メインメニューを開く

香害(こうがい、かおりがい、: fragrance pollution)とは、香水や香りつき洗濯洗剤柔軟剤などの香料に含まれる香り成分に起因し、頭痛アレルギーなどの症状が誘発され、化学物質過敏症などの健康被害を生じる[1][2][3][4]

香りの感じ方には個人差が大きい。不快感のみならず、喘息や頭痛、吐き気といった身体症状を発する例もある[1][5][6]。香り成分は空気中に漂うため受動的に曝露することになり、いわば香り成分による公害であることから「公害」をもじって「香害」と呼ばれるようになった。発生要因として、香料成分をマイクロカプセル化した残香性の高い製品や[7]、洗濯時に香りが強く残る柔軟剤を使用することなどがある[8]

歴史編集

2000年代半ば頃から香りの強い柔軟剤が普及したことにより、この種の苦情が国民生活センター全国消費生活情報ネットワークシステム(PIO-NET)や日本消費者連盟に多く寄せられるようになった[9][10]。2013年には国民生活センターが情報提供を行っている[11]。2014年、静岡県環境衛生科学研究所により、柔軟剤の香り成分の含有量、使用量の変化に伴うタオルへの香り成分残存量と香りの強さに関する商品テストが実施され、柔軟剤の香り成分には海外の化粧品に関する法令でアレルギー物質として表示が義務付けられている成分や、揮発性有機化合物(VOC)である成分が使用されていることが判明した[12]

また、同年、国立医薬品食品衛生研究所生活衛生化学部の研究グループにより、市販の高残香性衣料用柔軟仕上げ剤20製品を対象として、それぞれの製品から抽出した揮発性の成分を評価した。その結果、うち18製品が侵害受容器であるTRPイオンチャネルの一種TRPA1の活性化を、対照群の2倍以上引き起こすことが明らかとなり、柔軟仕上げ剤中の香料成分がTRPイオンチャネルの活性化を介して、気道過敏性の亢進を引き起こす可能性が示唆された[13][14]。なお、現在では、そのTRPA1の活性化が、炎症疼痛の発生、呼吸器症状や循環器症状および神経毒性に関与することが、近年の研究により明らかになってきている[15]

洗剤に含まれるマイクロカプセルが人体にも悪影響を及ぼすとみられ欧州では規制が始まっている[16][17]令和元年5月には日本消費者連盟から使用禁止を求める提言が出された[18][19]

上記のように、香害の問題が提起・認識されるようになったのは、香りが強い洗剤・柔軟剤の販売による面が大きい。これに対して、石鹸製品メーカーが香害を批判する広告を展開するといった動きもある[20][21]

法律編集

公共の場所における香りの禁止編集

喫煙については公共の場所では世界的に禁止になりつつあるが、香りについては個人の判断に委ねられている地域がほとんどである。カナダハリファックスでは2000年にいわゆる香水禁止条例が制定されており、学校、図書館、裁判所のほか、職場や劇場、店舗など、公共の建物全てにおいて、香水の使用が禁止されている[22]。日本においては香料自粛のお願いの取り組みをしている自治体に大阪府大阪狭山市、大阪府阪南市、広島県海田町、岐阜県岐阜市がある[23]。この他、自治体へ質問書などが送られているものもある[24][25]

ヨーロッパ編集

ヨーロッパでは、2005年3月11日から、アレルゲンとなる香料26物質の表示義務が施行された[26]

香りの害編集

日常生活編集

繰り返す咳や目眩、吐き気、呼吸困難を引き起こす場合があるが、「神経質な人認定された」など学校や会社での無理解に苦しむ人も多い。また、香りを付けている本人は香りに気づかない場合が多く、香料自粛のお願いをパンフレットなどで呼びかけている自治体や病院もあるがまだ一部にとどまっている。

健康編集

査読論文によれば、アトピー型喘息患者などで、ある種の香料が喘息反応を引き起こすことが確認されている[27]。多くの香料成分は、頭痛、アレルギー性皮膚反応[28]、吐き気[29][30][31]もまた引き起こすことがある。

場合によっては、香水の過剰使用はアレルギー性皮膚炎を引き起こすことがある。 例えば、アセトンアセトフェノンなどである[32]

また、発癌性アレルゲンが指摘されている物について、欧州連合(EU)消費者安全科学委員会(SCCS, formerly the SCCNFP [33])等、さまざまな国の機関による調査報告がなされ、EU Cosmetics Regulation (Entry 102, Annex III of the EU Cosmetics Regulation)[34]や国際フレグランス協会等によって制限・規制されている[35]

動物・虫への害編集

人間に害が無い場合でも、防虫剤のように他の生物に影響を与える場合もある。ペットの健康被害も発生している[36][37]

環境問題編集

大量に使われている合成ムスクが、環境中に放出され海底などからも検出されている[38]

出典編集

  1. ^ a b 吹角隆之、「トピックス4. 皮膚科領域におけるアレルギーと環境因子 : 化学物質過敏症への環境医学的アプローチとその皮膚症状について(XVI.環境因子とアレルギー,専門医のためのアレルギー学講座)」 『アレルギー』 2014年 63巻 10号 p.1304-1310, doi:10.15036/arerugi.63.1304、日本アレルギー学会
  2. ^ 香害 - コトバンク
  3. ^ 日本で「鼻戦争」が勃発―香り付き柔軟剤に苦情も ウォール・ストリート・ジャーナル日本版 2013年 12月 13日
  4. ^ 柔軟剤などの「香害」で体調不良、学校現場の制汗剤でも発生…消費者団体が強い危機感 2017年12月30日 弁護士ドットコム
  5. ^ 柔軟剤の「香害」問題 背景に匂いにワガママな人の増殖あり NEWSポストセブン
  6. ^ 強烈な香料入り洗濯用洗剤は危険!においで健康被害続出…頭痛や吐き気、喘息、鼻炎 ビジネスジャーナル 2016.06.13
  7. ^ 岡田幹治:香りマイクロカプセルで「香害」拡大 日消連などが使用禁止求める 週刊金曜日オンライン 記事:2019年6月18日
  8. ^ 人工的な香りを嗅いで体調不良になったことがある女性は32% - 症状は? マイナビニュース 2016/07/15
  9. ^ 柔軟剤で頭痛やめまい?広がる「香害」の実態 きっかけは海外企業が投入した新商品だった 東洋経済ONLINE(2017年11月18日)2018年10月3日閲覧。
  10. ^ キレイ好きが病を招く “香害”深刻化の背景とは?
  11. ^ 柔軟仕上げ剤のにおいに関する情報提供 (PDF) - 独立行政法人国民生活センター、2013年9月19日
  12. ^ ちょっと気になる『柔軟剤の香り成分』-静岡県環境衛生科学研究所 2014年6月
  13. ^ 香川(田中)聡子, 大河原晋, 田原麻衣子 ほか、「家庭用品中の香料成分によるヒト侵害受容器TRPA1の活性化」 『日本毒性学会学術年会』 第41回日本毒性学会学術年会 セッションID:P-163, 2014年, doi:10.14869/toxpt.41.1.0_P-163
  14. ^ JEPAニュース Vol.98 “におい”シンポ 報告講演②柔軟剤から揮発する化学物質......神野透人 2016年4月
  15. ^ Transient Receptor Potential A1 (TRPA1) Cation Channels: Fluttering Hearts, Headaches and Hot Flashes—Can One “Environmental Sensor” Be the Cause of All the Pain? 米国毒性学会学術年会ワークショップ2016
  16. ^ 香りブームの裏で、懸念される「香害」と「マイクロカプセル」による健康被害
  17. ^ 洗剤・柔軟剤などに含まれる「香りマイクロカプセル」が、環境だけでなく人体にも悪影響を及ぼす!?
  18. ^ 【緊急提言】G20に向け 家庭用品へのマイクロカプセルの使用禁止を求める緊急提言(2019年5月10日)
  19. ^ 香りマイクロカプセルで「香害」拡大。日消連などが使用禁止求める
  20. ^ ふつうがいいね!/洗剤・柔軟剤、華やか過ぎて「香害」せっけんに回帰『日経MJ』2018年9月9日(トレンド面)。
  21. ^ 日本に新しい公害が生まれています。その名は「香害」シャボン玉石けんサイト(2018年10月3日閲覧)。
  22. ^ “バス運転手に乗車拒否された女性、理由は「香水」 - カナダ”. AFP. (2007年3月29日). http://www.afpbb.com/articles/-/2203342 2017年5月2日閲覧。 
  23. ^ 「香料自粛のお願い」~近くの公共施設、病院にお願いをしてみませんか。
  24. ^ 熊谷市長 富岡清様 ディフューザー(芳香拡散器)使用についての質問書
  25. ^ 厚木市長 小林常良様 ディフューザー(芳香拡散器)使用についての質問書
  26. ^ "DIRECTIVE 2003/15/EC"
  27. ^ “Inhalation challenge effects of perfume scent strips in patients with asthma”. Ann. Allergy Asthma Immunol. 75 (5): 429–33. (November 1995). PMID 7583865. 
  28. ^ “Patch testing with a new fragrance mix – reactivity to the individual constituents and chemical detection in relevant cosmetic products”. Contact Derm. 52 (4): 216–25. (April 2005). doi:10.1111/j.0105-1873.2005.00563.x. PMID 15859994. 
  29. ^ Deborah Gushman. “The Nose Knows”. www.hanahou.com. 2008年5月7日閲覧。
  30. ^ “Evaluation of carcinogenic potential of two nitro-musk derivatives, musk xylene and musk tibetene in a host-mediated in vivo/in vitro assay system”. Anticancer Res. 22 (5): 2657–62. (2002). PMID 12529978. 
  31. ^ “Evaluation of health risks caused by musk ketone”. Int J Hyg Environ Health 203 (4): 293–9. (May 2001). doi:10.1078/1438-4639-00047. PMID 11434209. 
  32. ^ Burr, Chandler (2008). The Perfect Scent: A Year Inside the Perfume Industry in Paris & New York. Henry Holt and Co. ISBN 978-0-8050-8037-7.
  33. ^ Scientific Committee on Consumer Safety (SCCS) | Scientific Committees
  34. ^ http://eur-lex.europa.eu/LexUriServ/LexUriServ.do?uri=CONSLEG:2009R1223:20130711:en:PDF
  35. ^ standards – IFRA International Fragrance Association – in every sense
  36. ^ 猫がいる家でアロマをたくと命にかかわる!? 獣医師が解説 (著:山本宗伸 マイナビニュース 参照日:2018.6.9.)
  37. ^ ペットのインコが「アロマ」で急死... 注意喚起ツイートに反響、獣医も危険性を指摘 (j-castニュース 更新日:2018/1/29 参照日:2018.6.9.)
  38. ^ “Synthetic Musk Fragrances in Lake Erie and Lake Ontario Sediment Cores”. Environ. Sci. Technol. 40 (18): 5629–35. (September 2006). doi:10.1021/es060134y. PMC: 2757450. PMID 17007119. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2757450/. 

関連書籍編集

  • 岡田幹治『香害 そのニオイから身を守るには』(金曜日2017年4月)
  • 古庄弘枝:『マイクロカプセル香害 ─柔軟剤・消臭剤による痛みと哀しみ』2019/4/25

関連項目編集

外部リンク編集