メインメニューを開く

飾磨駅 (国鉄)

日本の兵庫県姫路市にあった日本国有鉄道の駅

飾磨駅(しかまえき)は、かつて兵庫県姫路市飾磨区細江にあった日本国有鉄道(国鉄)播但線である。

飾磨駅
飾磨駅 駅本屋
飾磨駅 駅本屋
しかま
Shikama
飾磨港 (1.3km)
(1.9km) 亀山
所在地 兵庫県姫路市飾磨区細江
所属事業者 日本国有鉄道
所属路線 播但線
キロ程 1.3km(飾磨港起点)
電報略号 シマ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線(側線多数)
乗車人員
-統計年度-
19人/日(降車客含まず)
-1981年-
開業年月日 1897年明治30年)11月21日
廃止年月日 1986年(昭和61年)11月1日
備考 有人駅
テンプレートを表示

目次

駅構造編集

島式ホーム1面2線を有していた地上駅。ホームの東側、線路を渡った先に駅舎があった。また駅舎の北側には1面1線の有蓋車用の貨物ホームが設置されていた。廃止されるまで駅員配置駅であったが、晩年の旅客列車は1日2往復のみであった。

播但線は南北に走っており、当駅からは、南西方向に向かい新日本製鐵広畑製鐵所へ至る専用鉄道[1]が分岐していた。専用鉄道は、鉄鋼製品や石灰石輸送で使用されていた。

駅跡地周辺編集

歴史編集

その他編集

  • 飾磨港 - 姫路間は戸籍上こそ播但線(飾磨港 - 和田山)の一部であったが、事実上枝線の扱いとなっており「飾磨港線」と呼ばれていた。

隣の駅編集

日本国有鉄道
播但線
飾磨港駅 - 飾磨駅 - 亀山駅

脚注編集

  1. ^ a b 『地方鉄道及軌道一覧 : 昭和18年4月1日現在』(国立国会図書館近代デジタルライブラリー)

関連項目編集