メインメニューを開く

飯田隆昭

日本のアメリカ文学者、翻訳家

飯田隆昭(いいだ たかあき、1936年1月15日 - 2019年5月12日)は、英文学者翻訳家三重大学大東文化大学名誉教授。

目次

人物編集

東京生まれ。早稲田大学大学院修士課程修了。三重大学助教授、教授をへて、2001年定年、名誉教授、大東文化大学教授となり、2006年定年退任、名誉教授。

米国20世紀が専門。ウィリアム・S・バロウズフィリップ・K・ディックなど、前衛的な文学及びSFの翻訳もした。山形浩生は飯田の翻訳を批判して、飯田訳作品の改訳を行っている。

2019年5月12日、肺がんのため東京都中野区の病院で死去。83歳没[1]

共編編集

翻訳編集

  • E・E・カミングス『巨大な部屋』思潮社、1963 現代の芸術双書
  • ウィンダム・ルイス『ブルジョワ・ボヘミアンたち』思潮社、1966 現代の芸術双書
  • ウイリアム・バロウズ,アレン・ギンズバーグ『麻薬書簡』諏訪優共訳 思潮社、1966 現代の芸術双書
  • ラッセル・トレイナー『ロリータ・コンプレックス』太陽社、1969 太陽選書
  • トム・ウルフ『クール・クールLSD交感テスト』太陽社、1971 太陽選書
  • フィリップ・K・ディック『死の迷宮』1979 サンリオSF文庫
  • ウイリアム・S・バロウズ『爆発した切符』1979 サンリオSF文庫
  • フィリップ・K.ディック『暗闇のスキャナー』1980 サンリオSF文庫
  • テッド・オールビュリー『大統領の心を持つ男』集英社 1980
  • フィリップ・K.ディック『戦争が終り、世界の終りが始まった』晶文社 1985
  • ディック『小さな場所で大騒ぎ』晶文社 1986
  • イアン・ワトスン『ヨナ・キット』1986 サンリオSF文庫
  • バロウズ『シティーズ・オブ・ザ・レッド・ナイト』思潮社 1988
  • バロウズ『デッド・ロード』思潮社 1990
  • バロウズ『ウエスタン・ランド』思潮社 1991
  • フランシス・キング『フローズン・ミュージック』福武書店 1991
  • バロウズ『ア・プークイズヒア』ファラオ企画 1992
  • J・G・バラード『ウォー・フィーバー 戦争熱』福武書店 1992 『第三次世界大戦秘史』福武文庫 
  • バリー・マイルス『ウィリアム・バロウズ 視えない男』ファラオ企画 1993
  • ポール・ボウルズ『雨は降るがままにせよ』思潮社 1994
  • イシュメール・リード『ループ・ガルー・キッドの逆襲』ファラオ企画 1994
  • ディック,ローレンス・スーチン編『フィリップ・K・ディックのすべて ノンフィクション集成』ジャストシステム 1997
  • スウェイン・ウルフ『叶えられた祈り』角川春樹事務所 1998
  • バーニー・ホスキンズ『ダイヤモンド・スカイのもとに サンフランシスコーヘイト・アッシュベリー 1965-1970』太陽社 2002
  • ウィリアム・カーロス・ウィリアムズ『農家の娘』太陽社 2003
  • ハンター・S・トンプソン『ヘルズ・エンジェルズ 地獄の天使たち異様で恐ろしいサガ』国書刊行会 2010
  • バートン・H. ウルフ『ザ・ヒッピー フラワー・チルドレンの反抗と挫折』国書刊行会 2012
  • 『オールド・ドクター :ウィリアム・カーロス・ウィリアムズ短編集成』国書刊行会 2015

参考編集

脚注編集