メインメニューを開く
北京五輪期間中の首都体育館

首都体育館(しゅとたいいくかん、: Capital Indoor Stadium)は北京市海淀区白石橋路にある屋内競技場。1968年完成。総面積は約54,600平方メートル。

概要編集

1971年に中国アメリカとのピンポン外交の舞台となったほか[1]1990年アジア競技大会2001年夏季ユニバーシアードなどのスポーツ大会、2008年北京オリンピックではバレーボールが行われた[2]2022年北京オリンピックでもフィギュアスケートショートトラックスピードスケートの会場として使用予定である。ほぼ毎年、ISUグランプリシリーズ中国杯の会場にもなっている。

また、コンサートなどのイベントにも対応されており、日本のアーティストでは西城秀樹(1987年)、サザンオールスターズ(1992年)、TK Presents GROOVE MUSEUM(1997年)、CHAGE & ASKA(1999年)がコンサート・イベントを開催している。

2015年4月24日にボブ・アラム率いるトップランクが小規模なイベントを開催した(メインはWBA世界ライトフライ級暫定王者ランディ・ペタルコリンの防衛戦)。

2016年6月24日、アラムに続きアメリカボクシングの大物アドバイザーアル・ヘイモン(関係が親しいサンプソン・ボクシングが主催)がWBA世界スーパーフェザー級王者ハビエル・フォルトゥナVSジェイソン・ソーサの試合がメインのメガイベントの開催が決定した[3]

脚注編集