メインメニューを開く

飾磨駅

日本の兵庫県姫路市にある山陽電気鉄道の駅

飾磨駅(しかまえき)は、兵庫県姫路市飾磨区清水にある山陽電気鉄道。駅番号はSY 40。全ての列車が停車する。

飾磨駅*
駅舎ビルの一部(2008年8月20日撮影)
駅舎ビルの一部(2008年8月20日撮影)
しかま
Shikama
所在地 兵庫県姫路市飾磨区清水40
所属事業者 山陽電気鉄道
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
4,670人/日(降車客含まず)
-2017年-
開業年月日 1923年大正12年)8月19日
乗入路線 2 路線
所属路線 本線
駅番号 SY 40
キロ程 50.9km(西代起点)
梅田から88.0km
SY 39 妻鹿 (1.9km)
(1.4km) 亀山 SY 41
所属路線 網干線
駅番号 SY 40
キロ程 0.0km(飾磨起点)
(2.4km) 西飾磨 SY 51►
備考 * 1991年に電鉄飾磨駅から改称
テンプレートを表示

目次

利用可能な鉄道路線編集

駅構造編集

櫛形2面3線のホームを持つ地上駅

外側2線(1・3番線)は本線の列車、両側をホームに挟まれた内側1線(2番線)は網干線ワンマン列車が入線する。同列車が発着する2番線の神戸側は行き止まりになっている。ホームの東端に「山陽そば」がある。駅舎(改札口)は本線下り線南側姫路寄りにあり、ホームへは跨線橋で連絡している。

かつては櫛形2面4線で、ホーム西端に構内踏切があった。1番線反対側の2番線から網干線が姫路へ折り返し直通し、本線神戸方面の4番線(現在の3番線)反対にあった旧3番線(現在の2番線)からは姫路からの網干線電車が網干へと折り返していた。現2番線は旧2・3番線を埋め広げたもので、その分両側ホームは以前よりやや広くなっている。また、同時期まで櫛形ホーム頭端部(「山陽そば」の脇)には東口があった。跨線橋下付近から東を望むと、当時の雰囲気を少し窺う事ができる。さらに、1番線に到着する6両編成の下り列車は後部2両のみドアカットを行っていた。

のりば編集

1  本線 下り 姫路行き
2  網干線 - 網干行き
3  本線 上り 明石神戸三宮梅田方面

※営業列車での設定はないが、1番線から明石方面への折り返しも可能である。
※1番線からは網干方面(網干線)、2番線からは姫路方面(本線)への出発も可能である。
※姫路方面(本線)からは2番線・3番線の双方に入線が可能である。

飾磨駅配線略図

本線 : 西代方面
 
網干線 : 山陽網干方面
↓ 本線 : 山陽姫路方面
凡例
出典:黒田康夫、永山敏行「山陽特集 近年における輸送と運転の動向」
鉄道ピクトリアル』2001年12月増刊、電気車研究会 20頁


利用状況編集

乗降者数 8,199人(2009年11月10日調査)
以下に各年の乗降客数を示す。

年度 乗車人員総数 内 定期利用者数 出典
人/日 増減 順位 人/日 増減 利用率 順位
1953(S28) 6,727 [1]
1954(S29) 7,000 4.06% [2]
1955(S30)
1956(S31)
1957(S32) 8,069 [3]
1958(S33) 7,578 -6.08% [3]
1959(S34) 7,909 4.37% [4]
1960(S35) 8,860 12.02% [5]
1961(S36) 9,752 10.07% [6]
1962(S37) 10,583 8.53% [7]
1963(S38) 11,603 9.63% [8]
1964(S39) 11,899 2.55% [9]
1965(S40) 11,704 -1.63% [10]
1966(S41) 10,899 -6.88% [11]
1967(S42) 10,745 -1.42% [11]
1968(S43) 10,881 1.27% [12]
1969(S44) 10,911 0.27% [13]
1970(S45) 10,810 -0.93% [14]
1971(S46) 10,679 -1.21% [15]
1972(S47) 10,374 -2.86% [16]
1973(S48) 9,634 -7.13% [16]
1974(S49) 9,850 2.24% [17]
1975(S50) 9,296 -5.62% [18]
1976(S51) 8,878 -4.50% [19]
1977(S52) 8,687 -2.15% [20]
1978(S53) 8,162 -6.04% 5/48 [21] [22] [23] [24] [25] [20]
1979(S54) 7,819 -4.20% 6/48 5,086 65.05% [21] [26] [23] [24] [25] [27]
1980(S55) 7,494 -4.16% 6/48 4,794 -5.74% 63.97% [21] [28] [23] [24] [25] [27]
1981(S56) 7,667 2.31% 6/48 4,699 -1.97% 61.30% [21] [29] [30] [31] [25] [27]
1982(S57) 7,916 3.25% 5/48 4,923 4.77% 62.20% [32] [33] [30] [31] [34] [27]
1983(S58) 7,674 -3.06% 5/48 4,612 -6.32% 60.10% [32] [33] [30] [31] [35] [27]
1984(S59) 7,354 -4.17% 5/48 4,362 -5.42% 59.31% [32] [33] [30] [31] [35] [36]
1985(S60) 6,804 -7.48% 6/48 3,797 -12.96% 55.80% [32] [33] [30] [31] [35] [36]
1986(S61) 6,626 -2.61% 5/48 3,684 -2.98% 55.59% [32] [33] [30] [37] [35] [36]
1987(S62) 6,335 -4.40% 7/48 3,445 -6.48% 54.38% [38] [39] [30] [37] [35] [36]
1988(S63) 6,262 -1.15% 7/48 3,384 -1.76% 54.04% [38] [39] [30] [37] [35] [40]
1989(H01) 6,142 -1.92% 3,301 -2.46% 53.75% [38] [39] [30] [37] [41] [40]
1990(H02) 6,073 -1.11% 8/48 3,259 -1.27% 53.66% [38] [39] [42] [37] [41] [40]
1991(H03) 5,970 -1.69% 3,253 -0.18% 54.49% [38] [43] [42] [44] [41] [40]
1992(H04) 5,801 -2.83% 8/48 3,252 -0.04% 56.05% [45] [43] [46] [44] [41] [40]
1993(H05) 6,260 7.91% 6/48 3,358 3.28% 53.64% [45] [43] [46] [44] [47] [48]
1994(H06) 6,126 -2.15% 6/48 3,270 -2.62% 53.39% [45] [43] [46] [44] [47] [48]
1995(H07) 6,040 -1.41% 6/48 3,222 -1.48% 53.35% [45] [43] [46] [49] [47] [48]
1996(H08) 5,929 -1.83% 6/48 3,152 -2.17% 53.16% [45] [50] [46] [49] [47] [48]
1997(H09) 5,666 -4.44% 6/48 3,081 -2.27% 54.37% [51] [50] [46] [49] [52] [48]
1998(H10) 5,394 -4.79% 6/48 2,992 -2.86% 55.47% [51] [50] [46] [49] [52] [53]
1999(H11) 5,007 -7.19% 6/48 2,770 -7.42% 55.33% [51] [50] [46] [49] [52] [53]
2000(H12) 4,732 -5.49% 6/48 2,605 -5.97% 55.05% [51] [50] [46] [54] [52] [53]
2001(H13) 4,526 -4.35% 6/48 2,451 -5.90% 54.16% [51] [55] [56] [54] [52] [53]
2002(H14) 4,301 -4.97% 6/48 2,244 -8.46% 52.17% [57] [55] [56] [54] [52] [53]
2003(H15) 4,265 -0.84% 6/48 2,196 -2.16% 51.47% [57] [55] [56] [54] [52] [58]
2004(H16) 4,197 -1.59% 6/49 2,125 -3.21% 50.63% [57] [55] [56] [54] [59] [58]
2005(H17) 4,294 2.31% 5/49 2,185 2.82% 50.88% [57] [55] [56] [60] [59] [58]
2006(H18) 4,245 -1.16% 5/49 2,161 -1.10% 50.91% [57] [61] [56] [60] [59] [58]
2007(H19) 4,376 3.09% 6/49 2,257 4.44% 51.58% [62] [61] [63] [60] [59] [58]
2008(H20) 4,477 2.33% 6/49 2,376 5.29% 53.07% [62] [61] [63] [60] [59] [64]
2009(H21) 4,286 -4.28% 6/49 2,299 -3.26% 53.64% [62] [61] [63] [60] [59] [64]
2010(H22) 4,224 -1.44% 7/49 2,275 -1.02% 53.87% [62] [61] [63] [65] [59] [64]
2011(H23) 4,230 0.14% 7/49 2,301 1.13% 54.40% [62] [66] [63] [65] [67] [64]
2012(H24) 4,275 1.05% 7/49 2,350 2.11% 54.97% [68] [66] [63] [65] [67] [64]
2013(H25) 4,438 3.83% 7/49 2,450 4.28% 55.20% [68] [66] [69] [65] [67] [70]
2014(H26) 4,337 -2.28% 7/49 2,426 -1.00% 55.93% [68] [66] [69] [71] [67] [70]
2015(H27) 4,514 4.09% 7/49 2,487 2.51% 55.08% [68] [66] [69] [71] [67] [70]
2016(H28) 4,560 1.01% 7/49 2,535 1.95% 55.59% [68] [72] [69] [71] [67] [70]
2017(H29) 4,670 2.41% 7/49 2,599 2.53% 55.66% 8/49 [73] [72] [69] [71] [67] [70]

駅周辺編集

駅南の国道250号付近に公共施設や大型商店等が建ち並ぶ。

当駅の700m西方には、1986年11月1日に廃止された国鉄播但線(飾磨港線)の飾磨駅がかつて存在した。ただ、飾磨港線の本数が少ない事もあって、全く連絡機能を果たせていなかった。

接続バス編集

神姫バス

  • 91系統:姫路駅(南口)行/姫路検査場・姫路火力行

歴史編集

隣の駅編集

山陽電気鉄道
本線
特急直通特急(直通特急は下記以外)
大塩駅 (SY 35) - 飾磨駅 (SY 40) - 山陽姫路駅 (SY 43)
直通特急(ラッシュ時)
白浜の宮駅 (SY 38) - 飾磨駅 (SY 40) - 山陽姫路駅 (SY 43)
S特急・普通
妻鹿駅 (SY 39) - 飾磨駅 (SY 40) - 亀山駅 (SY 41)
網干線(全列車が各駅に停車)
飾磨駅 (SY 40) - 西飾磨駅 (SY 51)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『姫路市勢要覧 昭和29年版』 姫路市役所調査課、昭和29年4月1日発行、昭和29年3月30日印刷(内海印刷所)、64頁。
  2. ^ 『姫路市勢要覧 昭和30年版』 姫路市役所秘書課調査統計係、昭和31年4月1日発行、昭和31年3月30日印刷(内海印刷所)、71頁。昭和29年1月~12月の集計
  3. ^ a b 『市勢要覧 姫路 1958年版』 姫路市役所 企画室、昭和34年3月1日発行、昭和34年2月10日印刷(第一印刷株式会社)、52頁。(山陽電鉄本社調)
  4. ^ 『姫路市勢要覧 昭和34年版』 姫路市企画室、昭和35年3月31日発行、昭和35年3月25日印刷(有限会社 中山印刷所)、36頁。(資料 山陽電鉄KK。昭和29年1月~12月の集計)
  5. ^ 『姫路市勢要覧 1961年版』 姫路市役所、昭和36年5月25日発行、昭和36年5月20日印刷(有限会社中山印刷所)、38頁。(山陽電鉄 K. K. 昭和35年1月~12月の集計)
  6. ^ 『姫路市勢要覧 1962年版』 姫路市役所、昭和37年4月15日発行、昭和37年4月10日印刷(有限会社中山印刷所)、38頁。昭和36年1月~12月の集計
  7. ^ 『姫路市勢要覧 1963年版』 姫路市役所、昭和38年10月15日発行、昭和38年10月1日印刷(第一印刷株式会社)、42頁。昭和37年1月~12月の集計
  8. ^ 『姫路市勢要覧 1964年版』 姫路市企画室 調査統計課、昭和39年11月5日発行、昭和39年10月15日印刷(第一印刷株式会社)、44頁。昭和38年1月~12月の集計
  9. ^ 『姫路市勢要覧 1965年版』 姫路市企画室調査統計課、奥付に発行日記載なし(印刷所 有限会社中山印刷)、38頁。昭和39年1月~12月の集計
  10. ^ 『姫路市勢要覧 1967年版』 姫路市企画室調査統計課、奥付に発行日記載なし(印刷 内海印刷株式会社)、統計表12頁。
  11. ^ a b 『姫路市勢要覧 1968年版』 姫路市 企画室 企画課、奥付に発行日記載なし(印刷所 有限会社 中山印刷所)、統計表13頁。
  12. ^ 『姫路市勢要覧 1969年版』 姫路市 企画室 企画課、奥付に発行日記載なし(印刷所 山野印刷株式会社)、統計表13頁。
  13. ^ 『姫路市勢要覧 1970年版』 姫路市 企画室 企画課、奥付に発行日記載なし(印刷所 大日本印刷株式会社)、統計表15頁。
  14. ^ 『姫路市勢要覧 1971年版』 姫路市企画室企画課、奥付に発行日記載なし(印刷 岸本印刷株式会社)、統計表14頁。
  15. ^ 『姫路市勢要覧 1972年版』 姫路市企画室企画課、奥付に発行日記載なし(印刷所 凸版印刷株式会社)、統計表13頁。
  16. ^ a b 『姫路市統計要覧 昭和49年版』 姫路市企画室企画課、昭和49年8月1日発行(印刷所 小野高速印刷株式会社)、73頁。
  17. ^ 『姫路市統計要覧 昭和50年版』 姫路市企画室企画課、昭和50年9月1日発行(印刷所 小野高速印刷株式会社)、71頁。
  18. ^ 『姫路市統計要覧 昭和51年版』 姫路市企画室企画課、昭和51年9月1日発行(印刷所 小野高速印刷株式会社)、71頁。
  19. ^ 『姫路市統計要覧 昭和52年版』 姫路市企画室企画課、昭和52年10月1日発行(印刷所 小野高速印刷株式会社)、71頁。
  20. ^ a b 『姫路市統計要覧 昭和54年版』 姫路市理財局企画財政部企画課、昭和54年12月1日発行(印刷所 高橋総合印刷株式会社)、p.80
  21. ^ a b c d 『第59回 神戸市統計書(昭和57年度版)』 神戸市市長室企画調整部調査統計課、昭和58年3月印刷発行(菱三印刷株式会社)、pp.163-165
  22. ^ 『昭和54年版 明石市統計書』 明石市市役所総務部企画課統計係、昭和54年12月印刷発行(明光印刷有限会社)、pp.235-236
  23. ^ a b c はりま 統計資料編 1985(昭和60年) p.22 -4. 国鉄土山駅年間乗車人員・山陽電鉄本荘駅1日の乗降人員
  24. ^ a b c 『加古川市統計書(昭和56年版)』 編集:加古川市総務部総務課(昭和56年10月)、発行:兵庫県加古川市役所(昭和56年12月)、p.96(「資料 山陽電気鉄道株式会社明石管理駅(1日の乗車人員を1年に換算)」と記載あり
  25. ^ a b c d 『高砂市統計書 昭和57年版』 編集:市長公室企画課、発行:高砂市役所(昭和57年7月)、p.56
  26. ^ 『昭和55年版 明石市統計書』 明石市役所総務部企画課統計係、昭和56年3月印刷発行(明光印刷有限会社)、pp.261-262
  27. ^ a b c d e 『姫路市統計要覧 昭和59年版』 姫路市企画局調整課、昭和60年3月発行、p.148, p.150
  28. ^ 『昭和56年版 明石市統計書』 明石市総務部企画課統計係、昭和57年1月印刷発行(明光印刷有限会社)、pp.261-262
  29. ^ 『昭和57年版 明石市統計書』 明石市総務部企画課統計係、昭和58年3月印刷発行(明光印刷有限会社)、pp.265-266
  30. ^ a b c d e f g h i 播磨町統計書 1990年(平成2年) p.26 -4. JR土山駅年間乗車人員・山陽電鉄本荘駅1日の乗降人員
  31. ^ a b c d e 『加古川市統計書(昭和61年版)』 編集:加古川市総務部総務課(昭和61年12月)、発行:兵庫県加古川市役所(昭和62年1月)、p.104(「資料 山陽電気鉄道株式会社明石管理駅 注)1日の乗車人員を1年に換算」と記載あり
  32. ^ a b c d e 『第64回 神戸市統計書(昭和62年度版)』 神戸市市長総局企画調整部調査統計課、昭和63年3月印刷発行(菱三印刷株式会社)、pp.136-137
  33. ^ a b c d e 『明石市統計書(昭和62年版)』 明石市企画部企画課統計係、昭和63年3月印刷発行(明光印刷有限会社)、p.212
  34. ^ 『高砂市統計書 昭和59年版』 編集:企画部企画課、発行:高砂市役所(昭和59年7月)、p.49
  35. ^ a b c d e f 『高砂市統計書 平成元年版』 編集:企画部企画課、発行:高砂市役所(平成元年8月)、p.51
  36. ^ a b c d 『姫路市統計要覧 昭和63年版』 姫路市企画局総合企画室、平成元年3月発行、p.106(「注)定期乗車人員算定方法について、59年度までは交通量調査の資料を基礎としていたが、60年度からは、実績を採用している。」との記載あり)
  37. ^ a b c d e 『加古川市統計書(平成3年度版)』 編集:加古川市総務部総務課(平成4年2月)、発行:兵庫県加古川市役所(平成4年3月)、p.106(「資料 山陽電気鉄道株式会社 注)1日の乗車人員を1年に換算」と記載あり
  38. ^ a b c d e 『第69回 神戸市統計書(平成4年度版)』 神戸市企画調整局企画部総合計画課、平成5年3月印刷発行(菱三印刷株式会社)、pp.149-150
  39. ^ a b c d 『明石市統計書(平成4年版)』 兵庫県明石市企画財政部企画課統計係、平成5年3月印刷発行(株式会社 ソーエイ)、p.212
  40. ^ a b c d e 『姫路市統計要覧 平成5年版』 姫路市総務局総務部情報管理課、平成6年3月発行、pp.102-103
  41. ^ a b c d 『高砂市統計書 平成8年版』 編集:総務部総務課、発行:高砂市役所(平成8年11月)、p.49
  42. ^ a b 播磨町統計書 1999年(平成11年) p.27 -4. JR土山駅乗車人員・山陽電鉄播磨町駅1日の乗降人員
  43. ^ a b c d e 『明石市統計書(平成8年版)』 兵庫県明石市企画財政部企画課統計係、平成9年3月印刷発行(株式会社 ソーエイ)、p.216
  44. ^ a b c d 『加古川市統計書(平成7年度版)』 編集:加古川市総務部総務課(平成8年2月)、発行:兵庫県加古川市役所(平成8年3月)、p.105
  45. ^ a b c d e 『第74回 神戸市統計書(平成9年度版)』 神戸市震災復興本部総括局復興推進部企画課、平成10年3月印刷発行(交友印刷株式会社)、pp.143-144
  46. ^ a b c d e f g h i 『播磨町統計書(平成13年度版)』 兵庫県播磨町企画調整課、平成13年7月発行、p.27
  47. ^ a b c d 『高砂市統計書 平成12年版』 高砂市総務部文書課、平成13年2月発行、p.49
  48. ^ a b c d e 姫路市統計要覧 - 平成10年(1998年)版 10.運輸・通信
  49. ^ a b c d e 『加古川市統計書(平成12年度版)』 兵庫県加古川市総務部総務課、平成13年3月発行、p.107
  50. ^ a b c d e 『明石市統計書(平成13年版)』 兵庫県明石市総務部情報管理課統計係、平成14年3月発行、p.218 (運輸及び通信) 199. 山陽電鉄 市内各駅年度別,月別乗車人員
  51. ^ a b c d e 『第79回 神戸市統計書(平成14年度版)』 神戸市企画調整局企画調整部総合計画課、平成15年3月印刷発行(有限会社 わかばやし印刷)、pp.151-152
  52. ^ a b c d e f g 『高砂市統計書 平成16年版』 高砂市総務部文書課、平成17年2月発行、p.49
  53. ^ a b c d e 姫路市統計要覧 - 平成15年(2003年)版 10.運輸・通信
  54. ^ a b c d e 加古川市統計書 平成17年度版(2005年度) (10章 運輸及び通信) 10-2. 山陽電鉄駅別乗車人員
  55. ^ a b c d e 『明石市統計書 平成18年版(2006年)』 兵庫県明石市総務部情報管理課統計係、平成19年3月発行、p.220 (運輸及び通信) 193. 山陽電鉄 市内各駅年度別,月別乗車人員
  56. ^ a b c d e f 播磨町統計書 2007年(平成19年) p.28 -(9.公園・交通・通信) 3.JR土山駅・山陽電鉄播磨町駅の乗車人数
  57. ^ a b c d e 『第84回 神戸市統計書(平成19年度版)』 神戸市企画調整局企画調整部総合計画課、平成20年3月印刷発行(有限会社 わかばやし印刷)、pp.127-128
  58. ^ a b c d e 姫路市統計要覧 - 平成20年(2008年)版 10.運輸・通信
  59. ^ a b c d e f g 『高砂市統計書 平成23年版』 高砂市企画総務部総務課、平成24年2月発行、p.47
  60. ^ a b c d e 加古川市統計書 平成22年度版(2010年度) (10章 運輸及び通信) 10-2. 山陽電鉄駅別乗車人員
  61. ^ a b c d e 『明石市統計書 平成23年版(2011年)』 兵庫県明石市総務部情報管理課統計係、平成24年3月発行、p.218 (8. 運輸及び通信) 8-2. 山陽電鉄 市内各駅月別乗車人員
  62. ^ a b c d e 第89回神戸市統計書 平成24年度版 (9 陸上運輸・空港) 9-3.鉄道市内各駅の乗車人員(山陽電気鉄道)
  63. ^ a b c d e f 播磨町統計書 2013年(平成25年) p.25 -(7.公園・交通・通信) 3.JR土山駅・山陽電鉄播磨町駅の乗車人数
  64. ^ a b c d e 姫路市統計要覧 - 平成25年(2013年)版 10.運輸・通信
  65. ^ a b c d 加古川市統計書 平成26年度版(2014年度) (10章 運輸及び通信) 10-2. 山陽電鉄駅別乗車人員
  66. ^ a b c d e 明石市統計書 平成28年版(2016年) (8. 運輸及び通信) 8-2. 山陽電鉄 市内各駅月別乗車人員
  67. ^ a b c d e f g 『高砂市統計書 平成30年版』 高砂市企画総務部総務室総務課、平成30年2月発行、p.47
  68. ^ a b c d e 第94回神戸市統計書 平成29年度版 (9 陸上運輸・空港) 9-3.鉄道市内各駅の乗車人員(山陽電気鉄道)
  69. ^ a b c d e 播磨町統計書 2018年(平成30年) p.25 -(7.公園・交通・通信) 3.JR土山駅・山陽電鉄播磨町駅の乗車人数
  70. ^ a b c d e 姫路市統計要覧 - 平成30年(2018年)版 10.運輸・通信
  71. ^ a b c d 加古川市統計書 平成30年度版(2018年度) (10章 運輸及び通信) 10-2. 山陽電鉄駅別乗車人員
  72. ^ a b 明石市統計書 平成30年版(2018年) (8. 運輸及び通信) 8-2. 山陽電鉄 市内各駅月別乗車人員
  73. ^ 第95回神戸市統計書 平成30年度版 (9 陸上運輸・空港) 9-3.鉄道市内各駅の乗車人員(山陽電気鉄道)
  74. ^ 「地方鉄道駅名改称」『官報』1924年2月6日(国立国会図書館デジタル化資料)

関連項目編集

外部リンク編集