メインメニューを開く

首都高速6号三郷線

日本の東京都葛飾区から埼玉県三郷市に至る首都高速道路

首都高速6号三郷線(しゅとこうそく6ごうみさとせん)は、東京都葛飾区小菅ジャンクション(JCT)で中央環状線と分岐し埼玉県三郷市三郷JCTに至る首都高速道路路線である。

首都高速道路
首都高速6-Misato号標識
首都高速6号三郷線
地図
首都高速道路(赤線)及び周辺高速道路・有料道路のルート図。上部の6が6号三郷線。
路線延長 10.6 km
開通年 1985年
起点 東京都葛飾区小菅JCT
主な
経由都市
東京都足立区埼玉県八潮市
終点 埼玉県三郷市三郷JCT
接続する
主な道路
記法
Shuto Urban Expwy Sign C2.svg中央環状線
Tokyo-Gaikan Expwy Route Sign.svg東京外環自動車道
Joban Expwy Route Sign.svg常磐自動車道
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路

埼玉県内に乗り入れる首都高速道路としては初の路線となった。埼玉県内も通る路線だが、全線が東京外環自動車道以南であるため、東京線扱いである。

小菅JCT - 加平は60 km/h、加平 - 三郷JCTは80 km/hの最高速度である。

目次

接続高速道路編集

出入口など編集

出入口
番号
施設名 接続路線名 起点から
(km)
備考 所在地
首都高速中央環状線(C2) 堀切葛西方面
- 小菅JCT 首都高速中央環状線(C2) 0.0 東京都 葛飾区
651 加平出入口 環七内回り 2.2
2.3
銀座湾岸線方面出入口 足立区
- 加平PA - 常磐道・三郷方面
652 加平出入口 環七外回り 常磐道・三郷方面出入口
653 環七外回り 銀座・湾岸線方面出入口
654 環七内回り 常磐道・三郷方面出入口
655 八潮南出入口 5.2 銀座・湾岸線方面出入口 埼玉県 八潮市
656 八潮三郷線 6.1 常磐道・三郷方面出入口
- 八潮PA - 銀座・湾岸線方面
- 八潮本線料金所 - 銀座・湾岸線方面
657 八潮出入口 八潮三郷線 7.1 銀座・湾岸線方面出入口
661 三郷出入口 国道298号 10.2 銀座・湾岸線方面出入口 三郷市
661 三郷JCT C3 東京外環自動車道
E6 常磐自動車道
常磐自動車道 谷和原つくば水戸ひたちなかいわき方面

歴史編集

  • 1985年(昭和60年)1月24日 : 小菅JCT - 三郷JCTが開通、全線開通

交通量編集

24時間交通量の変遷(道路交通センサス(国土交通省関東地方整備局)

観測地点地名 平成11年度(平日) 平成17年度(平日) 平成22年度 平成27年度
八潮南出入口 - 都県境
(八潮市浮塚626)
97,887 93,708 100,608 96,409

渋滞ポイント編集

首都高速の中でも3号渋谷線4号新宿線6号向島線と並んで渋滞が発生しやすい路線である。渋滞は小菅JCTと堀切JCTでの連続合分流(中央環状線からのが合流する)のため発生しやすい。小菅JCT - 堀切JCT間は、6号三郷線・6号向島線と中央環状線とが完全に重複している。同区間は内回り・外回りともに4車線化されているが、6号線同士と中央環状線同士を結ぶ動線は平面上で交差しており、4車線であっても織り込みが発生する。この為、この区間の混雑は激しく、湾岸線辰巳JCT - 葛西JCT間に次いで首都高速第2位の混雑区間となっている[要出典]。 このため、小松川JCT(京葉道路方面と堀切JCT方面、2019年度〈平成31年度〉完成予定)[1]を整備する計画となっている[2]

ギャラリー編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ C2首都高中央環状線 小松川ジャンクション”. 東京SMOOTH. 首都高速道路. 2018年6月28日閲覧。
  2. ^ 都道首都高速1号線等に関する協定の一部を変更する協定(平成25年3月21日付け) (PDF)”. 日本高速道路保有・債務返済機構. 2018年6月28日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集