メインメニューを開く

飯塚 朗(いいづか あきら、1907年9月2日 - 1989年2月23日)は、日本の中国文学者、作家北海道大学名誉教授。中央大学教授の飯塚容は息子。

横浜生まれ。第一高等学校卒、1936年東京帝国大学文学部支那哲学文学科卒。在学中、同人誌『東大派』を刊行、中国文学研究会竹内好武田泰淳松枝茂夫らを知る。1937年、高見順武田麟太郎らの『日暦』同人となる。1938年北京に渡り、中華民国新民会調査部に勤務。1943年華北映画公司に勤務。憲兵隊に逮捕され拘留、帰国、1944年応召、中国戦線に出る。1945年敗戦、蘇州で捕虜生活。1946年復員、1947年東宝演劇部嘱託。1951年北海道大学文学部助教授、教授、1971年定年退官、名誉教授、関西大学教授、1978年定年退職。

著書編集

  • 『北の旋律 第1部』 現文社、1967
  • 『北の旋律抄』 ぷやら新書、1968
  • 『中国故事』 角川選書、1974/角川ソフィア文庫、2014
  • 『黄琉璃の破片 中国文学への一軌跡』 咿唖之会、1981
  • 『故事遍歴 中国成語集』 時事通信社、1982
  • 『私版・紅楼夢』 沖積舎、1982
  • 『中国四千年の女たち』 時事通信社、1983
  • 『胡同の雪』 響文社、1985
  • 『たった一人の突堤』 沖積舎、1985
  • 『中国歴代人物綺談』 時事通信社、1986

翻訳編集

  • 蘇曼殊『断鴻零雁記 他二篇』 改造文庫、1938
  • 謝冰心『繁星 詩集』 伊藤書店、1939
  • 張恨水『啼笑因縁』 生活社、1943
  • 馮夢竜編『情史 中国千夜一夜物語』 新流社、1946
  • 巴金『家』 鎌倉文庫、1948 世界文学選/岩波文庫(上下)1976
  • 巴金『滅亡』 雲井書店、1951
  • 駱賓基『北望園の春 他五篇 小説』小野忍共訳、岩波新書、1955
  • 『中国古典文学全集 第20巻 剪灯新話・剪灯余話・閲微草堂筆記・子不語 他』今村与志雄共訳、平凡社、1958
  • 老舎『世界名作全集 第33巻 駱駝のシャンヅ』平凡社、1960 のち角川文庫
  • 曲波『林海雪原-樹海と雪の原野に』『中国現代文学選集 第10-11』、平凡社、1962
  • 瞿佑剪灯新話平凡社東洋文庫、1965
  • 劉鶚中国古典文学大系 51 老残遊記・続集』岡崎俊夫共訳、平凡社、1969
  • 『断鴻零雁記 蘇曼殊-人と作品』平凡社東洋文庫、1972
  • 『中国怪奇全集1 神仙の巻』編訳、角川書店、1974
  • 阿英『晩清小説史』中野美代子共訳、平凡社東洋文庫、1979
  • 曹雪芹高鶚紅楼夢』 〈世界文学全集11・12・13〉集英社、1980

参考編集

  • 『たった一人の突堤』 附載年譜
  • 『日本近代文学大事典』 講談社、1984
  • 『人物物故大年表』 日外アソシエーツ