メインメニューを開く

首都圏ニュース845

首都圏ニュース845』(しゅとけんニュース はちよんご)は、NHK総合テレビ関東地方向けに1996年4月1日から放送されている地域ニュース番組。ただし、現在、茨城県向けには水戸放送局が『茨城ニュース845』を出している。NHK首都圏放送センター管轄する関東・甲信越のニュースであれば、放送範囲に含まれていない茨城・山梨・長野・新潟各県の情報でも随時扱っている。

首都圏ニュース845
ジャンル ニュース報道番組
出演者 交代制 「出演者」の項目参照[1]
気象予報士交代制
オープニング 作曲:井筒昭雄
エンディング 同上(アレンジ版)
各話の長さ 15分
制作 NHK首都圏放送センター
放送
音声形式 モノラル放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1996年4月1日 -
放送時間 平日 20:45 - 21:00

目次

概要編集

  • 首都圏(関東地方)の1日のニュース・季節の風物詩・気象情報による構成。
  • ビデオリサーチによる視聴率調査においても高視聴率を記録し、ニュース番組の中でも視聴率において常に上位に入る状態が続く。中でも前番組が高視聴率番組な月曜日・火曜日・水曜日は視聴率が高い。しかし、2009年度になり、10%を割り込む日もある(木曜日・金曜日や民放が21時を跨ぐ特番を放送した時など)ものの、安定した視聴率を依然保ち続けている。なお、タイトルの首都圏は制作する首都圏放送センターを指し、実際の「首都圏」とはややエリアが異なる(放送エリアは関東地方全域、ただし例外あり)。
  • 月曜日 - 金曜日が祝日に重なる日には本番組は休止となるが、代わりに本番組と同時間帯に「ニュース845」という番組タイトルでニュースを放送する。ただし本番組とは、放送エリアが関東甲信越ブロックとなり、ニュースキャスターが異なるという違いがある。内容は前半10分が広域ニュース、後半5分は甲信越(新潟・長野・甲府)及び水戸の各放送局は県内ニュース、それ以外は東京からのニュースとなっていたが、2015年度以降は各県別の放送が廃止され、後半5分枠も関東・甲信越ブロック放送に変更された。
  • 水戸局については、地上デジタル放送が開始された2004年10月1日より当該時間帯において県域ニュースの『茨城ニュース845』を開始した。ただしアナログ放送のみ2011年7月22日まで本番組を放送していた。
  • 2012年4月から栃木県群馬県関東広域圏から離脱。県域放送を開始したが、首都圏ネットワーク同様、完全な差し替えはせず、そのまま放送される。
  • 2012年9月18日よりリアルタイム字幕放送を実施している。「首都圏ネットワーク」とともにNHKの地域ニュース番組では初のリアルタイム字幕放送番組である。

放送時間編集

  • 平日 20:45 - 21:00(JST

出演者編集

期間 キャスター 気象情報
1996.4.1 1997.3.28 内多勝康1[2] 田口晶彦2
1997.3.31 1998.3.27 高田斉2
1998.3.30 1999.3.26 田代大輔2
1999.3.29 2003.3.28 平井信行2・3
2003.3.31 2004.3.26 真下貴1[3] 岩田総司3
2004.3.29 2006.3.10 平井信行3
2006.3.13 2006.3.31 宮崎浩輔1
2006.4.3 2007.3.30 高田斉4
2007.4.2 2008.3.28 池田達郎1[4]
2008.3.31 2010.3.26 佐藤公俊4
2010.3.29 2011.4.15 斉田季実治6
2011.4.4 2013.3.29 守本奈実7 久保田祐佳7
2013.4.1 2014.3.28 松村正代7
2014.3.31 2015.3.27 上條倫子7
2015.3.30 2016.4.1 桑子真帆7 檜山靖洋3
2016.4.4 2017.3.31 池田伸子7 檜山靖洋3・8 関口奈美3・8
2017.4.3 2018.3.30 高井正智7
2018.4.2 2018.6.29 永井克典 9
今井翔馬 9
上原光紀 9
高橋篤史 9
栗原望 9
平井信行3・8
2018.7.2 現在 菊池真以3・8
関口奈美3・8

  • 1 『首都圏ネットワーク』を兼務(内多は2001年4月から)。
  • 2 『NHKニュース11』を兼務(平井は2000年3月まで)。
  • 3 『首都圏ネットワーク』を兼務(平井(第1期)は2000年4月から)。
  • 4 『きょうのニュース&スポーツ』を兼務(高田は2007年4月から)。
  • 5 東日本大震災による特別編成のため。
  • 6 以下の番組を兼務。
  • 7 隔週交代で担当(2016年度まで)。以下の番組を兼務。
    • 17:00の『NHKニュース』(2014年度まで)[5]
    • NHKニュース7』サブキャスター
  • 8 隔週交代で担当。
  • 9 毎日交代で担当。『ニュースウオッチ9』を兼務(永井はニュースリーダー、他はリポーター)。

上記以外、担当期間外の出演者(祝日は除く)編集

  • 山下俊文(1997年9月1日〜12日)
  • 岡野暁(1998年8月17日〜21日、1999年5月24日〜28日、2000年3月13日〜17日)
  • 伊藤雄彦(2000年8月7日〜11日、2000年9月18日〜22日)
  • 飯田紀久夫(2000年9月1日)
  • 藤井克典(2002年2月12日〜25日)
  • 橋爪秀範(2002年8月19日〜23日)
  • 内多勝康(2003年8月18日〜29日)
  • 宮崎浩輔(2004年8月16日、19日、25日)
  • 水谷彰宏(2005年8月17日〜19日)
  • 金子哲也(2006年8月11日)
  • 小松宏司(2006年8月14日〜18日)
  • 塩屋紀克(2007年8月6日〜10日、2015年10月7日、2016年3月11日、9月20日、2017年12月11日、2018年1月12日)
  • 平野哲史(2007年8月13日〜17日)
  • 鈴木奈穂子(2008年7月28日〜8月1日、6日)
  • 上岡亮(2009年9月7日〜11日、2010年2月22日〜26日)
  • 阿部悌(2009年9月24日、25日)
  • 中尾晃一郎(2010年8月2日〜6日)
  • 三橋大樹(2010年8月9日〜13日)
  • 池田達郎(2011年8月11日、2012年6月19日)
  • 佐藤龍文(2012年12月26日〜28日、2013年12月25日〜27日)
  • 田中洋行(2014年12月16日〜19日、2015年5月20日〜22日)
  • 佐藤誠太(2016年8月3日)
  • 中澤輝(2016年8月15日)
  • 石井かおる(2016年11月7日)
  • 三上弥(2016年11月9日、2017年5月1日、10月10日、16日、18日、11月30日、2018年3月27日)
  • 井上裕貴(2017年5月19日、6月20日、8月28日〜9月8日、10月17日、2018年1月15日〜19日)
  • 北野剛寛(2017年7月5日)
  • 山本哲也(2017年10月19日、20日)
  • 廣田直敬(2017年10月23日)
  • 大沢幸広(2017年12月1日)
  • 原口雅臣(2017年12月13日、2018年3月8日、6月20日、7月10日、17日、11月15日、22日)
  • 塩澤大輔(2018年3月14日)
  • 大槻隆行(2018年3月16日)
  • 田所拓也(2018年5月23日、8月8日、10月19日)
  • 鹿島綾乃(2018年6月21日、7月4日、8月3日、10月23日、12月11日、12日)
  • 飯島徹郎(2018年6月22日、29日、7月25日、8月24日、9月4日、5日、21日、10月5日、11月30日)
  • 吉田浩(2018年7月19日、9月19日、25日、10月26日)
  • 漆原輝(2018年8月23日、30日)
  • 小澤康喬(2018年8月27日)
  • 金子峻(2018年9月12日)
  • 深川仁志(2018年9月14日)
  • 杉嶋亮作(2018年10月2日、9日)

祝日版「ニュース845」キャスター編集

  • 関東・甲信越ブロック放送

2006年4月から2012年3月までは、18:45の首都圏ニュースを兼務

  • 2004.04~2006.03 宮崎浩輔
  • 2006.04~2012.03 山本哲也 ほか首都圏センター所属のアナウンサー
  • 2012.04~2012.07 シフト勤務

以降、『NHKニュース7』サブキャスター(森田のみ『ニュースウオッチ9』『ニュースチェック11(祝日は休止)』ニュースリーダー)を兼務。

その他編集

  • テロップは祝日版も含めて首都圏ネットワークと同じ物が使われている。52分頃に流れる各地の映像も、首都圏ネットワーク(最初の気象情報の前)で流れたものが使われることが多い。
  • 稀に前番組の延長や特別編成・緊急ニュースなどで放送時間が変更された上で5分間または10分間の『首都圏ニュース』や『NHKニュース』として放送される場合がある。この場合、オープニングのCGは省略される。また、5分間の放送になる場合はキャスターによるニュース・気象情報のみになり、気象予報士は登場しない。主な具体例は以下の通り。
    • 2008年8月6日と7日は上記の番組名に差し替えた上で20:50から10分間放送した。これは直前までNHKスペシャルを放送していたため。オープニングはなく、夏の高校野球の結果を伝えた後にそのまま気象情報用のセットに場面が変わり、佐藤公俊による気象情報が行われた(キャスターと気象予報士が共にいるパターンではなかった)。
    • 2010年6月4日は、民主党代表選挙並びに新首相選出関連報道特番などの影響により20:58-2100までの2分間、関東地方の気象情報としての放送となったが、この日は気象予報士の斉田季実治単独での出演ではなく、通常放送の気象情報と同じ形式での放送となり、当時キャスターだった池田達郎アナと斉田季実治気象予報士のやりとりで放送された。
    • 2011年7月29日は新潟・福島豪雨でNHKニュース7が延長したため22:00~22:15に一度編成されたが、その後のニュースウオッチ9も延長したため、実際には22:10から5分間放送された。
    • 2012年8月7日にはオリンピック中継関連の影響で、ニュースウオッチ9が10分間前倒しとなり、20:45から5分間のみの首都圏ニュースとして放送された。
    • 2012年8月8日は当初の予定では通常通り放送する予定だったが、民主自民公明3党による党首会談関連の特設ニュースを20:30ごろからニュースウオッチ9の開始時刻まで放送した関係で放送が中止となり、急遽22:10~22:15までの5分間首都圏ニュースとして放送された。[8]
    • 2012年12月26日はNHKニュース7の時間枠拡大に伴い、次番組の「2012スポーツハイライト つながる思いが、チカラに」が12分遅れたため、20:55から5分間のみの首都圏ニュースとして放送された。
  • NHKの各BSや海外向けNHKワールド・プレミアムでは通常は本番組は放送されていない(過去にNHKワールドTVを含めて放送された時期もある)。ただし、特別編成や特設ニュースがあった場合、編成上の都合で臨時に放送されることがある(この場合、ノンスクランブル放送も原則として実施するが、スクランブル配信の場合もある)。
    • 2001年9月のアメリカ同時多発テロ関連ニュースに伴う特別編成で過去1回だけデジタル衛星ハイビジョンで特別放送されたことがある。
    • 2008年12月26日は海外向けテレビ番組配信のNHKワールド・プレミアムでも同時放送された(ノンスクランブル放送非実施)。また、2010年6月30日も21:00~21:15の時差放送ではあるが放送された(ノンスクランブル放送実施)。これは通常、国内と同時放送されているニュースウオッチ9がFIFAワールドカップ関連を一部カットした22:00からの時差放送を行う関係から代替番組として放送された。2011年2月22日もニュージーランド地震関連のニュースに続き、20:50~21:00の「首都圏ニュース」も関東地方と同時に放送された(ノンスクランブル放送実施)。
    • 2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震東日本大震災)に伴い、BS1が総合テレビと同時放送を行っていた関係で、3月21日(「ニュース845」)・22日~24日の放送はBS1、NHKワールド・プレミアム(スクランブル配信)でも放送された。
    • 2012年12月26日は先述のとおりNHKニュース7の時間枠拡大に伴い、次番組の「2012スポーツハイライト つながる思いが、チカラに」(NHKワールド・プレミアムは放送権上の制約のため別番組差し替え)が12分遅れの開始に伴う番組編成変更で、20:55から5分間の「首都圏ニュース」を特別に編成し、関東地方と同時に放送された(スクランブル配信)。
    • 一時期、「首都圏ニュース845 終」のCGテロップが出ていた時期があった。
    • 56分頃にシングル曲と共に映る生け花だが、2012年以降の祝日はお天気カメラにシングル曲とCGが流れるスタイルになった。
    • 2002年から52分頃に花の紹介や地域の文化を紹介する映像が流れるようになり、現在に至る。数年間は、花の紹介が中心だったが、2008年頃から地域の文化の紹介と花の紹介をするスタイルになった。
    • 2013年あたりから52分の映像は時々、お天気カメラの中継でテーマ曲のアレンジ版6秒(気象コーナー前と同様)か15秒版が流れるようになった。

脚注編集

  1. ^ 2017年5月1日 三上弥担当
  2. ^ 内多が「首都圏いきいきワイド」を担当していて地方取材などの場合は「首都圏ネットワーク」担当の岡野暁伊藤雄彦が担当した。
  3. ^ 同じく真下も「首都圏ネットワーク・17時台」を担当していた2003年度で地方取材などの場合は、同番組18時台担当で当番組前キャスターの内多勝康アナが担当した。
  4. ^ 2011年3月のレギュラー降板後も『NHKニュース7』の延長などで守本・久保田が出演できない場合、代わりに出演する場合があった。
  5. ^ 2012年度までは『ゆうどきネットワーク』に内包され16:55 - 17:05に放送。2013年度は独立番組となり17:00 - 17:10に放送されたが、2014年度より時間はそのままで『ゆうどき』に内包される形となった。なお、2015年度以降は『ニュース シブ5時』が休止される大相撲または高校野球の開催期間中、17:00前後に3分程度挿入されるニュースを担当。
  6. ^ 2012年12月24日は守本奈実、2013年12月23日は松村正代が担当。
  7. ^ 2015年1月12日は上條倫子が担当。
  8. ^ セットは通常セットではなく、定時ニュースのセットで放送された。

夜の首都圏ニュースの変遷編集

外部リンク編集