飯田宗孝

日本のバレエダンサー、バレエ指導者 (1957-2022)

飯田 宗孝(いいだ むねたか、1957年10月22日 - 2022年5月7日)は、日本のバレエダンサーバレエ指導者である[1]。1980年にチャイコフスキー記念東京バレエ団に入団し、主力ダンサーの1人となってクラシックからコンテンポラリーに至る幅広いレパートリーを踊った[2][3]。彼が初演者となった『ザ・カブキ』の「定九郎」は、振付家モーリス・ベジャールがそのキャラクターに触発されて創造したものであった[2][3]。バレエ・マスターとして後進の指導にも携わり、2004年から東京バレエ団の芸術監督に就任している[2][3]

経歴編集

16歳のときからショービジネスの世界に入り、クラブやホテルで舞台に出演していた[1]。クラシックバレエの道に進んだのは、23歳のときであった[1]。1980年、チャイコフスキー記念東京バレエ団に入団し、クラシックからコンテンポラリーに至る幅広いレパートリーでさまざまな役柄を踊り演じた[2]

1983年、飯田にとって決定的な転機が訪れた[1]。この年の秋、ベジャール振付の『さすらう若者の歌』(グスタフ・マーラー音楽)を溝下司朗とともに踊って好評を得た[2][3][4][5][6]。本来飯田は、この作品ではアンダースタディであった[1]。リハーサル時にベジャールは直接飯田の踊りを見て、正式なキャストに登用した[1]

1986年に初演されたベジャール振付『ザ・カブキ』(黛敏郎音楽)では、「定九郎」と「師直」を踊り演じた[2][3]。とりわけ定九郎については、ベジャールが飯田のキャラクターに触発されて創造したものであった[2][3]。その後もベジャールは飯田を重用し、飯田自身も「ベジャールの作品は表現力がないとおもしろくない。自分に合っている」とかつて発言していた[1][7]。1993年に東京バレエ団が海外公演で上演した『M』では、「シ(死)』役に剃髪して挑み、その存在感と表現力を称賛された[2][8]。1999年に東京バレエ団初演となった『くるみ割り人形』(ベジャール版)では、オリジナルのベジャール版で第1幕終わりの雪のシーンで登場した「アコーディオン弾き」の代わりに、降りつのる雪の中をに乗って登場し、さまざまなマジックを披露する「マジック・キューピー」役を演じた[2][3][9][10]

その他のレパートリーでは、1984年の『プレイ・バッハ』(ヨハン・ゼバスティアン・バッハ/ジャック・ルーシェ音楽、クロード・ベッシー英語版振付)で主役に抜擢され、ベッシー自身から称賛を受けた[2][11]。1994年にイリ・キリアン振付で東京バレエ団が世界初演した『パーフェクト・コンセプション』(ヨハン・ゼバスティアン・バッハ、ジョン・ケージ、レスリー・スタック音楽)では、キリアンとのコラボレーションを通じて作品の表現に深みと繊細さを現出させた[2][12]。他にも『白鳥の湖』の道化、『眠れる森の美女』の猫、『タムタム』(フェリックス・ブラスカ振付)のソロなどで個性を発揮し、『ラ・シルフィード』(ピエール・ラコット版)の魔女マッジや『ドン・キホーテ』のサンチョ・パンサのようなキャラクテール的な役柄でも活躍した[2][3]

東京バレエ団では、バレエ・マスターとして後進の指導にも携わった[2][3]。2004年秋に前任の溝下の仕事を引き継ぎ、東京バレエ団の芸術監督に就任した[2][3]。2007年11月のベジャールの死去時には、日本から佐々木忠次(東京バレエ団及び日本舞台芸術振興会創設者)とともにローザンヌへ出向き、最期の別れに立ち会っている[7]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g 『別冊ダンスマガジン バレエって、何?』88頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n 飯田宗孝 チャイコフスキー記念東京バレエ団ウェブサイト、2014年1月11日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j 『ザ・カブキ』プログラム、26頁。
  4. ^ 『三つの愛の物語』プログラム、46頁。
  5. ^ 『日本バレエ史』274-275頁。
  6. ^ さすらう若者の歌 チャイコフスキー記念東京バレエ団ウェブサイト、2014年1月11日閲覧。
  7. ^ a b 佐々木(2009)、345-347頁。
  8. ^ チャイコフスキー記念東京バレエ団ウェブサイト、2014年1月11日閲覧。
  9. ^ 佐々木(2001)、179-182頁。
  10. ^ ベジャールの「くるみ割り人形」 NBS日本舞台芸術振興会ウェブサイト、2014年1月11日閲覧。
  11. ^ プレイ・バッハ チャイコフスキー記念東京バレエ団ウェブサイト、2014年1月11日閲覧。
  12. ^ パーフェクト・コンセプション チャイコフスキー記念東京バレエ団ウェブサイト、2014年1月11日閲覧。

参考文献編集

  • 佐々木忠次 『闘うバレエ 素顔のスターとカンパニーの物語』 新書館、2001年。ISBN 4-403-23087-3
  • 佐々木忠次 『起承転々 怒っている人、集まれ! オペラ&バレエ・プロデューサーの紙つぶて156』 新書館、2009年。ISBN 978-4-403-23111-7
  • シルヴィ・ギエム プロデュース 『三つの愛の物語』プログラム、2003年。
  • ダンスマガジン編 『別冊ダンスマガジン バレエって、何?』 新書館、1993年。
  • ダンスマガジン編 『日本バレエ史 スターが語る私の歩んだ道』 新書館、2001年。ISBN 4-403-23089-X
  • 東京バレエ団公演プログラム『ザ・カブキ』 2010年。

外部リンク編集