メインメニューを開く

飛島公共交通バス(とびしまこうきょうこうつうバス)は、飛島村地域公共交通活性化再生法定協議会が運行している路線バスである。三重交通桑名営業所が委託運行を行っている。

飛島村の住民および企業従業員の生活の足を確保し、利便性と持続性の高い地域の公共交通サービスを目指すことを目的とし、2009年平成21年)4月より運行を開始した。

本項では、2009年3月31日まで運行されていた飛島バス(とびしまバス)についても記述する。

路線編集

 
名古屋市と飛島村の境を跨ぐ名港西大橋

現在2路線を運行している。

名港線編集

運行経路 備考
名古屋港駅築地口稲永駅 → (伊勢湾岸自動車道名港西大橋経由) → 飛島村臨海部 → 稲永駅 → 築地口 → 名古屋港駅
名古屋港駅 → 築地口 → 稲永駅 → (伊勢湾岸自動車道名港西大橋経由) → 飛島村臨海部 → 公民館分館 朝のみ運行
公民館分館 → 飛島村臨海部 → (伊勢湾岸自動車道名港西大橋経由) → 稲永駅 → 築地口 → 名古屋港駅 夕方のみ運行

後述する飛島バスと同様、飛島村臨海部と名古屋港エリアを結ぶ路線。通常村民の利用はなく、名古屋市内から臨海部の工場への通勤利用が大半を占める。

1999年から2009年にかけて運行されていた飛島バスが一般道を経由し運行されていたのに対し、飛島公共バスは伊勢湾岸自動車道を経由し運行している。

ほぼ全便が名古屋港駅を始発とする循環便として運行されているが、朝夕に区間便が設定されており、朝には公民館分館止まりの便が、夕方には公民館分館始発の便が運行されている。また、平日ダイヤで運行される循環便については、便によって飛島村内の運行経路が異なる。

伊勢湾岸自動車道を通過する関係で着席を前提とした観光型の専用車両が使用されており、現在は日野・セレガおよびいすゞ・ガーラが使用されている。立席乗車はできない。

クローズドドアシステムはないので名古屋市内のみの利用も可能。

蟹江線編集

運行経路 備考
[直行] 臨海部経由 近鉄蟹江駅前 → 神戸新田 → 公民館分館 → 飛島村臨海部 → 公民館分館 平日朝1本のみ

途中通過停留所あり

臨海部経由 公民館分館 → 飛島村臨海部 → 公民館分館 → 新政成神社 → 飛島村役場 → 神戸新田 → 近鉄蟹江駅前 平日夕1本のみ
近鉄蟹江駅前 → 神戸新田 → 公民館分館 平日朝2本のみ
近鉄蟹江駅前 - 神戸新田 - 飛島村役場 - 新政成神社 - 公民館分館
近鉄蟹江駅前 - 神戸新田 - 飛島村役場 - 新政成神社 朝夕運行
近鉄蟹江駅前 - 神戸新田 - 飛島村役場 - 公民館分館 - 梅之郷東ノ割 平日1往復のみ

2009年4月より運行開始した飛島村近鉄蟹江駅蟹江町経由で結ぶ路線。

近鉄蟹江駅前 ⇔ 公民館分館の運行が基本となるが、朝は新政成神社始発、夜は新政成神社止まりで運行されるほか、平日1往復のみ梅之郷東ノ割発着便が運行される。

平日ダイヤには、飛島村臨海部を経由する便も設定されている。朝に運行される近鉄蟹江駅前発の便は公民館分館まで急行運転を行っており、この区間は神戸新田・松之郷・善光寺前のみに停車する。一方夕方に運行される近鉄蟹江駅前方面の便については、全ての停留所に停車する。土休日および平日日中は近鉄蟹江駅前と飛島村臨海部を直通するバスは運行されないため、公民館分館前で名港線へ乗り換える必要がある。

2010年10月1日より弥富市内に亀ヶ池・善太橋西停留所を新設し、弥富市コミュニティバス(きんちゃんバス)への乗換を可能にした。

運賃編集

名港線と蟹江線でそれぞれ運賃体系が異なる。両路線ともTOICAmanacaPiTaPa等のICカードは利用できない。

名港線編集

乗車区間 運賃
名古屋市内 ⇔ 飛島村臨海部 500円
飛島村臨海部相互間 200円

名古屋市内のみの利用でも500円かかる。

蟹江線編集

乗車区間 運賃
近鉄蟹江駅前 〜 公民館分館前・梅之郷東之割 200円
近鉄蟹江駅前 〜 公民館分館前 ⇔ 飛島村臨海部 400円

両路線ともに定期券(除: 飛島村臨海部相互間利用)および回数券が発売されている。

歴史編集

車両編集

名港線編集

伊勢湾岸自動車道を走行するため、高速道路に対応した専用車が用いられる。車種は日野・セレガいすゞ・ガーラ。三重交通桑名営業所に所属。

蟹江線編集

中型車のいすゞ・エルガミオが用いられる。三重交通桑名営業所に所属。

車両不足や車両故障等の理由で三重交通の一般車両が代走することもある。

飛島バス編集

1999年4月1日に飛島村臨海部の企業への通勤手段としてナゴヤシップサービスが運行を受託する形で名古屋港~飛島村臨海部のルートで運行を開始した。2007年4月2日からは金城ふ頭駅~飛島村臨海部(朝の1便のみ名古屋港発)のルートで実証実験バスも運行した。運賃体系は現在と異なり全線片道500円、実証実験バスの金城ふ頭 ~ 飛島村区間のみの場合片道300円となっていた。車両は基本的に三菱ふそう・エアロスターの前中扉の飛島バス専用車両が充てられ、整備などの都合によっては前扉のみの車両が充てられる場合もあった。

飛島公共交通バスへの再編に伴い、2009年3月31日で運行を終了した。運行に使われていた車両は呉市交通局(その後呉市営バスの事業移管により広電バスへ転籍)・西肥自動車に移籍している。

リンク編集