、1987年制作のアメリカ合衆国の映画

飛べ、バージル/プロジェクトX
Project X
監督 ジョナサン・カプラン
脚本 スタンリー・ワイザー
原案 スタンリー・ワイザー
ローレンス・ラスカー
製作 ウォルター・F・パークス
ローレンス・ラスカー
出演者 マシュー・ブロデリック
ヘレン・ハント
音楽 ジェームズ・ホーナー
撮影 ディーン・カンディ
編集 O・ニコラス・ブラウン
配給 アメリカ合衆国の旗日本の旗 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1987年4月17日
日本の旗 1987年8月22日
上映時間 108分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語アメリカ手話
製作費 $18,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $18,532,286[2]
世界の旗 $21,589,395[2]
テンプレートを表示

アメリカ空軍チンパンジーを使って実際に行っていた実験を元に制作されたスリラー映画。ジョナサン・カプラン監督。

あらすじ編集

大学生のテリーは研究のため、チンパンジーのバージルに手話を教え、人間と動物でコミュニケーションを取ることに成功した。ところがその矢先、研究費が打ち切られたため、テリーはバージルと離ればなれになる。

テリーはバージルが動物園に引き取られたと聞くが、実際は空軍のロックリッジ基地に送られていた。そこでは“プロジェクトX”という極秘の実験が行われていた。それは核戦争が起こった時、飛行中のパイロットが放射能を浴びた場合、何時間生きられるかをチンパンジーで実験するというものだった。

無断で恋人を飛行機に乗せたため降格されたパイロットのジミーはバージルの飼育係に任命される。彼はバージルが手話で意志表示することを知って最初は驚くが、やがて深い愛情を持つようになる。

だがやがて、ジミーはプロジェクトXの実体を知り、大きなショックを受ける。そしていよいよバージルが実験台にされることになり、ジミーはそれを阻止しようとするが、クビになってしまう。

ジミーはバージルに手話を教えたテリーの存在を知り、彼女と共にバージルと仲間のチンパンジーを救出しようとする。

キャスト編集

脚注編集

外部リンク編集