メインメニューを開く

養珠院

徳川家康の側室
千葉県勝浦市八幡岬公園(勝浦城跡)にある養珠院像
山梨県早川町七面山登山口にある白糸滝と養珠院像

養珠院(ようじゅいん、天正8年(1580年) - 承応2年8月22日1653年10月13日))は、徳川家康の側室。紀州徳川家の家祖徳川頼宣、および水戸徳川家の家祖徳川頼房の母。名は(まん、旧字体:)。実父は勝浦城主・正木頼忠。義父は蔭山長門守氏広。実兄は紀州藩(紀州徳川家)家老三浦為春

以下の呼称は実名の万で統一する。

目次

生涯編集

母は北条氏隆(氏尭の誤伝か)の娘とも北条氏尭の娘、あるいは田中泰行の娘(=北条氏尭の養女、板部岡江雪斎の姉の娘・姪)ともいい、諸説ある。

天正5年(1577年)4月、正木頼忠を父として生まれる[1]

天正5年(1577年)8月、正木憲時の挙兵により勝浦城から三原(和田町)に移り、その後、小田原に居住した[2]

天正12年(1584年)、母親が蔭山氏広と再婚した。これにより蔭山の一族となる[3]

文禄2年(1593年)、三島徳川家康江川太郎左衛門の養女として目見え、家康の側室となる[4]

慶長7年(1602年)3月7日、伏見において徳川頼宣を出産する[5]

慶長8年(1603年)8月10日、伏見において徳川頼房を出産する[6]

慶長11年(1606年)3月26日、『玉沢手鑑草稿』に記載されている宝倉板本尊銘写によると、「蓮華院妙紹日心」とあり、養珠院と称する前は、蓮華院と称していたことが確認できる[7]

慶長13年(1608年)11月15日、江戸城新丸で浄土宗法華宗が対峙した。その関係で身延山日遠が駿河の徳川家康のもとに出向いたが、結局阿倍川原で磔刑に処されそうになった。その日遠を身をていして守ったとされる[8]。なお、日遠が駿河国に赴いたのは、日蓮宗関係以外の史料では確認することができないとする指摘がある[9]

義父の蔭山家は代々日蓮宗を信仰しており、万もその影響を受けて日遠に帰依した。家康は浄土宗であり、日頃から宗論を挑む日遠を不快に思っていたため、江戸城での問答の直前に日蓮宗側の論者を家臣に襲わせた結果、日蓮宗側は半死半生の状態となり、浄土宗側を勝利させた。この不法な家康のやり方に怒った日遠は身延山法主を辞し、家康が禁止した宗論を上申した。これに激怒した家康は、日遠を捕まえて駿府の安倍川原で磔にしようとしたため、万は家康に日遠の助命嘆願をするが、家康は聞き入れなかった。すると万は「師の日遠が死ぬ時は自分も死ぬ」と、日遠と自分の2枚の死に衣を縫う。これには家康も驚いて日遠を放免した。

この万の勇気は当時かなりの話題になったようで、後陽成天皇も万の行動に感激し、天皇が自ら「南無妙法蓮華経」と七文字書いた物が万に下賜されたという。彼女は家康の死去した後、元和5年(1619年)8月、身延山で法華経一万部読誦の大法要を催し、満願の日に七面山に向かった。

大坂の陣における三浦為春の武功に徳川家康が喜んでいることを万が為春に知らせた古文書がある[10]。歴史的な内容が確認できる唯一のものだが、年月日、文書の形態・宛所等も不明で、現蔵機関名も記されていない[11]

元和2年(1616年)4月22日、蓮華院妙昭日心から養珠院妙昭日心大姉に法号名を変えた(『本光国師日記』)[12]


承応2年(1653年)、万は死去した。

墓所は山梨県南巨摩郡身延町大野の日蓮宗寺院・本遠寺静岡県三島市妙法華寺。承応3年(1654年)に徳川頼宣により建立された墓所で、花崗岩製の宝篋印塔が現存している。山梨県指定史跡。戒名は養珠院殿妙紹日心大姉。

その他編集

駿府城の万の居間が移築されて、妙法華寺奥書院(静岡県三島市玉沢)として現存している。駿府城で唯一の遺構である。静岡県三島市文化財となっている。

平成16年(2004年)、海禅院多宝塔の下の石室から万の遺髪が発見された[13]

登場する作品編集

参考文献編集

書籍編集

  • 『勝浦市史 史料編中世』(2003年)
  • 『勝浦市史 通史編』(2006年) 385-421頁

論文編集

  • 大石泰史「養珠院お萬の方に関する諸問題」(『勝浦市史研究』3号、1997年)
  • 大石泰史「養珠院お萬の方(一五七七?―一六五三)―紀州・水戸徳川家初代の生母となった正木氏の娘―」(『千葉史学』54号、2009年)
  • 小山譽城「徳川頼宣の母養珠院について」(『南紀徳川史研究』9号、2010年)

脚注編集

  1. ^ 『勝浦市史 通史編』(2006年)405頁
  2. ^ 『勝浦市史 通史編』(2006年)405頁
  3. ^ 『勝浦市史 通史編』(2006年)405頁
  4. ^ 『勝浦市史 通史編』(2006年)405頁
  5. ^ 『勝浦市史 通史編』(2006年)406頁
  6. ^ 『勝浦市史 通史編』(2006年)406頁
  7. ^ 『勝浦市史 通史編』(2006年)406-407頁
  8. ^ 『勝浦市史 通史編』(2006年)406頁
  9. ^ 大石泰史「養珠院お萬の方に関する諸問題」(『勝浦市史研究』3号、1997年)
  10. ^ 中村利枝『徳川養珠夫人伝』(私家版、1971年)59-60頁
  11. ^ 大石泰史「養珠院お萬の方に関する諸問題」(『勝浦市史研究』3号、1997年)
  12. ^ 大石泰史「養珠院お萬の方に関する諸問題」(『勝浦市史研究』3号、1997年)
  13. ^ 妹背山護持顕彰会

関連項目編集

外部リンク編集