メインメニューを開く
首都防衛司令部の部隊章
首都防衛司令部の憲兵

首都防衛司令部(しゅとぼうえいしれいぶ、朝鮮語: 수도방위사령부)は、韓国陸軍の大統領直属部隊の司令部。通称「盾部隊」。

首都ソウル)防衛を任じており、大統領の直属である。本司令部隷下の部隊は第2作戦司令部とともに韓国軍内において有事の際、唯一韓国政府が単独で統制権を行使できる実力部隊である。

目次

沿革編集

1949年6月20日、ソウル防衛の任を負い首都警備司令部朝鮮語: 수도경비사령부)として創設され、第2連隊、第3連隊、第18連隊を擁していたが、朝鮮戦争中、混成首都師団に再編・解体された。

1961年6月1日、国家再建最高会議令第37号に基づき、ソウル特別市 龍山区厚岩洞で首都防衛司令部として再創設され、1年後中区筆洞に司令部が移転。以後名称を首都警備司令部へと戻した。首都防衛のみを任務としていたが、青瓦台襲撃未遂事件以降、対浸透作戦任務が追加された。

1984年にソウル近郊の多数団と動員師団を編入し、首都防衛司令部は軍団級部隊となった。1990年には漢江以北に2つの隷下動員師団が創設され、1991年3月1日には再び筆洞から冠岳区南峴洞南泰嶺に移転。1996年に12月17日景福宮 30警備団と33警備団( "不死鳥部隊")が統廃合され、1警備団が創設された[1]

2008年11月24日、国防部で開催された国防改革2020公聴会で発表された基本計画調停案によると、第7機動軍団に加えて、1個機動軍団を増便して首都防衛司令部を解体する予定だった。それに応じてソウル市内の防衛を首都軍団が委任される予定だったが、翌日急遽提案を修正して逆に首都軍団を解体、残る首都防衛司令部を地域軍団級部隊として砲兵戦力と機動戦力を大幅に強化させる方針に転換した[2][3]。国防改革2020の廃止に伴い、これらの計画は白紙となった。

2011年11月30日、国防改革基本計画に基づく首防司改編に応じて57郷土歩兵師団が第56郷土歩兵師団に統廃合された。そして翌日12月1日、首都圏とソウルで二元化されている首都圏防空作戦を一本化するべく、第3軍の第1防空旅団(1975年9月15日創設)が第10防空団へと再編されて首都防衛司令部に編入された。

2011年12月1日、唯一の機甲部隊だった第19戦車大隊が機械化歩兵部隊に改編された第8師団隷下16連隊(現「第16機械化歩兵旅団」)へと編入された。

編成編集

大韓民国陸軍
Republic of Korea Army
 
国防部
陸軍本部
主要部隊
第1軍
第2軍
第3軍
師団一覧
連隊一覧
廃止部隊等一覧
主要機関
陸軍士官学校
陸軍大学
首都防衛司令部
特殊戦司令部
航空作戦司令部
軍需支援司令部
教育司令部
歴史・伝統
韓国陸軍の歴史
その他
階級一覧
装備品一覧

司令官編集

氏名 出身 在任期間 前職 後職 備考
漢字表記 ハングル表記 着任 退任
1 権俊 권준 黄埔4期 1949年7月1日 1950年6月18日 第106旅団長 第1訓練所長
2 李鍾賛 이종찬 士候49期 1950年6月18日 1950年6月28日 政訓局長 混成首都師団長
1961年再編
1 金振暐[4] 김진위 陸士3期[5] 1961年 1965年 第37師団長 第2訓練所長
2 崔宇根朝鮮語版 최우근 陸士3期 1965年 1970年 第11師団長 第1軍団長
3 尹必鏞朝鮮語版 윤필용 陸士8期 1970年 1973年3月 首都歩兵師団長 なし 汚職により除隊
4 陳鍾埰 진종채 陸士8期 1973年3月 1975年2月28日 首都歩兵師団長 国軍保安司令官朝鮮語版
5 車圭憲朝鮮語版 차규헌 陸士8期 1975年 1978年 作戦参謀部次長 首都軍団長 ハナフェ
6 全成珏[6] 전성각 陸士8期 1978年 1979年11月16日 大統領警護室次長 第3軍団長
7 張泰玩 민기식 陸行11期 1979年11月16日 1979年12月12日 教育参謀部次長 予備役 粛軍クーデターにより解任
8 盧泰愚 노태우 陸士11期 1979年12月 1980年8月23日 第9師団長 保安司令官 ハナフェ
9 朴世直朝鮮語版 박세직 陸士12期 1980年8月23日 1981年 第3師団長 なし
10 崔世昌朝鮮語版 최세창 陸士13期 1981年 1982年11月 第20師団長 第1軍団長
11 李鐘九朝鮮語版 이종구 陸士14期 1983年5月 1985年5月 第9師団長 保安司令官
12 高明昇朝鮮語版 고명승 陸士15期 1985年5月 1986年7月4日 人事参謀部長 保安司令官
13 権丙植[7] 고명승 陸士15期 1986年7月4日 1987年 陸軍三士官学校長 参謀次長
14 金振永朝鮮語版 김진영 陸士17期 1987年 1989年 ? 教育司令官 ハナフェ
15 具昌会 구창회 陸士18期 1989年 1990年10月10日 ? 機務司令官
16 金鎮渲 김진선 陸士19期 1990年10月10日 人事参謀部長 陸軍参謀次長
17 安秉浩 안병호 陸士20期 保安司令官秘書室長 第2軍副司令官
18 都日圭 도일규 陸士20期 1994年12月 ? 第3軍司令官[8]
19 韓勝義 한승의 陸士22期 1994年12月 1996年10月 国防部政策企画官 合参本部人事軍需部長
20 金仁鍾 김인종 陸士24期 1996年10月 1998年 国防部政策企画官 国防部情報本補佐官
21 南在俊 남재준 陸士25期 1998年 2000年4月 人事参謀部部長 合同参謀作戦本部長
22 金昌鎬 김창호 陸士26期 2000年4月 2軍参謀長[9] 合同参謀作戦本部長
23 李商泰[10] 이상태 陸士27期 2004年3月 国防部国際協力官 国防大学総長
24 金泰栄朝鮮語版 김태영 陸士29期 2004年 2005年 政策企画局長 合同参謀作戦本部長
25 李永桂 이영계 陸士30期 2005年 2006年 情報作戦参謀部長 教育司令官
26 韓民求 한민구 陸士31期 2006年 2008年 国防部政策企画官 陸軍参謀総長
27 朴正二 박정이 陸士32期 2008年 合参作戦部長 合参発展本部長
28 権赫舜朝鮮語版 권혁순 陸士34期 合参本部軍事支援本部長 合参本部作戦本部作戦部長
29 朴男秀 박남수 陸士35期 2011年4月 2012年11月 合参本部作戦企画部長 陸士校長
30 申元植朝鮮語版 신원식 陸士37期 2012年11月 2013年 国防部国防政策室政策企画官 合参本部作戦本部長
31 金龍顯[11] 김용현 陸士38期 2013年10月 合参本部作戦部長

参謀長編集

  • 崔昌彦:1949.7.1 - 1949.7.30
  • 宋錫夏:1949.7.30 - 1950.2.15
  • 張錫倫:1950.2.15 -
  • 南在俊:1993 - 1995

備考編集

  • 昔は通称「維新服(유신복)」と呼ばれる専用迷彩服が支給された。[12]

脚注編集

  1. ^ “12.12模擬政治軍人産室 景福宮30警備団締め切り(12.12 모의 정치군인 産室 경복궁 30경비단 마감)”. 中央日報. (1996年12月26日). http://pdf.joins.com/article/pdf_article_prv.asp?id=DY01199612160018 2015年12月2日閲覧。 
  2. ^ “軍団1個増便...首防司解体(육군 군단 1개 증편...수방사 해체)”. YTN. (2008年11月24日). http://www.ytn.co.kr/_ln/0101_200811241224492246 2015年12月2日閲覧。 
  3. ^ “首防司 軍団級へ部隊改編(수방사 군단급으로 부대 개편)”. ソウル新聞. (2008年11月25日). http://www.seoul.co.kr/news/newsView.php?id=20081125005005 2015年12月2日閲覧。 
  4. ^ “5・16軍事革命と今日の韓国 31 第1251号(5·16군사혁명과 오늘의 한국 31 제1251호)”. 韓国長老新聞. (2010年11月13日). http://www.jangro.kr/Jculture/detail.htm?aid=1289374008&PHPSESSID=acdufkrg 2015年12月2日閲覧。 
  5. ^ “金振暐初代首防司令官死去(김진위 초대 수방사령관 별세)”. 韓国日報. (2003年12月21日). http://economy.hankooki.com/ArticleView/ArticleView.php?url=news/200312/e2003122116515119210.htm&ver=v002 2015年12月2日閲覧。 
  6. ^ 将軍たちの夜 10時間30分(1)(장군들의 밤 10시간 30분(1))”. 趙甲濟ドットコム (2003年7月15日). 2015年12月2日閲覧。
  7. ^ 權丙植
  8. ^ “新3軍司令官都日圭大将任命 - 首防司は韓勝義中将(신임 3軍사령관 都日圭대장 임명-首防司는 韓勝義중장)”. 中央日報. (1994年12月24日). http://gangnam.joins.com/news/article/Article.aspx?total_id=2990740&sc=&mc= 2015年12月2日閲覧。 
  9. ^ “陸海空軍の将星人事断行 - 首防司令官に金昌鎬中将육해공군 장성인사 단행-수방사령관에 김창호중장)”. 全北道民日報. (2010年4月24日). http://www.domin.co.kr/news/articleView.html?idxno=642542 2015年12月2日閲覧。 
  10. ^ “合同参謀議長李相憙、陸軍総長金章洙将軍 有力なよう(합참의장 이상희, 육군총장 김장수 장군 유력한 듯)”. 朝鮮日報. (2005年3月11日). http://bemil.chosun.com/nbrd/bbs/view.html?b_bbs_id=10067&num=142 2016年6月27日閲覧。 
  11. ^ '13年後半の閣僚将校人事断行
  12. ^ http://imgur.com/gallery/CTA6N

関連項目編集