飛田 茂雄(とびた しげお、1927年12月22日 - 2002年11月5日)は、日本のアメリカ文学者、翻訳家、中央大学名誉教授。日本ヘンリー・ミラー協会名誉会長。

東京都世田谷区出身[1]。1940年、主計将校だった父の転勤に伴って広島に転居。勤労動員先の陸軍被服支廠で被爆している[2]。1952年、青山学院大学英文科卒業[3]。1957年、早稲田大学大学院文学研究科近代英文学専攻博士課程修了(中退)[4]。1955年、青山学院大学助手、1957年に同専任講師、1960年同助教授[5]。1963年、小樽商科大学助教授、1969年に中央大学商学部教授、1993年に中央大学総合政策学部教授。

この間1976年4月から半年間カールトン大学客員研究員、1978年4月から1年間ノースカロライナ大学チャヒペル校客員研究員を歴任[6]。日本ヘンリー・ミラー協会会長も務めた[7]

1998年定年。中央大学名誉教授。2002年11月5日、慢性リンパ性白血病 により死去、74歳没[8]

小学館ランダムハウス英和大辞典』の編集・執筆に携わった。英語に関する著書多数、ヘンリー・ミラーなど翻訳多数。

著書編集

  • 『探検する英和辞典』(草思社、1994)
  • 『私が愛する英語辞典たち ちょっと辛口の辞書批評』(南雲堂フェニックス、1995)
  • 『いま生きている英語 大辞典でも収めきれない情報』(中公新書、1997)
  • 『翻訳の技法 英文翻訳を志すあなたに』(研究社出版、1997)
  • 『アメリカ合衆国憲法を英文で読む 国民の権利はどう守られてきたか』(中公新書、1998)
  • 編『現代英米情報辞典』(研究社出版、2000)
  • 『英米法律情報辞典』(研究社、2002)

翻訳編集

  • 『母の肖像』パール・バック角川文庫、1965)
  • 『追憶への追憶 ヘンリー・ミラー全集 10』(新潮社、1968)
  • キャッチ=22ジョーゼフ・ヘラー早川書房、1969)、のちハヤカワ文庫(上下) 改版2016
  • 『発端への旅』 コリン・ウイルソン自伝 (竹内書店、1971)、中公文庫 2005
  • 『描くことは再び愛すること』 ヘンリー・ミラー (竹内書店、1972)
  • ジェイムズ・ジョイス その批評的解説』 ハリー・レヴィン(永原和夫共訳、北星堂書店、1978)
  • 『戦慄』 アントニイ・バージェス (早川書房、1978)
  • 『浮世絵聚花 3 ボストン美術館 3 歌麿』 マニー・L.ヒックマン (小学館、1978)
  • 『聖ジョージとゴッドファーザー』 ノーマン・メイラー (早川書房、1980)
  • 『輝けゴールド』 ジョーゼフ・ヘラー (早川書房、1981)
  • 『浮世絵聚花 17・18 ボストン美術館 補巻 春信』 デイヴィッド・ウォーターハウス(金子重隆共訳、小学館、1982)
  • 『危険な隣人』トマス・バーガー(早川書房、1982)
  • 『浮世絵聚花 1 ボストン美術館 1 初期版画』 マニー・L.ヒックマン (小学館、1983)
  • 『ザ・スクープ 屏風のかげに』ヒュー・ウォルポールほか (中央公論社、1983)
  • 『パームサンデー 自伝的コラージュ』 カート・ヴォネガット (早川書房、1984) のちハヤカワ文庫 改版2009
  • 『ヴォネガット、大いに語る』 カート・ヴォネガット (サンリオ文庫、1984) のちハヤカワ文庫 改版2008
  • 『浮世絵聚花2 ボストン美術館 2 清長』 マニー・L.ヒックマン(金子重隆共訳 小学館、1985)
  • 『母なる夜』 カート・ヴォネガット・ジュニア(ハヤカワ文庫、1987)
  • 『わたしはいま結婚している』 メアリー・ゴードン (中原夏子共訳 早川書房、1988)
  • 浮世の画家カズオ・イシグロ (中央公論社、1988) のち中公文庫、ハヤカワ文庫 改版2019
  • 『ラヴ・ストーリーズ 1』 チップス、ヘンダーソン 共訳 (早川書房、1989)
  • 『名残りの薔薇』 アリス・アダムズ 高見浩共訳 (新潮社、1991)
  • 『バック・イン・ザ・ワールド』 トバイアス・ウルフ (中央公論社、1991)
  • 『ボーイズ・ライフ』 トバイアス・ウルフ (中央公論社、1992)
  • 『神話の力』 ジョーゼフ・キャンベル、ビル・モイヤーズ (早川書房、1992)、ハヤカワ文庫、2010
  • 『甘いささやき』 ステファニー・ヴォーン (草思社、1995)
  • 『争うアメリカ 人権・権利・税金』 トマス・B.エドソール/メアリー・D.エドソール (みすず書房、1995)
  • 『時を超える神話』 ジョーゼフ・キャンベル (角川書店、1996)(キャンベル選集)
  • 『危機一髪 回想-メコン・デルタからオックスフォードまで』 トバイアス・ウルフ (彩流社、1996)
  • 『生きるよすがとしての神話』 ジョーゼフ・キャンベル (共訳 キャンベル選集、角川書店、1996、角川ソフィア文庫、2016
  • 『激突 ジョン・ホークス作品集 4』 (彩流社、1997)
  • 『人食い ジョン・ホークス作品集』 (彩流社、1997)
  • 『新約聖書』 ウィリアム・M.ギャロット (松村あき子共訳 角川文庫、1999)
  • 『クリシーの静かな日々』 ヘンリー・ミラー (小林美智代、田澤晴海共訳 水声社、2004)(ヘンリー・ミラー・コレクション)

脚注編集

  1. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より
  2. ^ 『私が愛する英語辞典たち ちょっと辛口の辞書批評』 p.59
  3. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より
  4. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より
  5. ^ 朝日人物データベースより
  6. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より
  7. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より
  8. ^ “飛田茂雄氏死去 中央大名誉教授”. 共同通信. (2002年11月6日). http://www.47news.jp/CN/200211/CN2002110601000373.html 2015年1月20日閲覧。