メインメニューを開く

餓狼伝説 WILD AMBITION』(がろうでんせつ ワイルドアンビション)は、1999年1月28日SNKハイパーネオジオ64で発売した対戦型格闘ゲーム。同年6月24日にはプレイステーション版が発売され、ハイパーネオジオ64から唯一の移植となった(2007年4月26日からゲームアーカイブスで配信されている)。

概要編集

餓狼伝説』シリーズ唯一の3D格闘ゲーム。

前作に当たる『リアルバウト餓狼伝説2』の直接の続編ではなく、ストーリーは初代『餓狼伝説』の話となっている。しかし、世界中が大会の舞台(初代の大会の舞台はサウスタウンのみ)になったり、初代の時点で未登場のキャラクターも登場するなどアレンジが施されている。

キャラクターイラストはヒロアキが担当。

システム編集

3Dにはなりラインはなくなったが、『リアルバウト餓狼伝説』などと基本的な操作性は変わらない。ライン移動に代わり、Dボタンで軸移動を行う。

また、3Dになったことで後ろ向き状態での攻撃が設定されており、投げ技も相手キャラクターの向きによって変わるものがある。

ヒートゲージ
今作でのパワーゲージで、スタンゲージも兼ねている。攻撃を当てる事で増加し、逆に食らう事で減少する。攻撃により空になると気絶。満タン状態で従来の潜在能力に相当する「オーバードライブパワー」かガード不能の「ヒートブロウ」を出せるが、出してしまうとゲージは空になる。

登場キャラクター編集

テリー・ボガードTerry Bogard](橋本さとし
ギースに殺されたジェフ・ボガードの養子。ジェフ譲りの喧嘩殺法を使う。
アンディ・ボガードAndy Bogard](声:難波圭一
テリーの弟。舞の祖父・不知火半蔵に骨法を学ぶ。2Pは髪を束ねている。
ジョー・ヒガシJoe Higashi](声:檜山修之
ムエタイの日本人チャンプ。名前は「東丈」や「ジョー・東」とも表記される。
不知火舞Mai Shiranui](声:曽木亜古弥
不知火流忍術を駆使するくノ一。アンディを追って里を出る。本来は『餓狼伝説2』で初登場するキャラクター。
キム・カッファンKim Kaphwan](声:橋本さとし)
正義を重んじ悪を許さないテコンドーの師範。テコンドーが最強の格闘技と自負する。本来は『餓狼伝説2』で初登場するキャラクター。
ライデンRaiden](声:ジョン・フラトン
かつてのパートナーの裏切りに遭い、協会を追放されたレスラー。『餓狼伝説2』と『餓狼伝説SPECIAL』では善玉の「ビッグ・ベア」として登場したが、今作は初代のストーリーなのでギース配下の悪役マスクレスラーとして登場する。1Pの服装はビッグ・ベアのものがベースで、2Pの服装は初代ライデンのものがベースになっている。
千堂つぐみ[Tsugumi Sendo](声:出口佳代
レスラーを父に持つ女子高生。レスリングをやめる為に大会に優勝すると父に約束を取り付けるが、徐々に格闘にハマっていく。今作のオリジナルキャラクター。
坂田冬次[Toji Sakata](声:菅原正志
周防辰巳(ギースの師匠であり、ブルー・マリーの祖父)のライバルであった人物。大南流合気柔術の使い手。今作のオリジナルキャラクター。
山崎竜二Ryuji Yamazaki](声:石井康嗣
香港を根城にする闇のブローカー。今作でポケットに入れている手が右手になっている(これ以前は、少なくともイラスト上では左手を入れていた)。本来は『餓狼伝説3』で初登場するキャラクター。
ビリー・カーンBilly Kane](声:山西惇
ギースの部下である棒術使い。今作は使用する棒が初代とは違い、三節棍になっている。また1Pの服装は『リアルバウト餓狼伝説』シリーズのものがベースで、2Pの服装は同ゲームのポスターのスーツ姿がベースになっている。

隠しキャラクター編集

ギース・ハワードGeese Howard](声:コング桑田
サウスタウンを牛耳るコネクションのボス。古武術の使い手。今作では、スタートボタンを押しながら決定する事でスーツ姿にする事が出来る。
李香緋Li Xiangfei](声:金月真美
『リアルバウト餓狼伝説2』からのゲストキャラクター。ゲストにつき、ストーリーはなし。

プレイステーション版追加キャラクター編集

ダック・キングDuck King](声:コング桑田)
テリーをライバル視する、モヒカン頭のストリートダンサー兼ストリートファイター。初代や『餓狼伝説SPECIAL』とは違うスタイルの新しい衣装で登場。今作ではファイト中にPちゃんは出てこない。
Mr.カラテ[Mr. Karate](声:臼井雅基
龍虎の拳』の主人公、リョウ・サカザキの後の姿。天狗の面はつけていない。

オリジナル サウンドトラック編集

関連項目編集

外部リンク編集