メインメニューを開く

首都高バトル01』(しゅとこうバトルゼロワン)は、元気2003年7月24日に発売したPlayStation 2レーシングゲームで、首都高バトルシリーズの一本。

首都高バトル01
ジャンル レースゲーム
対応機種 PlayStation 2
開発元 元気
発売元 元気
人数 1〜2人
メディア DVD-ROM
発売日 2003年7月24日
2004年9月16日(the Best)
デバイス DUAL SHOCK 2
GT FORCE
テンプレートを表示

前作『首都高バトル0』のアップグレード的存在で、基本的なシステムは同様だが、多くの部分で変更が加えられている。

また、本シリーズで初めてメーカー公認の実車を収録した作品でもある。

目次

あらすじ編集

2年前、首都高最強の走り屋「迅帝」が、一人の走り屋に敗れた。彼と共に首都高を牛耳っていた『十三鬼将』も散り散りになり、再び首都高を混沌が包み込む。さらに、首都高の弱体化に呼応して、名古屋大阪でも新たな勢力が生まれていった。

前作からの変更点編集

コースの追加、およびエリアの概念編集

本作では首都高以外の2地域の高速道路も収録。阪神高速から構成される阪神エリア、名古屋高速及び東名阪道(現・名二環)から構成される名古屋エリアが追加され、従来の首都高速に関しても、横浜環状(横羽線狩場線湾岸線大黒線で構成)が追加された。その一方で八重洲線は削除されている。

阪神エリアに関しては、湾岸線大浜出入口から堺線堺出入口まで一般道である国道26号線で繋がっており、沿道には店舗や信号機が見られる。

QUESTモードではエリア毎にライバルが存在し、各エリアのボスを倒すことでゲームが進行する。ライバルの総数は600で、前作の1.5倍[1]

バトル形式の追加編集

本作でもSPバトルは健在。加えてこれまでの1対1以外の対戦形式も用意されるようになった。これは、同社製の『湾岸ミッドナイト』に登場したシステムを移殖したものである。

1VS2バトル
プレイヤーが2名のライバルと同時に対決する形式。両者のSPを0にしないと勝利にならない。パッシングした時点で2台が同時に現れるケースと、最初に1台と1対1のバトルを行い、ライバルのSPが一定値を切った段階でもう1台が参加し、再度1対2のバトルとして仕切り直されるケースがある。後者の場合、敵のSPは完全に回復するが、プレイヤーの回復量はあまり多くない。
連続バトル
ライバルのSPが0になると即座に次のライバルが現れ、連続してバトルすることになる形式。最後に現れるライバルを倒さなければ勝利にならず、途中で負ける・引き分けるともう1度最初のライバルからやり直さなければならない。連戦中プレイヤーのSPは回復しないが、50%を切っていた場合のみ50%まで回復する。このうち、名古屋・阪神エリアの最終決戦には最大で3連続のバトルが存在しており、精神的にもマシンコンディションにも辛いものとなっている。

天候編集

晴天に加え、新たに雨天・雷雨・雪の天候が設定された。天候は1日ごとに各エリア個別で設定される。

追加された3つの天候はいずれも路面ミューが低下し、晴天時より滑りやすくなっている。路面が濡れているため、晴天時とは逆に排水性が高いノーマルタイヤが最もグリップが高くなる。また外気温が低いため、後述の油温と水温も上がりにくくなっている。

タイムアタックモードやフリー走行モードでは、コース選択時に晴天と雨天を選択することができる。

油温・水温編集

本作で可視化されたパラメータ。文字通りエンジン内のオイル温度と冷却水温度を表しており、長時間のアクセル全開やブーストアップで上昇し、回転数を低めに抑えると緩やかに下降する。

一定以上の危険な数値に達するとオーバーヒートし、マフラーから白煙を噴きエンジンパワーが急激に低下する。上昇や下降の具合は天候によって変化し、雨天時にはオーバーヒートしにくくなっている。

ピットエリア(後述)に入るか、ガレージに戻ると数値はリセットされる。

ピットエリア編集

前作では封鎖されたエリアに突入すると、強制的にガレージに帰還させられていたが、本作ではそういったエリアの一部や未収録エリア、PAなどが新たに「ピットエリア」に設定された。走行中にピットエリアに入るとピット画面に移行し、セッティングの変更やライバルリストの閲覧、コースの走行方向の変更を行うことができる。また、油温・水温を初期数値にリセットする効果もある。バトル中にピットエリアに入ると本線に強制的に戻され、バトルは即座に終了し引き分けとなる。

カスタマイズの強化編集

前作以上に多くの部分でチューニングやデコレーションができるようになっている。本作ではボディ全体のテクスチャのデザインを行えるボディペイントが追加され、ボディ各部のテクスチャを自由にデザインできるようになった。また、PS2のUSB端子にマウスを繋ぐと、カーソルをマウスで操作できるため、さまざまなペイントが作れる。

その他実在のタイヤメーカーのホイールも採用しているほか、窓の透明度やボディの反射率、ヘッド、テールライトのアイラインなど、非常に細かい部分でのデコレーションが充実している。

一部車種には外観に変化が加わるようなカスタマイズがほぼ不可能なものも存在する。カスタムカーのカラー変更・ホイール交換は今作からできなくなった。

ナンバープレートのカスタム機能は健在。フロントナンバープレートに関しては、位置や有無も変更できる。

エンジンチェンジ編集

前作のLPSを引き継いだシステム。総走行距離が2000kmを超えたノーマルカーで行うことができる。搭載するエンジン自体を別のものに取り替えるため、気筒数やターボチャージャーの有無で特性も大幅に変わる。高額なチューニングだが、ノーマルの最高レベルチューンを超えるスペックを手に入れる事ができる。全ライバルを倒すことで、走行距離にかかわらず実行可能な全ての車でできるようになる。

ラスボス編集

『伝説の幻』と位置づけられている。プレイヤーのこれまでの走行パターンを記憶したボスが登場。

プレイヤーと同じ車種半透明の姿で登場し、走行ラインを妨害してもすり抜けて行き、パワーもプレイヤーを上回るように設定されている。勝利してもライバルリストには載らず、その後は一切登場しない。

実車の採用編集

前作までは実車の形式番号そのままな名前や、そっくりなボディをもっていてもあくまで“架空の車種”となっていた本シリーズだったが、本作からは自動車メーカーからのライセンス許可を受け、登場する車は公認された実車になっている。

これによって車名も実際のものとなり、モデリングの質も上昇した。海外車種も増加し、これまでのダッジ・バイパーの他、シボレー・コルベットポンティアック・ファイヤーバードポルシェのコンプリートカーであるゲンバラフォード・マスタングフォード・GTフォルクスワーゲン・ニュービートルフォルクスワーゲン・ゴルフなどが追加されている[2]

ただしライセンス取得の関係上、Hondaの車種は収録されていない。

本作の首都高は「サーキット」という設定で、それに基づき細かな演出が変更されている。先述の「ピットエリア」もそのひとつである。

アザーカーの変更
従来の乗用車や大型車は全て廃止され、「GENKI RACING PROJECT・GRP」のロゴをまとった黄色い“オフィシャルカー”に統一された。車種はトヨタ・ハイエース[3]
オービスの廃止
前作には一定の速度以上で通過すると画面が赤くフラッシュし、罰金を取られるオービス(自動速度取締機)があった。本作の首都高はサーキットという設定のため撤廃。

登場車種編集

前作に比べ車種は大幅にダウンし通常車77台+敵の扱うチューニング済みのカスタムカー37台の合計114台となった。

DAIHATSU
ISUZU
MAZDA
MITSUBISHI
NISSAN
SUBARU
SUZUKI
TOYOTA
DETOMASO
DODGE
FORD
GEMBALLA
GM
LOTUS
MERCEDES-BENZ
VOLKSWAGEN

その他要素編集

  • 一部のWANDERER及びBOSSは、バトル時にオーラ[5]を纏う。
  • 首都高エリアのボス「ブラッドハウンド」と雨コンディションでのバトル時、雨滴及び水しぶきが赤くなり、を想起させるものとなる。
  • 首都高エリア第1部のラスボス「ユウウツな天使」とのバトル時、画面が青くなり閃光が走り抜ける独特なエフェクトが発生する。
  • 首都高エリアのワンダラー「死神ドライバー」のカスタムカー(日産・シルビア)に搭乗すると、アザーカーが白色に変化する。車内からは幽霊が目を覗かせている。
  • レベル1以上のエンジンを装着、或いはエンジンを換装したNA(自然吸気)車でSELECTボタンを押しながらコースインすると、ターボ車のブーストアップに相当するニトロがバトル中に3回まで使用可能となる。使用中はマフラーから火を噴きながら加速するが、水温・油温も上昇する。

など、他にも多く存在する。

また、すべてのライバルを倒すとキープガレージという名前で車種を引き継ぎ最初からすべての車種・パーツが購入可能かつ最初からエンジンが換装可能な状態(いわゆる「強くてニューゲーム」)で2周目が開始できる。

脚注編集

  1. ^ 一部のライバルは実在の人物である。首都高バトル0の公式ページで行われていた「ドレスアップコンテスト」の出場者のほか、織戸学谷口信輝といった著名な人物も出演している。
  2. ^ 首都高バトル0に登場していたプジョーBMWは今作には登場していない(プジョーは没データとして、406セダン206のみ存在が確認されている)。
  3. ^ ハイエースは購入可能にする予定だったのか、ガレージでの車名表記が存在している。このほか、没データとしてトラック2台の存在が確認されている。
  4. ^ カスタムカーの没データが存在している。
  5. ^ 多くのライバルはテーマカラーに沿った色のものを纏うが、稲妻型のものや色に変化するものも存在する。