飯田 隆(いいだ たかし、1948年10月20日 - )は、日本の哲学者言語哲学分析哲学が専門。慶應義塾大学名誉教授。元日本哲学会会長・日本科学哲学会理事・科学基礎論学会理事長など。 北海道札幌市出身。

略歴編集

  • 1948年 北海道札幌市生まれ
  • 1972年 東京大学教養学部教養学科(科学史科学哲学専攻)卒
  • 1974年 同大学大学院人文科学研究科(哲学専攻)修士課程修了
  • 1974年 4月 同大学院博士課程進学
  • 1974年 9月 ミシガン大学大学院(哲学専攻)入学
  • 1978年 1月 同大学博士候補資格(Ph.D. Candidacy)取得
  • 1978年 3月 東京大学大学院人文科学研究科(哲学専攻)博士課程退学
  • 1978年 4月 熊本大学法文学部助手
  • 1979年 1月 同(1979年4月より文学部)講師
  • 1982年 同助教授
  • 1988年 千葉大学文学部助教授
  • 1991年 同教授
  • 1998年 慶應義塾大学文学部教授
  • 2010年 日本大学文理学部教授
  • 2011年 日本哲学会会長(2015年まで)
  • 2019年 定年退職

著書編集

  • 『言語哲学大全I 論理と言語』(勁草書房、1987年)
  • 『言語哲学大全II 意味と様相(上)』(勁草書房、1989年)
  • 『言語哲学大全III 意味と様相(下)』(勁草書房、1995年)
  • ウィトゲンシュタイン―言語の限界』(講談社〈現代思想の冒険者たち〉、1997年)
  • 『言語哲学大全IV 真理と意味』(勁草書房、2002)
  • クリプキ―ことばは意味をもてるか』(日本放送出版協会(シリーズ・哲学のエッセンス)、2004年)
  • 『規則と意味のパラドックス』 (ちくま学芸文庫、2016年)
  • 『新哲学対話: ソクラテスならどう考える?』(筑摩書房、2017年)
  • 『日本語と論理 哲学者、その謎に挑む』(NHK出版新書、2019年)
  • 『虹と空の存在論』(ぷねうま舎 、2019年)
  • 『分析哲学 これからとこれまで』(勁草書房、2020年)

編著編集

訳書編集

外部リンク編集