メインメニューを開く

飯田 祥二郎(いいだ しょうじろう、1888年明治21年)8月8日[1][2] - 1980年昭和55年)1月23日[1][2])は、日本陸軍軍人。最終階級は陸軍中将

飯田 祥二郎
Iida Shojiro.jpg
飯田 祥二郎
生誕 1888年8月8日
日本の旗 日本 山口県
死没 (1980-01-23) 1980年1月23日(91歳没)
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1908 - 1945
最終階級 陸軍中将
テンプレートを表示

経歴編集

山口県出身[1]飯田俊助陸軍中将男爵の二男として生れる[1]熊本陸軍地方幼年学校中央幼年学校を経て、1908年(明治41年)5月、陸軍士官学校(20期)を卒業、同年12月、歩兵少尉に任官し歩兵第42連隊付となる[1][2][3]1915年(大正4年)12月、陸軍大学校(27期)を卒業した[1][2][4]

臨時軍事調査委員、陸軍省軍務局課員(軍事課)、欧州出張、陸軍歩兵学校教官、歩兵第44連隊大隊長、歩兵学校教官、第4師団参謀、歩兵学校教官、近衛歩兵第4連隊長、第4師団参謀長を経て、1937年(昭和12年)3月、陸軍少将に進級[1][4]

兵務局長、第1軍参謀長、台湾混成旅団長などを歴任し、1939年(昭和14年)8月、陸軍中将に昇進[1][2][4]近衛師団長、第25軍司令官を経て、太平洋戦争初期には第15軍司令官となり、ビルマ攻略を指揮した[1][2][4]。また、その前にタイ王国への平和進駐という任務を成功させた[2](ごく少数のタイ軍人は抵抗した。詳しくは、日泰攻守同盟条約を参照)。ビルマ攻略後、バー・モウを釈放し、彼との協調を通じてビルマ独立への下地を築いた[要出典]

防衛総司令部付、中部軍司令官を経て、1944年(昭和19年)12月、予備役となるが、戦争末期に召集を受け、1945年(昭和20年)7月、関東軍隷下の第30軍司令官となり、ソ連軍と交戦、捕虜となる[1][4]。終戦後5年間シベリア抑留となり、1950年(昭和25年)4月に復員した[1][2][4]

栄典編集

位階
勲章

親族編集

著書編集

  • 『戦陣夜話』非売品、1967年。

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n 『日本陸海軍総合事典』第2版、14-15頁。
  2. ^ a b c d e f g h 『日本陸軍将官辞典』46-47頁。
  3. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』251、254頁。
  4. ^ a b c d e f 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』254頁。
  5. ^ 『官報』第7701号「叙任及辞令」1909年3月2日。
  6. ^ 『官報』第8608号「叙任及辞令」1912年3月2日。
  7. ^ 『官報』第1389号「叙任及辞令」1917年3月22日。
  8. ^ 『官報』第2913号「叙任及辞令」1922年4月21日。
  9. ^ 『官報』第151号「叙任及辞令」1927年7月1日。
  10. ^ 『官報』第3101号「叙任及辞令」1937年5月8日。
  11. ^ 『官報』第3682号「叙任及辞令」1939年4月17日。
  12. ^ 『官報』第4688号「叙任及辞令」1942年8月25日。

参考文献編集

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。