香川県道39号国分寺中通線

日本の香川県の道路

香川県道39号国分寺中通線(かがわけんどう39ごう こくぶんじなかとうせん)は、香川県高松市から仲多度郡まんのう町に至る県道主要地方道)である。

主要地方道
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 9.svg
香川県道39号標識
香川県道39号 国分寺中通線
主要地方道 国分寺琴南線
総延長 24.246 km
制定年 1982年
起点 高松市国分寺町新居
国分寺支所前交差点【地図
主な
経由都市
綾歌郡 綾川町
終点 仲多度郡まんのう町中通
中通【地図
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0011.svg 国道11号
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 2.svg
都道府県道12号標識
香川県道12号三木国分寺線
Japanese National Route Sign 0032.svg 国道32号
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 3.svg
都道府県道13号標識
香川県道13号三木綾川線
Japanese National Route Sign 0377.svg 国道377号
Japanese National Route Sign 0438.svg 国道438号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

概要編集

まんのう町から綾川町にかけての区間に、狭隘(1.5車線程度)な区間がある。

路線データ編集

歴史編集

  • 1982年4月1日 香川県道39号国分寺琴南線(こくぶんじことなみせん)として指定、主要地方道に昇格。
    旧名は香川県道181号琴南国分寺線だった。
  • 1993年平成5年)5月11日 - 建設省から、県道国分寺琴南線が国分寺琴南線として主要地方道に指定される[1]
  • 2006年3月20日 琴南町廃止、まんのう町発足にともない、名称を国分寺中通線に変更。

路線状況編集

名称・愛称編集

  • 百福(ひゃくふく)通り(高松市:起点から高松自動車道との交差地点まで)

地理編集

通過する自治体編集

交差する道路編集

 
琴平街道(県道282号)交点(高松市国分寺町福家)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十一日建設省告示第千二百七十号、建設省

関連項目編集