飛行第111戦隊(ひこうだいひゃくじゅういちせんたい、飛行第百十一戰隊)は、大日本帝国陸軍飛行戦隊の1つ。1945年7月18日に明野教導飛行師団第1教導飛行隊を母体に編成された。第112戦隊と共に最後の陸軍戦闘機部隊。

飛行第111戦隊
創設 1945年(昭和20年)7月18日
廃止 1945年(昭和20年)
所属組織 War flag of the Imperial Japanese Army.svg大日本帝国陸軍
部隊編制単位 戦隊
編成地 佐野飛行場(大阪)
最終位置 小牧飛行場(愛知県)
主な戦歴 第二次世界大戦
テンプレートを表示

概要編集

陸軍戦闘機隊のなかで第112戦隊と共に最後の陸軍戦闘機部隊。戦闘には参加していない。ただし、明野教導飛行師団第1教導飛行隊は編成直前の7月16日には邀撃戦を行なっている(P-51Dを11機撃墜、5機被撃墜3名戦死)。

  • 飛行分科:戦闘
  • 編成時期:1945年(昭和20年)7月16日(明野教導飛行師団第1教導飛行隊を改編)
  • 編成地:佐野飛行場(大阪府)
  • 使用機種:五式戦闘機(4個中隊)、四式戦闘機(1個中隊)
  • 終戦時の所在地:小牧飛行場(愛知県)

参考文献編集

鈴木正一編著 /「蒼穹萬里」陸軍飛行戦隊史 / 陸軍飛行戦隊史刊行委員会 1976

関連項目編集