メインメニューを開く

食道園(しょくどうえん)は、大阪市中央区に本社を置く焼肉を中心とするレストランのチェーン店である。

株式会社食道園
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
542-0084
大阪府大阪市中央区宗右衛門町5-13
設立 1952年
業種 サービス業
法人番号 2120001081554
事業内容 ディナーレストラン(焼肉・しゃぶしゃぶの店舗経営)を関西で展開。通信販売、食材卸
代表者 代表取締役社長 江崎政雄
資本金 5,000万円
売上高 30億円(2013年3月実績)
従業員数 520名
支店舗数 11店舗
外部リンク http://www.syokudoen.co.jp/
テンプレートを表示

目次

歴史編集

1946年昭和21年)、江崎光雄(朝鮮名:林光植[1])が千日前に食堂「食道園」を開業した[2]。開業当時は平壌冷麺や焼いた鶏肉を出していた。当初は食糧難の時代であり牛肉の入手が難しかったが、やがて鶏肉から牛肉へと切り替わっていった。1952年(昭和27年)には法人化し、「株式会社食道園」となった。高度成長に入った1960年当時の焼肉メニューは、カルビロースのほか、ミノレバーセンマイなど約30種類になっていた[2]。熱い肉を冷まして早く食べられるようにと、醤油だれをつけて食べるスタイルを考案し、これが現在の焼肉のルーツとされる[2]。この頃の常連客には力道山美空ひばりらがいた[2]

1967年(昭和42年)千日前通の拡張工事にともない、宗右衛門町へと立ち退き移転し、翌1968年(昭和43年)に現在の本店ビルが完成した。「焼肉弁当」を考案し、1970年(昭和45年)の大阪万博に出品したところ、1日の売り上げが6500食分の大ヒットとなり、これをきっかけに焼肉が一般にも認知されていった[2]1967年(昭和42年)に北新地店を開業したのを皮切りに、関西一円に店舗を開き、2014年現在で12店舗が営業する。

2013年平成25年)、大阪市によって宗右衛門町の本店ビルが、大正時代から高度成長期にかけての魅力ある建物である「生きた建築ミュージアム」に選定された[3]

関連企業編集

  • YACOO

店舗編集

脚注編集

  1. ^ (21)焼き肉とホルモン 苦労が生んだ“日本食”
  2. ^ a b c d e “大阪ミナミ“生きた建築ミュージアム”に今も残る逸話”. 産経新聞. (2014年3月5日夕刊(大阪本社)) 
  3. ^ 生きた建築ミュージアム”. 大阪市. 2014年3月6日閲覧。

外部リンク編集