飯塚祐紀

日本の将棋棋士

飯塚 祐紀(いいづか ひろき、1969年4月2日 - )は将棋棋士棋士番号は203。東京都北区出身[1]松下力九段門下。

 飯塚祐紀 七段
名前 飯塚祐紀
生年月日 (1969-04-02) 1969年4月2日(51歳)
プロ入り年月日 1992年4月1日(22歳)
棋士番号 203
出身地 東京都
師匠 松下力
段位 七段
戦績
2013年9月3日現在
テンプレートを表示

戦績編集

小学4年生から千駄ヶ谷の将棋教室に通い[1]、3年半後(中学1年生)で奨励会入会[2]。入会は1982年12月で、羽生善治森内俊之郷田真隆らと同期。学年は3人より一つ上で、佐藤康光と同じ。

1級から初段に上がるのに苦労し[3]、四段に昇段したのは1992年、22歳の時であった。プロ入りの同期は真田圭一

第35期(1994年度)王位戦でリーグ入り。

第23期(1997年度)棋王戦でベスト4。敗者復活戦に回ったが郷田真隆に敗れ、挑戦者決定二番勝負進出はならなかった。同棋戦では、第27期(2001年度)でも青野照市島朗らを破ってベスト8。さらに、第28期(2002年度)でも三浦弘行に勝ちベスト8。

第70期(2011年度)順位戦B級2組において、出だし2連敗から8連勝して2位となり、B級1組昇級を決める。

棋風編集

居飛車党であり、対振り飛車戦で棒銀戦法を使う数少ない棋士の一人である。

人物編集

  • 弟子の頼本奈菜が2017年2月に女流棋士となる。棋士となった弟子はまだいないが、2017年2月現在、奨励会に弟子が4人いる。
  • 子供達への普及活動にも熱心で日本将棋連盟「子供将棋スクール」で長年講師を担当。現在は小中学生を対象とした江古田将棋教室・石神井将棋教室を主宰。[4][5][6]

昇段履歴編集

昇段規定は、将棋の段級 を参照。

  • 1982年 6級 = 奨励会入会
  • 1988年 初段
  • 1992年4月1日 四段 = プロ入り
  • 1996年8月5日 五段(勝数規定)
  • 2001年8月13日 六段(勝数規定)
  • 2009年10月27日 七段(勝数規定)

主な成績編集

在籍クラス編集

竜王戦と順位戦のクラスは、将棋棋士の在籍クラス を参照。

著書編集

出演編集

脚注編集

  1. ^ a b 飯塚祐紀七段を笑顔でほめまくってくれた師匠の思い出 | NHKテキストビュー” (日本語). NHKテキストビュー | 生活に役立つNHKテキストの情報サイト. 2020年10月8日閲覧。
  2. ^ 飯塚祐紀七段、松下力九段が教えてくれた棋士としての覚悟 | NHKテキストビュー” (日本語). NHKテキストビュー | 生活に役立つNHKテキストの情報サイト. 2020年10月8日閲覧。
  3. ^ 将棋世界」2000年1月号付録
  4. ^ 江古田将棋教室|日本将棋連盟” (日本語). www.shogi.or.jp. 2020年10月8日閲覧。
  5. ^ 石神井将棋教室|日本将棋連盟” (日本語). www.shogi.or.jp. 2020年10月8日閲覧。
  6. ^ どこを狙う? 将棋の基本を飯塚祐紀七段が手ほどき | NHKテキストビュー” (日本語). NHKテキストビュー | 生活に役立つNHKテキストの情報サイト. 2020年10月8日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集