メインメニューを開く

香川県第2区(かがわけんだい2く)は、日本衆議院における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

日本の旗香川県第2区
衆議院小選挙区 香川県.svg衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 坂出市高松市(旧国分寺町香川町香南町塩江町牟礼町庵治町域)、丸亀市(旧綾歌町飯山町域)、さぬき市東かがわ市木田郡綾歌郡
(2017年7月16日現在)
比例区 四国ブロック
設置年 1994年
選出議員 玉木雄一郎
有権者数 266,223人
1.12 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2018年9月登録日)
テンプレートを表示

目次

区域編集

歴史編集

比較的保守層の厚い地盤であり自由民主党木村義雄1996年第41回衆議院議員総選挙では約7万票、それ以降も3万票前後の差で安定して議席を確保してきたが、2009年第45回衆議院議員総選挙では民主旋風の中で民主党新人の玉木雄一郎に逆に3万票差を付けられて敗れ、比例復活もできなかった。

2012年第46回衆議院議員総選挙では打って変わって民主党への逆風の中で玉木が7,123票の僅差で自民党の瀬戸隆一を退け当選。中国・四国・九州地方の中で唯一小選挙区で民主党の議席を守った。

2014年第47回衆議院議員総選挙でも玉木vs瀬戸の一騎討ちの構図が続いたが今度は2万票以上のリードを保ち玉木が議席を獲得し、瀬戸は比例復活した。2017年第48回衆議院議員総選挙では希望の党入りした玉木が更に瀬戸との差を広げて当選し、瀬戸は比例復活すらできず落選した。

小選挙区選出議員編集

選挙結果編集

解散日:2017年9月28日 投票日:2017年(平成29年)10月22日
当日有権者数:267,905人 最終投票率:56.32%

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
玉木雄一郎48希望の党82,345票
55.5%
――民進党香川県総支部連合会推薦
瀬戸隆一52自由民主党59,949票
40.4%
72.8%公明党推薦
河村整58日本共産党6,098票
4.1%
7.4%

解散日:2014年11月21日 投票日:2014年(平成26年)12月14日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
玉木雄一郎45民主党78,797票
55.8%
――
比当瀬戸隆一49自由民主党57,318票
40.6%
72.7%公明党推薦
佐伯守54日本共産党5,050票
3.6%
6.4%

解散日:2012年11月16日 投票日:2012年(平成24年)12月16日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
玉木雄一郎43民主党79,153票
50.0%
――国民新党推薦
比当瀬戸隆一47自由民主党72,030票
45.5%
91.0%公明党推薦
佐伯守52日本共産党7,010票
4.4%
8.9%

解散日:2009年7月21日 投票日:2009年(平成21年)8月30日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
玉木雄一郎40民主党109,863票
57.2%
――
木村義雄61自由民主党79,463票
41.3%
72.3%公明党推薦
土居美佐子50幸福実現党2,848票
1.5%
2.6%

解散日:2005年8月8日 投票日:2005年(平成17年)9月11日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
木村義雄57自由民主党100,794票
55.9%
――
玉木雄一郎36民主党70,177票
38.9%
69.6%
河村整46日本共産党9,382票
5.2%
9.3%

解散日:2003年10月10日 投票日:2003年(平成15年)11月9日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
木村義雄55自由民主党85,370票
56.4%
――
真鍋光広63民主党57,676票
38.1%
67.6%
河村整44日本共産党8,430票
5.6%
9.9%

解散日:2000年6月2日 投票日:2000年(平成12年)6月25日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
木村義雄52自由民主党84,030票
53.6%
――
真鍋光広60民主党53,015票
33.8%
63.1%
松村久59日本共産党11,532票
7.4%
13.7%
猪塚武32無所属8,265票
5.3%
9.8%×

解散日:1996年9月27日 投票日:1996年(平成8年)10月20日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
木村義雄48自由民主党98,531票
78.7%
――
松村久56日本共産党26,658票
21.3%
27.1%

関連項目編集

外部リンク編集