香川県道178号山崎御厩線

日本の香川県の道路
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。 の文字は公式の表記AbodeJapan1-6 CID=13647と異なる可能性があります。

香川県道178号 山崎御厩線(かがわけんどう178ごう やまさきみまやせん)は、香川県高松市を通る県道である。

県道
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 7.svgJapanese Route Sign Number 8.svg
香川県道178号標識
香川県道178号山崎御厩線
路線延長 3.222 km
制定年 1976年
起点 高松市西山崎町
西山崎交差点
終点 高松市檀紙町
檀紙交差点
接続する
主な道路
記法
記事参照
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

中間橋西交差点 - 檀紙南交差点間は高松自動車道高松西インターチェンジへのアクセス道路として片側2車線で整備され、同区間は現在高松自動車道との2層構造となっている。路線名に現在は通っていない「御厩」が入っているが、これは元々のルートが中間交差点で直進して国道11号交点の御厩交差点で終点となっていたものの、前述の新線の建設で県道指定を取り消されたためである。また、最末端部の檀紙南交差点 - 檀紙交差点間は初め香川県道176号として開通し、新線建設の際に指定変更された。

重複区間編集

通過する自治体編集

  • 香川県
    • 高松市

交差・接続している道路編集

都市計画道路指定編集

  • 高松市
    • 郷東岡本線 檀紙交差点 - 中間橋西交差点、山崎八幡神社前交差点 - 西山崎交差点

関連項目編集

座標: 北緯34度17分30秒 東経133度59分24.9秒 / 北緯34.29167度 東経133.990250度 / 34.29167; 133.990250