メインメニューを開く

飛田停留場

かつて日本の大阪に存在した南海電鉄平野線の停留場

飛田停留場(とびたていりゅうじょう)は、かつて大阪府大阪市西成区にあった南海電気鉄道平野線停留場

飛田停留場
飛田停留場跡(2006年10月3日)
飛田停留場跡(2006年10月3日)
とびた
TOBITA
今池 (0.4km)
(0.8km) 阿倍野
所在地 大阪市西成区山王3丁目
所属事業者 南海電気鉄道
所属路線 平野線
キロ程 0.4km(今池起点)
駅構造 地上駅
開業年月日 1914年(大正3年)4月26日
廃止年月日 1980年(昭和55年)11月28日
テンプレートを表示

歴史編集

構造編集

当駅には、一説には遊女の逃亡防止のために設置されていたと言われた壁があった。現在は耕作地になっている。

のりば編集

上り 平野線 今池方面
阪堺線直通
恵美須町
下り 平野線 阿倍野・田辺・平野方面 平野

駅名の由来編集

飛田遊郭の最寄り駅であったため。

周辺編集

隣の停留場編集

南海電気鉄道
平野線
今池停留場 - 飛田停留場 - 阿倍野駅

関連項目編集