メインメニューを開く

飯田 義武(いいだ よしたけ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将毛利氏の家臣で、毛利水軍の将の一人。通称は七郎右衛門。受領名越中

 
飯田義武
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 不詳
死没 天正20年7月7日1592年8月14日
別名 通称:弥七郎、七郎右衛門
官位 越中守
主君 毛利元就輝元
氏族 清和源氏頼信飯田氏
父母 父:飯田藤左衛門
元著
テンプレートを表示

出自編集

安芸国飯田氏は、相模国飯田荘を領した源頼信の子孫・飯田信基を祖とし、毛利譜代家臣・飯田元親とは別系とされる。なお、義武の父・藤左衛門以前の系譜については不明。

生涯編集

飯田藤左衛門の子として生まれる。

天文10年(1541年)、主君毛利元就安芸武田氏を滅亡に追い込み、大内義隆より佐東川下流域を加増された。吉田の山奥から瀬戸内海へ通じる領土を得た元就は、水軍の重要性を認め、児玉就方と義武に川内警固衆を統率させ、武田氏の旧臣で川内警固衆の福井元信山県就相与力として附属させた。これによって毛利水軍が成立した。

天文20年(1551年)の大寧寺の変の後に周防国大内氏を牛耳る陶晴賢との対立が先鋭化すると、義武は川内警固衆を率いて大内方の水軍と激突する。天文24年(1555年6月8日宮尾城の防備を巡視するため、元就が安芸国佐伯郡大野浦から厳島へ渡海する途上、陶晴賢麾下の桑原隆祐らの軍船3隻が元就が乗る船に迫った。これに対し、元就に従う桑原龍秋金山次郎五郎らが奮戦して防ぎ、義武は乃美宗勝らと共に元就の救援にかけつけ、桑原隆祐を討ち取った。さらに桑原隆祐の戦死により敗走した陶の軍船を追撃し、水夫や舵手に至るまでことごとく討ち取った。また同年の厳島の戦いでは元就率いる本隊を厳島の裏側の包ヶ浦に上陸させ、勝利の一翼を担った。

その後も毛利水軍の一員として出陣し、弘治2年(1556年)から始まる防長経略豊後国大友氏との戦い、天正4年(1576年)の織田氏との第一次木津川口の戦いでは石山本願寺への兵糧搬入などを担った。

天正20年(1592年7月7日に死去。嫡男の元著が後を継いだ。

参考文献編集