メインメニューを開く

飯島 武次(いいじま たけつぐ、1943年11月21日 - )は、日本考古学者、博士。駒澤大学名誉教授。日本中国考古学会会長北京大学考古文博学院客員教授東洋文庫研究員など歴任[1]

来歴編集

東京都生まれ。1966年駒澤大学文学部地理歴史学科卒業。東京大学大学院人文科学研究科修士課程考古学専攻修了。1972年博士課程考古学専攻単位取得満期退学、東京大学文学部助手1976年財団法人古代学協会研究員、北川桃雄賞を受賞。1980年駒澤大学文学部考古学科専任講師1982年助教授。1986年5月から1987年4月まで北京大学考古系研究員。

1987年「夏殷文化の考古学研究」で東大文学博士[2]1988年教授に就任[3]1998年から2007年まで日本中国考古学会会長、1999年より公益財団法人東洋文庫研究員、2009年4月から2010年3月まで北京大学考古文博学院客員教授を歴任。2014年駒澤大を定年退任、名誉教授[4]

著書に『中国考古学のてびき』『中国夏王朝考古学研究』『中国考古学概論』など[5]

受賞編集

著書編集

  • 『夏殷文化の考古学研究』山川出版社 1985
  • 『中国新石器文化研究』山川出版社 1991
  • 『中国周文化考古学研究』同成社 1998
  • 『中国考古学概論』同成社 2003
  • 『中国夏王朝考古学研究』同成社 2012
  • 『中国考古学のてびき』同成社、2015

編・監修編集

国立国会図書館サーチ」を参照

論文編集

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ researchmap.jp. “研究者情報”. 2019年10月25日閲覧。
  2. ^ 国立国会図書館. “博士論文『夏殷文化の考古学研究』”. 2019年10月25日閲覧。
  3. ^ 『現代日本人名録』
  4. ^ 駒澤大学考古学専攻. “考古学研究室とは”. 2019年10月25日閲覧。
  5. ^ 紀伊國屋書店. “著書”. 2019年10月25日閲覧。

 

外部リンク編集