メインメニューを開く
燈籠山と花火:燈籠山人形が飾られている巨大な山車(燈籠山)が見所
飯田町燈籠山祭り
飯田町燈籠山祭り

飯田町燈籠山祭り(いいだまちとろやままつり)は、石川県珠洲市飯田町で毎年7月20日21日に行われる山車(やま)祭り。同町に鎮座する春日神社の神事で、神社における本来の名称は「おすずみ祭り」である。

祭りの概要と燈籠山の歴史編集

当祭りは飯田町に鎮座する春日神社の神事で、寛永年間(1624-1645年)の初期より370年余りの歴史がある。また、珠洲市指定無形民俗文化財となっている[1]

1997年(平成9年)12月4日に能登一円のキリコ祭りが、国の「記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財」に選択されているが[2]、その中の1つである。また2015年(平成27年)4月24日には、「灯り舞う半島 能登 〜熱狂のキリコ祭り〜」の中の1つとして日本遺産に認定された[3]

燈籠山人形のルーツについては青森県立ちねぶた、様々な祭り文化の混用、あるいはオリジナルから発展した(飯田型)とするものまで諸説あるが、文化11年(1814年)に町の住人たちの働きかけにより高さ7-8間(約14-15m)もある人形山車が最初に作られたとされている[4]

往時は全町内で7基、高さ10-12尺(約3-4m)の燈籠山があった。しかし、大正に入ると電線の架設により燈籠山の曳き廻しができなくなり、山車などに竹細工の人形のみが飾られるようになった。さらに昭和初期には祭りのメインが子供たちの手踊りに移り変わり、燈籠山は影を潜めることとなった。その後、暫くは記念行事や大祭のみで燈籠山が作られていたが、昭和末頃には当祭りでも作られるようになり、平成に入る頃には8基の町内山車と2年に1度制作される高さ約16メートル・重さ約5トンを誇る燈籠山(1基)が毎年曳き廻されるようになった。なお、当祭りでは曳山を山車と書いて「やま」と呼称している[4]

近年では祭りを本来の形に戻そうとする取り組みがあり、2011年平成23年)度には2基目、2012年(平成24年)度には3基目となる燈籠山を制作した。最終的には8基ある山車(やま)を燈籠山(とろやま)に戻し、往時の祭りを復活させることを目的に町会などが一丸となって取り組んでいる。

主な日程編集

祭りは7月20日からの二日間だが、前日の19日には前夜祭・宵山運行が行われており、20日の夜には花火大会も開催している。また、最終日の21日は深夜まで行われ、解散式典はほぼ翌朝(22日)となっている。

  • 7月19日 - 前夜祭・宵山・町内周り(夕刻)
  • 7月20日 - おすずみ祭(合同運行)
    • 町内周り(午前中)
    • 春日神社集合(午後2時頃)
    • 吾妻橋集合・燈籠山運行・花火大会(午後8時頃)
  • 7月21日 - 付祭(合同運行)
    • 各町会山車集合(正午頃)
    • 氏子8ヶ町を終日合同運行
    • 解散式(深夜)
    ※近年、最終日21日の燈籠山運行は行われていない。(平成30年度は運行予定である。)

燈籠山および参加町会編集

飯田町燈籠山祭り保存会及び飯田町祭礼委員会(飯田町全町会により保有)の燈籠山(1基)の他、各町会の山車8基が祭りに参加する。近年では各町会の山車で、燈籠山人形を復活させる動きがある。

町会名
  • 吾妻町
  • 今町
  • 鍛治町
  • 栄町
  • 西大町
  • 港町
  • 南町 - 2012年より燈籠山人形を復活(燈籠山での運行は20日のみ)
  • 南濱町 - 2011年より燈籠山人形を復活(燈籠山での運行は20日のみ)
  • 飯田町燈籠山祭り保存会及び飯田町祭礼委員会 - 1983年より燈籠山人形を復活(燈籠山での運行は20日のみ)

祭りに関する取り組み編集

  • 2008年(平成20年)より、20日に飾られる吾妻橋での燈籠山見所スポットを更に彩るため、有志によりワンカップを使用した灯りが灯されている。2011年(平成23年)は台風の影響により灯りは中止。
  • 2010年(平成22年)には初めて燈籠山祭りカレンダーを作成。また、同年5月より、当祭りの公式webサイトを立ち上げる。さらに、2011年(平成23年)には公式パンフレットを作成し、燈籠山祭りの広報に努めている。
  • 2012年(平成24年)の飯田町燈籠山祭りから、電線の地中化により燈籠山が飯田町を一周できるようになった。
  • 飯田町の写真コンテストを企画広報部会により開催。県外からの応募も多く、観光できた方にも祭りを一緒に楽しんでもらおうという燈籠山祭りとしては新しい継続的な取り組みとなっている。
  • 祭り時の清掃活動は町民全員で取り組んでおり、町内での祭りの朝や夜にもゴミ処理に追われる姿も目に付く。

文化財指定編集

参加について編集

  • 曳手参加者を募集している町会もある。
  • 20日のみ運行される燈籠山は誰でも曳き手参加可能(申込等一切不要)。飯田町祭礼委員会では、20日のみ、法被の貸し出し(予約・申込必要)も行っている。なお、飯田町祭礼委員会の窓口は飯田わくわく広場となっている。

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集