飯島 耕一(いいじま こういち、1930年2月25日 - 2013年10月14日)は、日本の詩人、小説家、日本芸術院会員、元明治大学法学部教授。長男は建築評論家の飯島洋一

略歴編集

岡山市生まれ。旧制第六高等学校時代、シュペルヴィエルに傾倒。1946年、初めて買った詩集は村上菊一郎訳の『惡の華』だった。翌1947年12月に初めて日本の詩人の書いた詩集、朔太郎の『青猫』を買った。1948年10月、創元選書の大岡昇平編『中原中也詩集』を買ったが、ここにはソネットや、四行四連の「定型詩」が多かった。

1949年に東京大学文学部仏文学科入学、1952年同大学を卒業[1]。在学中、栗田勇らと『カイエ』を創刊する一方、1950 - 51年と鈴木信太郎の講義に出て、ヴィヨンの『大遺言詩』、マラルメのソネット、ヴァレリーの『若きパルク』の演習を受ける。1953年、第一詩集『他人の空』を刊行する[1]。1955年、大岡信らとシュルレアリスム研究会を作り[1]、極端な反・定型詩であるトリスタン・ツァラフーゴ・バルのダダの詩を知った。詩誌『鰐』、『櫂』などに参加。

1956年國學院大學講師、1969年同大学教授、1973年~2000年明治大学法学部フランス語教授を務めた。この間、翻訳、評論、小説も手がけ、1980年頃からシュールレアリスムを離れ、近世の俳諧、江戸文芸などに関心を持ち始めた。

1974年、『ゴヤのファースト・ネームは』で高見順賞[1]、1978年、『飯島耕一詩集』で藤村記念歴程賞、1983年、『夜を夢想する小太陽の独言』で現代詩人賞[1]、1996年、小説『暗殺百美人』でBunkamuraドゥマゴ文学賞(選考委員・中村真一郎[1]、2005年、『アメリカ』で読売文学賞詩歌文学館賞を受賞[1]。2008年芸術院会員。

2013年10月14日、吸収不良症候群のため死去[2]。83歳没。

人物編集

  • 安東次男の詩集『からんどりえ』(1960年)をめぐって、篠田一士と小論争をした。振り返って、金子兜太との往復書簡で「篠田氏が季感などを重視したのに対して、当時のわたしは言わば反俳句、反日本の風土性、反季感派でした。それが萩原朔太郎論を書きはじめた、いまから十五、六年ほど前から、短歌、俳句にも少しずつ近づいたのでした」と書いている。[3]
  • 田村隆一とふたりで北軽井沢の牧場に行ったことがある。赤牛に追いかけられて、われさきにと一目散に逃げ出した。タムラさんの足があんなに早いとは知らなかったナ、と後日うらめしげに述懐している[4]

著書編集

  • 『他人の空』書肆ユリイカ 1953
  • 『わが母音』ユリイカ 1955
  • 『悪魔祓いの芸術論 日本の詩・フランスの詩』弘文堂 1959
  • 『飯島耕一詩集』ユリイカ:今日の詩人双書 1960
  • 『シュルレアリスム詩論』思潮社 1961
  • 『日本のシュールレアリスム』思潮社 1963
  • アポリネール美術出版社 1966
  • 『詩集 夜あけ一時間前の五つの詩・他』昭森社 1967
  • 『日は過ぎ去って』思潮社 1967
  • 『飯島耕一詩集』思潮社(現代詩文庫)1968
  • 『詩について』思潮社 1968
  • 『シュルレアリスムの彼方へ 昭和五年生れの一詩人の胸のうち』イザラ書房 1970
  • 『私有制にかんするエスキス 付・ランボー論』思潮社 1970
  • 『干拓地の思念』青地社 1971
  • 『空想と探索』青地社 1972
  • 『ゴヤのファースト・ネームは』青土社 1974
  • 萩原朔太郎角川書店 1975
  • ランボー以後』小沢書店 1975
  • 『日本雑居録』北洋社 1976
  • 『バルセロナ 飯島耕一詩集』思潮社 1976
  • ウイリアム・ブレイクを憶い出す詩』書肆山田 1976
  • 『新選 飯島耕一詩集』思潮社(現代詩文庫)1977
  • 『海への時間 小説集』読売新聞社 1977
  • 『塔と蒼空』昭森社 1977
  • 『Next 詩集』河出書房 1977
  • 『飯島耕一詩集』1・2 小沢書店 1978
  • 『島の幻をめぐって』思潮社 1978
  • 北原白秋ノート』小沢書店 1978
  • 『別れた友』中央公論社 1978
  • 『田園に異神あり 西脇順三郎の詩』集英社 1979
  • 『宮古 飯島耕一詩集』青土社 1979
  • 『詩人の笑い』角川書店 1980
  • 『上野をさまよって奥羽を透視する 飯島耕一詩集』集英社 1980
  • 『シュルレアリスムよ、さらば』小沢書店 1980
  • 『飯島耕一詩集 続』思潮社(現代詩文庫)1981
  • 『港町 魂の皮膚の破れるところ』白水社 1981
  • 『夜を夢想する小太陽の独言』思潮社 1982
  • 『「青猫」「荒地」超現実 詩人たちの円環』青土社 1982
  • 永井荷風論』中央公論社 1982
  • 『冬の幻』文藝春秋 1982
  • 『女と男のいる映画』福武書店 1982
  • 『現代の詩人10 飯島耕一』中央公論社 1983
  • 『ラテン・アメリカの小太陽 飯島耕一詩集』青土社 1984
  • 『夢の過客』福武書店 1985
  • 『鳩の薄闇 日本の詩』オクタビオ・パス/写真/ みすず書房 1986
  • 『四旬節なきカルナヴァル』書肆山田 1987
  • 『俳句の国徘徊記』書肆山田 1988
  • 『虹の喜劇』思潮社 1988
  • 『虹橋』福武書店 1989
  • 『定型論争』風媒社 1991
  • 『シュルレアリスムという伝説』みすず書房 1992
  • 『現代詩が若かったころ シュルレアリスムの詩人たち』みすず書房 1994
  • 『さえずりきこう 飯島耕一定型詩集』角川書店 1994
  • バルザックを読む漱石』青土社 1996
  • 『暗殺百美人』学習研究社 1996
  • 『日本のベル・エポック』立風書房 1997
  • 『猫と桃 飯島耕一詩集』不識書院 1997
  • 『『虚栗』の時代 芭蕉其角西鶴と』みすず書房 1998
  • 『六波羅カプリチョス』書肆山田 1999
  • 飯島耕一・詩と散文』全5巻 みすず書房 2000-2001
    • 1 詩・評伝アポリネール・ダダ・シュルレアリスム・映画
    • 2 ウイリアム・ブレイクを憶い出す詩・田園に異神あり・瀧口修造へのオマージュ
    • 3 ゴヤのファースト・ネームは(詩)・バルザックを読む
    • 4 宮古・さえずりきこう(詩)・三つの短篇・永井荷風論・「詩人の小説」その他のエッセイ
    • 5 カンシャク玉と雷鳴(詩)・冬の幻・暗殺百美人
  • 『浦伝い詩型を旅する』思潮社 2001
  • 『江戸俳諧にしひがし』加藤郁乎共著 みすず書房 2002
  • 『白秋と茂吉』みすず書房 2003
  • 『アメリカ』思潮社 2004
  • 『詩の両岸をそぞろ歩きする 江戸と、フランスから』清流出版 2004
  • 『漱石の〈明〉、漱石の〈暗〉〉みすず書房 2005
  • 『白紵歌』ミッドナイト・プレス 2005
  • 『ヨコハマヨコスカ幕末パリ』春風社 2005

共著編集

翻訳編集

参考編集

  • 飯島耕一「わが「定型詩」の弁」(「現代詩手帖」1990年4月号)

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g 飯島耕一” (日本語). みすず書房. 2022年5月5日閲覧。
  2. ^ 飯島耕一氏が死去 詩人 日本経済新聞 2013年10月23日
  3. ^ 読売新聞. (1988年11月21日~11月29日). 
  4. ^ 田村隆一 『詩人の旅(隠岐)』(増補新)中央公論新社〈中公文庫〉、2019年。ASIN B087QB4V6B