メインメニューを開く

飯野 愛(いいの あい、1986年11月17日 - )は、日本将棋連盟所属の女流棋士。女流棋士番号は48。飯野健二八段門下。東京都世田谷区出身。東京都立千歳丘高等学校[1]

 飯野愛 女流初段
飯野愛AiIino.jpg
名前 飯野愛
生年月日 (1986-11-17) 1986年11月17日(32歳)
プロ入り年月日 2013年10月1日(26歳)
棋士番号 48
出身地 東京都世田谷区
師匠 飯野健二八段
段位 女流初段
戦績
2018年3月30日現在
テンプレートを表示

棋歴

女流プロになるまで

実父の飯野健二棋士であり、身近に将棋がある環境で育つ。そのため、将棋に馴染みがあったもの、本格的に女流プロを目指し始めたのは高校2年と女流棋士の中でもだいぶ遅い。父と仕事をするのが一つと夢だったと話している[2]

2005年女流棋士の育成機関である女流育成会に入会。2009年より女流棋士になるための制度が変わったため、同年4月に関西研修会のD2クラスに移った(C1クラス昇級で女流3級になる)。

研修会入会から4年3ヶ月、2013年6月23日にC1クラスに昇級して女流3級資格を取得[3]。資格申請を以って10月1日付での女流3級が内定した[1]。その後の同年8月17日、アマチュア枠で出場していた第7期マイナビ女子オープンの予選を通過し、女流3級から女流2級に昇級する規定「『女流棋士昇段級規定』の女流1級に該当した場合(マイナビ女子オープンで本戦入り)」を満たしたため、女流2級でプロ入りすることになった[4]

女流プロ入り後

2014年5月9日、第36期女流王将戦予選で大庭美樹を降して本戦入り。それにより、女流棋士昇段級規定の1級の条件を満たし、女流1級に昇級した[5]

2015年8月1日、第9期マイナビ女子オープン予選決勝で、女流育成会時代に何度も対局した戦友である高浜愛子と対局。当時3級だった高浜にとって悲願の女流2級(正式なプロ入り)がかかっていた対局であり、敗れた高浜の悲痛な姿を見て飯野も目に涙を浮かべた[6][7][注釈 1]

2017年度の成績は8勝6敗で[8]、「年度指し分け以上(7勝以上)」を満たしたことにより、2018年4月1日付で女流初段に昇段[9]

棋風

振り飛車党で、特に三間飛車を得意とする。

人物

  • 高校2年のとき、唐突に女流プロを目指すと宣言した。父はこれまで女流棋士として育ててなかったため、驚かされた。将棋の道が厳しいものだと知る父は、普段の優しさとは一変し、厳しく指導した[2][10]
  • 将棋ニュースプラスの中の一コーナーであった『激突!目隠し将棋』にて、記録・秒読みを担当した(2008年)。
  • 2007年より新設された非公式戦である『世田谷花みず木女流オープン戦』に2017年まで毎回出場[11]

昇段履歴

出演

  • AbemaTV初級講座(2017年4月配信開始、AbemaTV[12]

脚注

注釈

  1. ^ 高浜は翌年2月5日の最後のチャンスで女流2級昇級を決めた。

出典

  1. ^ a b 飯野愛さんが10月から女流棋士3級に”. 日本将棋連盟 (2013年7月3日). 2018年3月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年7月3日閲覧。
  2. ^ a b 将棋・飯野愛女流1級、高校2年からプロ志望に父・健二七段も驚き「え?って言いました」”. AbemaTV (2017年12月27日). 2018年1月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月3日閲覧。
  3. ^ 飯野愛研修会員が女流棋士3級の資格を取得”. 日本将棋連盟 (2013年6月24日). 2013年7月3日閲覧。
  4. ^ 飯野愛さんが10月から女流2級に”. 日本将棋連盟 (2013年8月19日). 2013年8月19日閲覧。
  5. ^ 飯野愛女流2級が女流1級に昇級”. 日本将棋連盟 (2014年5月12日). 2014年5月12日閲覧。
  6. ^ 飯野女流1級が本戦入り”. マイナビブックス (2015年8月1日). 2018年1月18日閲覧。
  7. ^ 北野新太 (2015年8月14日). “いささか私的すぎる取材後記 第42回 交錯する部屋”. みんなのミシマガジン. ミシマ社. 2018年3月18日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年5月16日閲覧。
  8. ^ 女流棋士今年度成績(2018年3月31日現在)”. 日本将棋連盟 (2018年3月31日). 2018年3月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年3月31日閲覧。
  9. ^ 昇段・引退棋士のお知らせ”. 日本将棋連盟 (2018年3月30日). 2018年3月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年3月31日閲覧。
  10. ^ 棋譜で親子が会話する 将棋棋士・飯野愛女流1級と父の師匠・飯野健二七段の関係”. AbemaTIMES (2017年12月21日). 2018年1月3日閲覧。
  11. ^ 世田谷花みず木女流オープン戦”. 日本将棋連盟. 2013年6月27日閲覧。
  12. ^ AbemaTV 将棋講座”. AbemaTV. 2017年9月25日閲覧。

関連項目

外部リンク