飛鳥井雅庸
時代 安土桃山時代 - 江戸時代初期
生誕 永禄12年10月20日1569年11月28日
死没 元和元年12月22日1616年2月9日
改名 正音、為春、雅継、雅枝(初名)→雅庸
別名 蘭(一字名)
戒名 芳光院尚雅
官位 従二位権大納言
主君 後水尾天皇
氏族 飛鳥井家
父母 父:飛鳥井雅敦
本多康重の娘
雅賢難波宗勝(雅宣)雅章
テンプレートを表示

飛鳥井 雅庸(あすかい まさつね)は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての公卿歌人飛鳥井雅敦の子。官位従二位権大納言飛鳥井家13代当主。

経歴編集

永禄12年(1569年)、12代当主・飛鳥井雅敦の子として誕生。慶長18年(1613年従二位に至り、元和元年)権大納言に任じられる。

昭高院准后道澄から古今伝授を、また藤木成定から入木道(じゅぼくどう=書道)伝授を受けた。文禄3年(1594年)の豊臣秀吉吉野花見に同行し、高野山参詣にも従った。また駿府において徳川家康に『源氏物語』の奥義を伝授し、後水尾天皇徳川秀忠細川忠興島津家久蹴鞠を指導するなど諸芸に秀でていた。

日記に『雅継卿記』、歌集に『入道大納言雅庸卿百首』などがある。

系譜編集

出典編集

  • 『日本人名大辞典』 講談社、2001年
  • 『朝日日本歴史人物事典』 朝日新聞出版、1994年