飯塚 久夫(いいづか ひさお、1948年2月18日 - )は、日本技術者実業家NTTラーニングシステムズ代表取締役社長や、NECビッグローブ代表取締役社長、ぐるなび取締役副社長国立大学法人東京工業大学理事・副学長、東京工業大学博物館館長等を歴任した。

人物・経歴編集

群馬県前橋市生まれ[1][2]。1970年東北大学工学部卒業。1972年東京工業大学大学院理工学研究科修士課程修了、日本電信電話公社入社。1991年技術調査部技術評価部門長。1997年資材調達部長兼国際調達室長。1998年理事資材調達部長兼国際調達室長。1999年NTTコミュニケーションズ取締役ビジネスユーザ事業部長[3][4][5]

2002年NTTコミュニケーションズ常務取締役先端IPアーキテクチャセンタ所長。2005年NTTラーニングシステムズ代表取締役社長。2006年電子情報通信学会東京支部長。2007年NECビッグローブ代表取締役社長[6][3][4][7]日本セキュリティ・マネジメント学会副会長[4][5]

2011年日本データ通信協会テレコム・アイザック推進会議会長、NECビッグローブ顧問国立大学法人東京工業大学理事・副学長、東京工業大学博物館館長。2013年東京工業大学客員教授ぐるなび取締役副社長執行役員管理本部長。2014年ぐるなび取締役副社長執行役員管理本部長兼セキュリティマネジメント室長。2017年ぐるなび取締役副社長執行役員管理本部長兼管理部門長兼セキュリティマネジメント室長[4][3][8]

専門は音響工学[8]。趣味はアルゼンチン・タンゴ評論[9]、月刊「ラティーナ」や、中南米音楽研究会、SUIYOKAIで解説等を行い、日本タンゴアカデミー会長日本アルゼンチンタンゴ連盟会長、日本アルゼンチン協会理事なども歴任した[10][1]

脚注編集

先代:
並木淳治
電子情報通信学会東京支部長
2006年 - 2007年
次代:
喜連川優
先代:
鈴木俊一
NECビッグローブ(のちのビッグローブ)社長
2007年 - 2011年
次代:
古関義幸
先代:
大倉一郎
東京工業大学博物館館長
2011年 - 2012年
次代:
大谷清