メインメニューを開く

飯田 経夫(いいだ つねお、1932年9月27日 - 2003年8月4日)は、日本経済学者名古屋大学名誉教授。 

飯田経夫
生誕 1932年9月27日
死没 (2003-08-04) 2003年8月4日(70歳没)
研究分野 理論経済学
受賞 第47回中日文化賞[1]
テンプレートを表示

目次

来歴・人物編集

大阪府出身。愛知県立津島高等学校を経て、名古屋大学経済学部卒業。塩野谷九十九ゼミナールに所属し、塩野谷ゼミの同級生には十六銀行頭取、代表取締役会長を務めた清水義之、後輩には水谷研治がいる。1963年から2年間、イギリスへ留学。名古屋大学、国際日本文化研究センター中部大学各教授を歴任。専攻は理論経済学。独自の視点から見た日本経済論や経済思想史の著作が数多く、論壇で活躍した。1980年、「高い自己調整能力を持つ日本経済」で第1回石橋湛山賞受賞。1998年紫綬褒章受章。後年には十六銀行社外監査役も務めた。

1963年9月 名古屋大学より経済学博士。論文は「経済成長と二重構造」[2]

著書編集

  • 『経済成長と二重構造』東洋経済新報社 1962 (金融問題研究会モノグラフ)
  • 『経済成長モデルと経済発展 方法論的反省の試み』アジア経済研究所 1971 (アジアを見る目)
  • 『日本経済の体質と構造』日本経済新聞社 1972
  • 『援助する国される国』日本経済新聞社 1974 (日経新書) 「鏡のなかの「豊かさ」」ちくま文庫 解説:竹内宏
  • 『日本的力強さの再発見 日本経済論の"常識"を正す』日本経済新聞社 1979.4
  • 『私の経済学批判』(東洋経済新報社・選書)1979 「経済学は役に立つか」ちくま文庫 解説:井尻千男
  • 『「豊かさ」とは何か-現代社会の視点』(講談社現代新書)1980 
  • 『日本的活力社会の構図』 日本経済新聞社 1981.5
  • 『「ゆとり」とは何か-成熟社会の生きる』(講談社現代新書)1982 
  • 『「豊かさ」のあとに-幸せとは何か』(講談社現代新書)1984
  • 『成熟社会の行方』(筑摩書房)1985 
  • 『日本経済はどこへ行くのか-危うい豊かさと繁栄の中で-』(PHP研究所)1986 のち文庫
  • 『日本経済ここに極まれり』(講談社現代新書)1990 
  • 『半径1メートルから見た日本経済 「時の勢い」か?「新しい繁栄」の始まりか? 』PHP研究所 1990
  • 『経済学誕生』(筑摩書房)1991 のち学芸文庫  
  • 『日本経済の目標 「豊かさ」の先に生まれるものは 』PHP研究所 1993.3
  • 『泣きごと言うな-反輿論的資本主義論』(NTT出版)1994 
  • 『アメリカの言いなりは、もうやめよ』(講談社、1995)のちPHP文庫で『「脱アメリカ」のすすめ―米国の言いなりは、もうやめよ』
  • 『日本の反省-「豊かさ」は終わったか』(PHP新書)1996
  • 『経済学の終わり-「豊かさ」のあとに来るもの-』(PHP新書、1997)
  • 『日本経済成長の結末-飯田経済学エッセンス73~98-』(PHP研究所)1998
  • 『人間にとって経済とは何か』(PHP新書)2002

共編著編集

  • 賃金と物価 所得政策を中心に 日本経済新聞社 1968 (日本経済研究センター双書)
  • 社会資本の政治経済学 斎藤精一郎共著 日本経済新聞社 1973
  • 社会資本の経済学 山田浩之共編 有斐閣選書 1976
  • 海外広報 政府と企業の緊急課題 栗坂義郎共編 有斐閣 1986.12
  • 円高歓迎論 水谷研治共著 PHP研究所 1995.8
  • 金融敗戦を超えて 水野隆徳共著 東洋経済新報社 1998.10

関連人物編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 中日文化賞:第41回-第50回受賞者”. 中日新聞. 2009年10月24日閲覧。
  2. ^ 博士論文書誌データベース