飯塚悟志

日本のお笑いタレント

飯塚 悟志(いいづか さとし、1973年〈昭和48年〉5月27日 - )は、日本お笑いタレント俳優。お笑いトリオ東京03のリーダー兼ツッコミ担当。

飯塚 悟志いいづか さとし
2023年、芸術選奨贈呈式にて
ニックネーム
生年月日 (1973-05-27) 1973年5月27日(50歳)
出身地 日本の旗 日本千葉県四街道市
血液型 O型
身長 170cm
言語 日本語
方言 共通語
出身 スクールJCA2期
コンビ名 アルファルファ(1995年 - 2003年)
トリオ名 東京03(2003年 - )
相方
立ち位置 中央
事務所 プロダクション人力舎
活動時期 1994年 -
同期
現在の代表番組 こねくと(水曜担当)
過去の代表番組
配偶者 藤田真由美(2014年 - )
親族 車だん吉[2]
受賞歴
テンプレートを表示

千葉県四街道市出身[3]。四街道市立南小学校、四街道市立千代田中学校[4]、千葉県立若松高等学校卒業。プロダクション人力舎所属。身長170cm、体重60kg。血液型O型。

経歴 編集

スクールJCAに2期生として入学。東京03のメンバーの中では最も芸歴が長い。アルファルファ結成前には「黒板USA」や「マンティス」などといったコンビを組んでいたが、程なくして解散している[5]

1995年、豊本明長とお笑いコンビ、「アルファルファ」を結成。

2003年、アルファルファに元プラスドライバー角田晃広を加入させる形で、「東京03」を結成。

人物 編集

芸風 編集

アルファルファ時代から、キレ気味口調と激しいツッコミを持ち味とする。

シンプルかつ伝わりやすいツッコミは評価が高く[6]、ネタ作成もメインに行っている。同事務所おぎやはぎからは「飯塚さんの脚本はすごい」と評され、俳優の堺雅人西村雅彦からも脚本力を評価されている[7]

同じくおぎやはぎの矢作兼からも「お笑い愛が凄い」と評されている。矢作が実際に体験したちょっとした出来事を「コントにして欲しい」と飯塚にリクエストした所、ちゃんとクオリティの高い1本のコントに仕上げて東京03のライブで披露したというエピソードも存在する[6][8]

台本を覚えるスピードも速く、数回読んだだけで頭に入ってしまうとのこと。とあるライブにてトリで披露する予定のコントの台本が本番当日になっても間に合わず、結局本番中に台本が届いたが、それを飯塚は本番中にコントをしながら舞台袖で覚えてやり遂げたという逸話もある[6]

2019年12月5日に『雨上がり決死隊のトーク番組アメトーーク!』(テレビ朝日)にて、自身をフィーチャーした企画「東京03飯塚大好き芸人」が放送され、飯塚とゆかりのあるゲストが多数駆け付けトークを繰り広げた[6]。なお、この企画に先駆けて他局・テレビ東京の番組である『ゴッドタン』の同年11月30日放送回にてスピンオフ企画「東京03角田・豊本大好き芸人」も放送されている[9]

繰り返し見るコンテンツはクールランニング

私生活 編集

2014年11月10日、歌手の藤田真由美と入籍したことを発表[10][11]。2人の出会いのキッカケは、事務所の後輩芸人であるゆってぃからの紹介だった。

2019年12月、第1子となる女児が誕生[12]。2023年5月23日、第2子となる女児が誕生[13][14]

タレントの車だん吉は親戚。祖母の葬儀に参列した時に初めて対面し、親戚であったこと知り驚いたという[2]

四街道市PR大使 編集

2021年より、飯塚の出身地である千葉県四街道市のPR大使を務めており、四街道市役所の正面玄関には、飯塚の等身大パネルが飾られている[15]

共演者とのエピソード 編集

  • 俳優の利重剛と容姿が似ており、共演したドラマ『この恋あたためますか』では2人同時に「似てる!?」と言うシーンがあった[16][17]
  • 人力舎の後輩であり、当時コンビ解散を悩んでいた吉住と飲んだ際に、酒に酔った吉住が相方に対する不満を延々と話し続けたため、「じゃあもう解散しろよ!解散!」と半ギレ状態で解散を勧めた。結果として、吉住はコンビ解散の道を選ぶこととなった。この件に関しては互いに反省しており、コンビ解散という人生を左右しかねない決断を半ギレ状態でしてしまった償いとして飯塚は吉住のことを「東京03 飯塚 激推し芸人」として出演番組で紹介するようになった。ちなみに、その飲みの席には、角田晃広も同席していた[18]
  • 青春高校3年C組では中井りかNGT48)を始めとするレギュラー陣に「さとし」と呼び親しまれておりその中でも女性レギュラー陣から高い人気を誇っていた。また「ももクロChan〜Momoiro Clover Z Channel〜」をはじめ様々な番組やイベントで共演する機会の多いももいろクローバーZからも「さとし」と呼ばれている。
  • 放送作家のオークラは自著内で飯塚に対して「多くの仲間たちの中で一番『友達』に近い感覚」であると述べている。ただし、出会った当初(アルファルファ時代)の飯塚は「人力舎内で誰よりも尖っていた」[19]らしく、初めての会話の際に「話しかけんなよ!オメーになんか興味ねぇーんだよ!」と言われた事もあったため、出会ってから暫くは「嫌いだった」とも述べている[20]

主な出演 編集

単独出演のみを記載。トリオでの出演作は東京03を参照。

テレビ番組 編集

現在のレギュラー番組
過去のレギュラー番組
特番
  • 漂流兄妹〜理科の知識で大脱出!?〜(2021年10月25日・2022年8月22日・8月29日・10月31日・12月26日、NHK Eテレ) - 島の守り神 役(声のみ)
  • NETAMI(2021年12月11日・18日・2022年1月8日・3月20日、日本テレビ) - MC
  • キングオブコント(2021年10月2日・2022年10月8日、TBS) - 審査員
  • 今年最後に…アナタに逢えた!(2021年12月30日、テレビ東京)
    • 日村・小杉・飯塚のようこそ!再会の夜に。(2022年8月6日、テレビ東京) - 上記第二弾
  • 風桶アカデミー(2022年3月11日、テレビ朝日) - MC
  • 100人の被験者たち(2022年3月31日、TBS) - MC
その他の出演番組

テレビドラマ 編集

舞台 編集

映画 編集

ラジオ 編集

CM 編集

  • 住友生命「本屋で1UP」(2017年)
  • 大塚製薬「カロリーメイト」(2020年 - )[29]
  • キリンビール「麒麟 発酵レモンサワー」(2021年)[30]
  • 三井住友カード
    • 「stera terminal(ステラ)」『その時の気持ち』店長編(2021年)
    • 「家族ポイント」『家族ポイント はじまる』編、『家族ポイント だって家族だから』編(2022年1月1日 - )[31]

ライブ出演 編集

ネット配信 編集

  • The Fake Show(2018年12月12日 - 、YouTubePremium)
  • TOKYO COIN LAUNDRY(2019年1月11日 - 、GYAO!

脚注 編集

  1. ^ “大久保佳代子 東京03飯塚「ブス専」説を披露 後輩芸人は「人力舎の火野正平」呼ばわり”. 東京スポーツ. (2017年10月31日). https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/2792 2023年7月21日閲覧。 
  2. ^ a b 東京03飯塚 [@iizuka03] (2011年6月4日). "俺もおばあちゃんの葬式で初めて見た時びっくりした。". X(旧Twitter)より2021年3月15日閲覧
  3. ^ WEBザテレビジョン. “東京03、「爆笑お笑いライブin成田2016」への意気込みを語る!”. WEBザテレビジョン. 2021年7月31日閲覧。
  4. ^ 四街道市 飯塚悟志さんプロフィール”. 四街道市役所. 2022年5月20日閲覧。
  5. ^ バナナマンのバナナムーン2009年9月29日ポッドキャスト
  6. ^ a b c d “「アメトーーク! ~東京03飯塚大好き芸人~」 2019年12月5日(木)放送内容”. 価格.com (テレビ紹介情報). https://web.archive.org/web/20220412071039/https://kakaku.com/tv/channel=10/programID=6703/episodeID=1319550/ 2020年3月5日閲覧。 
  7. ^ 「新・視聴率男」堺雅人はお笑い3人組の「追っかけ」だった
  8. ^ そのコントとは第11回単独公演「正論、異論、口論。」で披露した「融通」である。
  9. ^ 「東京03角田・豊本大好き芸人」ゴッドタンで開催、ラバーガール飛永ら心細い3名”. お笑いナタリー (2019年11月18日). 2020年3月5日閲覧。
  10. ^ 東京03飯塚 (2014年11月11日). “改めまして、本日、以前からお付き合いしていたミュージシャンで主にコーラスなどをやっている藤田真由美さんと入籍致しました!...”. @iizuka03. 2019年12月28日閲覧。
  11. ^ “東京03・飯塚悟志が入籍報告お相手は歌手の藤田真由美「彼を全力で支える」”. ORICON STYLE (オリコン). (2014年11月11日). https://www.oricon.co.jp/news/2044427/full/ 2014年11月11日閲覧。 
  12. ^ 東京03飯塚「父親に」妻の藤田真由美が第1子出産”. 日刊スポーツ (2019年12月27日). 2019年12月27日閲覧。
  13. ^ 49歳・東京03飯塚悟志、第2子誕生を報告「ちょっと泣いたりして…」 レギュラーラジオ『こねくと』で初出し”. ORICON NEWS. オリコン (2023年5月24日). 2023年5月24日閲覧。
  14. ^ 4東京03飯塚悟志の妻・藤田真由美が第2子女児出産を報告「奇跡を噛み締めて」 妊娠中の家族4ショットも”. ORICON NEWS. オリコン (2023年5月24日). 2023年5月25日閲覧。
  15. ^ 「四街道市PR大使」6名の等身大パネルを展示”. PR TIMES (2023年3月1日). 2023年5月20日閲覧。
  16. ^ 【公式】火曜ドラマ「この恋あたためますか」 [@koiata_tbs] (2020年12月1日). "#飯塚悟志 #利重剛 #ついに出会ってしまった #運命は2人を離さない". X(旧Twitter)より2020年12月3日閲覧
  17. ^ “そっくりかも→似てると確信 「恋あた」でついに出会った2人”. J-CAST ニュース (ジェイ・キャスト). (2020年12月2日). https://www.j-cast.com/2020/12/02400154.html?p=all 2020年12月3日閲覧。 
  18. ^ (日本語) 芸人 吉住はラジオスターになれるのか! 編集ナシの15分1本勝負トークガチャチャレンジ, https://www.youtube.com/watch?v=tX-VPUstX3M 2021年8月4日閲覧。 
  19. ^ 他にも当時の飯塚に対しては「服がダサい」「髪型がダサい」「ヒモ」などといったマイナスな印象しか無く、「ネタ以外のことにまるで興味がないから服も髪型もダサい人間だった」と振り返っている。
  20. ^ オークラ著「自意識とコメディの日々」P.141 - 145
  21. ^ 担任紹介|青春高校3年C組”. テレビ東京. 2019年10月11日閲覧。
  22. ^ バカリズムは「根性の人」“30年来の友人”東京03飯塚悟志が世間の評価に感慨”. ORICON NEWS] (2023年11月1日). 2024年2月4日閲覧。
  23. ^ “仲野太賀&石橋静河:「この恋あたためますか」出演 森七菜&中村倫也と四角関係に?”. MANTANWEB (MANTAN). (2020年9月16日). https://mantan-web.jp/article/20200915dog00m200074000c.html 2020年9月16日閲覧。 
  24. ^ “東京03飯塚悟志、教師役で『この初恋はフィクションです』出演「本当に学校の先生になった気分(笑)」”. マイナビニュース. (2021年9月18日). https://news.mynavi.jp/article/20210918-1975954/ 2021年9月18日閲覧。 
  25. ^ ドラマ「妻、小学生になる。」主人公の年下上司役に森田望智、東京03飯塚らも出演”. コミックナタリー. Natasha, Inc. (2021年12月9日). 2021年12月9日閲覧。
  26. ^ 東京03飯塚悟志がドラマ初主演、“男らしさ”の呪縛を描く会話劇「高速を降りたら」放送”. 映画ナタリー. ナターシャ (2024年2月12日). 2024年2月12日閲覧。
  27. ^ “内村主演「ボク妻」舞台化決定、飯塚、与座も出演”. お笑いナタリー (株式会社ナターシャ). (2013年11月22日). https://natalie.mu/owarai/news/104097 2016年10月19日閲覧。 
  28. ^ “東京03飯塚が映画「アニバーサリー」でスーパーの店長役、声を張り上げ熱演”. お笑いナタリー (株式会社ナターシャ). (2016年10月19日). https://natalie.mu/owarai/news/205890 2016年10月19日閲覧。 
  29. ^ 加藤清史郎、英国留学から帰国後初CM 東京03・飯塚悟志と受験生を応援”. ORICON NEWS (2020年11月19日). 2020年11月19日閲覧。
  30. ^ 東京03飯塚がCMで松たか子と夫婦役、目の奥が笑っていないことを指摘される”. お笑いナタリー (2021年3月12日). 2021年3月12日閲覧。
  31. ^ 三井住友カード、新サービス「家族ポイント」TVCM”. プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES. 2021年12月22日閲覧。

関連項目 編集

外部リンク 編集