飯塚祐紀

日本の将棋棋士

飯塚 祐紀(いいづか ひろき、1969年4月2日 - )は将棋棋士棋士番号は203。東京都北区出身[1]松下力九段門下。

 飯塚祐紀 七段
名前 飯塚祐紀
生年月日 (1969-04-02) 1969年4月2日(54歳)
プロ入り年月日 1992年4月1日(22歳)
棋士番号 203
出身地 東京都
所属 日本将棋連盟(関東)
師匠 松下力九段
弟子 頼本奈菜
段位 七段
棋士DB 飯塚祐紀
2013年9月3日現在
テンプレートを表示

棋歴編集

将棋との出会いは「男の子の遊びの一つとして覚え、夏祭りの縁台将棋から入った。そうして将棋になじんだ最後の世代かもしれない」と振り返っている[1]

小学4年生から千駄ヶ谷の将棋教室に通い[1]、3年半後(中学1年生)で奨励会入会[2]。入会は1982年12月で、羽生善治森内俊之郷田真隆らと同期。学年は3人より一つ上で、佐藤康光と同じ。

1級から初段に上がるのに苦労し[3]、四段に昇段したのは1992年、22歳の時であった。プロ入りの同期は真田圭一

プロ入り後編集

1994年度、第35期王位戦でリーグ入り。白組で3勝2敗と勝ち越すが、当期4勝を挙げた高橋道雄と佐藤康光に敗れた事が響き、リーグ残留ならず(もし両名のどちらかに1勝していたら残留は確定していた)。

1995年度、第8期竜王戦の6組ランキング戦で準優勝し、5組へ昇級。そして翌年度では5組ランキング戦で優勝。4組へ昇級すると同時に、本戦でも2連勝してベスト8まで進出した(挑戦者となる谷川浩司に敗戦)。

1997年度、第23期棋王戦でベスト4。敗者復活戦に回ったが郷田真隆に敗れ、挑戦者決定二番勝負進出はならなかった。同棋戦では、第27期(2001年度)でも青野照市島朗らを破ってベスト8。さらに、第28期(2002年度)でも三浦弘行に勝ちベスト8。

2000年度、第13期竜王戦の4組ランキング戦で準優勝し、3組へ昇級(しかし翌年度に3連敗を喫し、即4組へ出戻りになった)。また、第59期順位戦のC級2組で8勝2敗の成績で2位となり、順位戦初の昇級を決めた。

2004年度、第76期棋聖戦で一次予選から勝ち進み、挑戦者決定トーナメントに初進出した(当期挑戦を果たす羽生善治に1回戦で敗退)。第63期順位戦ではC級1組で8勝2敗の成績で1位になり、B級2組への昇級を果たす。

2008年度、第56期王座戦の二次予選を突破し、本戦に初進出するが、当期挑戦者となる木村一基に1回戦で敗れる。

2010年度、第23期竜王戦にて4組の昇級者決定戦を制し、3組へ復帰(しかし翌々年度で2連敗し、再度4組へ降級)。

2011年度は、第70期順位戦B級2組において、出だし2連敗から8連勝して2位となり、B級1組昇級を決める。

2012年度は第71期順位戦B級1組で苦戦し、4勝8敗の成績で終わるも、井上慶太中田宏樹がそれぞれ3勝9敗で終わったことで、1位~13位中の11位で残留を決める。

2013年度も第72期順位戦B級1組で再び苦戦し、またしても4勝8敗に終わる。しかし、鈴木大介と高橋道雄が2勝と1勝のみだったため、再度11位で残留した。

前述通り、2期連続でB級1組にギリギリの残留を決めていたが、2014年度の第73期順位戦では11連敗後の1勝のみに終わり、最下位(13位)での陥落となった。

2017年度は第76期順位戦B級2組で苦戦。3勝7敗の22位で終わり、1回目の降級点が付いてしまった。逆に第30期竜王戦では昇級者決定戦を突破して、3組への復帰を決めた(しかし翌々年度で2連敗し、三度4組へ降級)。

2018年度は第77期順位戦で一転して好調になり、7勝3敗と勝ち越して降級点の抹消に成功した。しかし、2020年度の第79期順位戦は2勝8敗、翌年度の第80期順位戦では3勝7敗と不振に陥った結果、2期連続で降級点が付いてしまい、第63期以来となるC級1組への陥落が決まった。

棋風編集

居飛車党であり、対振り飛車戦で棒銀戦法を使う数少ない棋士の一人である。

人物編集

  • 弟子の頼本奈菜が2017年2月に女流棋士となる。棋士となった弟子はまだいないが、2021年8月現在、奨励会に弟子が9人いる。
  • 子供達への普及活動にも熱心で日本将棋連盟「子供将棋スクール」で長年講師を担当。「多面指しの達人」として棋士の間で定評がある[4]。現在は小中学生を対象とした江古田将棋教室・石神井将棋教室を主宰[5][6][7]

昇段履歴編集

昇段規定は、将棋の段級 を参照。

  • 1982年 6級 = 奨励会入会
  • 1988年 初段
  • 1992年4月1日 四段 = プロ入り
  • 1996年8月5日 五段(勝数規定)
  • 2001年8月13日 六段(勝数規定)
  • 2009年10月27日 七段(勝数規定)

主な成績編集

在籍クラス編集

順位戦・竜王戦の在籍クラスの年別一覧
開始
年度
順位戦 竜王戦
名人 A級 B級 C級 F 竜王 1組 2組 3組 4組 5組 6組
1組 2組 1組 2組
1992 51 C255 6 6組
1993 52 C242 7 6組
1994 53 C233 8 6組
1995 54 C232 9 5組
1996 55 C217 10 4組
1997 56 C214 11 4組
1998 57 C203 12 4組
1999 58 C206 13 4組
2000 59 C204 14 3組
2001 60 C124 15 4組
2002 61 C123 16 4組
2003 62 C120 17 4組
2004 63 C105 18 4組
2005 64 B219 19 4組
2006 65 B210 20 4組
2007 66 B209 21 4組
2008 67 B212 22 4組
2009 68 B214 23 4組
2010 69 B209 24 3組
2011 70 B216 25 3組
2012 71 B113 26 4組
2013 72 B111 27 4組
2014 73 B111 28 4組
2015 74 B202 29 4組
2016 75 B209 30 4組
2017 76 B217 31 4組
2018 77 B223 32 4組
2019 78 B208 33 4組
2020 79 B212 34 4組
2021 80 B225 35 4組
2022 81 C101 36 4組
2023 82 C116 37 (開始前)
順位戦、竜王戦の 枠表記 は挑戦者。順位戦の X(数字) はクラス内順位。
順位戦の「F」はフリークラス (F編:フリークラス編入 / F宣:宣言による転出)
竜王戦の 太字 はランキング戦優勝、竜王戦の 組(添字) は棋士以外の枠での出場。

著書編集

出演編集

脚注編集

  1. ^ a b c 飯塚祐紀七段を笑顔でほめまくってくれた師匠の思い出 | NHKテキストビュー”. NHKテキストビュー | 生活に役立つNHKテキストの情報サイト. 2020年10月8日閲覧。
  2. ^ 飯塚祐紀七段、松下力九段が教えてくれた棋士としての覚悟 | NHKテキストビュー”. NHKテキストビュー | 生活に役立つNHKテキストの情報サイト. 2020年10月8日閲覧。
  3. ^ 将棋世界」2000年1月号付録
  4. ^ <棋士の横顔・飯塚祐紀七段>将棋指導の達人は名伯楽まであと一歩、三段の弟子に背中でプロ魂を見せる”. 読売新聞オンライン (2022年12月2日). 2023年4月25日閲覧。
  5. ^ 江古田将棋教室|日本将棋連盟”. www.shogi.or.jp. 2020年10月8日閲覧。
  6. ^ 石神井将棋教室|日本将棋連盟”. www.shogi.or.jp. 2020年10月8日閲覧。
  7. ^ どこを狙う? 将棋の基本を飯塚祐紀七段が手ほどき | NHKテキストビュー”. NHKテキストビュー | 生活に役立つNHKテキストの情報サイト. 2020年10月8日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集