飯田 汲事(いいだ くめじ、1909年2月21日 - 2000年7月17日)は、日本地震学者

飯田 汲事
生誕 1909年2月21日
日本の旗 日本 長野県下水内郡常盤村
死没 (2000-07-17) 2000年7月17日(91歳没)
研究分野 地震学
研究機関 名古屋大学
出身校 東京帝国大学
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

業績編集

1939年昭和14年)に石本巳四雄と共同で、「ある観測点で記録された地震動の最大振幅と出現頻度との関係についての式」(石本-飯田の式)を発表した[1]

津波研究の世界的権威として知られる。今村明恒とともに設定した津波等級は現在でも広く使われている。また、過去に起こった地震の調査を多数行った。とくに濃尾地震の研究は有名。

そのほか、公害都市計画物理探査温泉など、幅広い分野で活躍した。

主な経歴編集

また、1960]より日本地震学会委員長。1971年からは日本測地学会委員長を務める。1978年には日本地震学会の名誉会員となった。

国際的にも活躍し、1971年には国際測地学・地球物理学連合国際地震地球内部物理学部門執行委員に就任。1979年には同連合の国際津波委員会委員長に就任した。

著書編集

主要論文編集

共著
  • 岸上冬彦、昭和14年5月1日男鹿地震の津浪 『地震 第1輯』 11巻 8号 1939年 p.365-371, doi:10.14834/zisin1929.11.365
  • 志知竜一, 松浦宏、犬山における地殻変動の連続観測 『測地学会誌』 14巻 1969年 4号 p.144-155, doi:10.11366/sokuchi1954.14.144
  • 坂部和夫、三河地震における深溝断層の延長部について 『地震 第2輯』 25巻 1号 1972年 p.44-55, doi:10.4294/zisin1948.25.1_44
  • 多田堯、微小および極微小地震のマグニチュードと卓越周期との関係について 『地震 第2輯』 25巻 4号 1972年 p.295-301, doi:10.4294/zisin1948.25.4_295
  • 正木和明, 楓重彦, 飯田汲事、1978年伊豆大島近海地震の被害と震度について 『愛知工業大学研究報告』 14号,1979年3月31日, hdl:11133/485
  • 谷口仁士:常時微動の測定結果より求めた地盤内のひずみ分布 『愛知工業大学研究報告』 15号,1980年3月31日, hdl:11133/560
  • 谷口仁士、人工造成地盤における地震時被害予測 『地震工学研究発表会講演概要』 17巻 1983年 p.359-362, doi:10.2208/proee1957.17.359
  • 正木和明、坪井利弘:名古屋地盤メッシュ別S波増幅度分布 『地震 第2輯』 34巻 1号 1981年 p.135-144, doi:10.4294/zisin1948.34.1_135

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 山下文男[報告]〔略年表〕「15年戦争」と日本地震学辛酸の軌跡 (PDF) 」 『歴史地震研究会』第24号、2009年、 193-199頁。

参考編集

関連項目編集

外部リンク編集