メインメニューを開く

香村 純子(こうむら じゅんこ、1976年5月28日[1][2] - )は日本脚本家愛知県生まれ[2]。フリーランス。

目次

人物・来歴編集

子供の頃からスーパー戦隊シリーズのファン[3]。本格的に視始めたのは『電子戦隊デンジマン』あたりからで、ウルトラシリーズ仮面ライダーシリーズそれぞれ新作の放映が無かった頃に子供時代を過ごしたことから、スーパー戦隊ファンになっていったという[1][3]。高校・大学時代は演劇部に所属し、脚本や制作などを担当していた[3]

脚本家になる前は、地元・愛知で事務職に就いていたが、スーパー戦隊シリーズの脚本を書きたいという気持ちが強くなって、退職し2001年に上京[3]。脚本家になることについては、同じ女性で同様に元会社員で、28歳でデビューした小林靖子のことも意識していたという[1][3]東映アニメーション研究所の実写コースでシナリオを2年間学び、その後ぶらざあのっぽのシナリオ講座を受講[3]2006年にぶらざあのっぽに入社。

初めて手掛けた脚本は、兄弟子からもらった仕事だったドラマCDの作品[1][3]。当初はゲームの脚本に呼ばれたが、向いていないとして少女漫画原作のドラマCDへ回ったという[3]

スーパー戦隊シリーズには2008年の『炎神戦隊ゴーオンジャー』より参加[2][3]。2011年の『海賊戦隊ゴーカイジャー』では16本のストーリーを執筆している。そして2016年の『動物戦隊ジュウオウジャー』では初の単独メインライターを担当した[2][3]

2012年には、『仮面ライダーウィザード』にきだつよしと供にメインライターとして参加[3]。同作品のチーフプロデューサーである宇都宮孝明によれば、きだとのスケジュールとの兼ね合いで、ダブルメインライター体制になったそうである[4][3]。劇場版2作品を含み20本以上のストーリーを執筆。

同年11月からは、ぶらざあのっぽから独立し、フリーランスのライターとして活動[1]

交友関係編集

脚本家の荒川稔久は同じ中学校の先輩である[5][6][3]。香村曰く、荒川との縁でスーパー戦隊シリーズに係わることが出来たとのこと[1]。荒川は、最初は同郷でスーパー戦隊が好きと聞いたことから呼んだが、同じ中学校であるとまでは知らなかったと述べている[6]

脚本家の田中仁東映アニメーション研究所の同期である[7]。ただし当時はコースが異なるため面識はなく、互いに脚本家を目指してから知り合ったという[7]。田中はメインライターを務めたテレビアニメ『Go!プリンセスプリキュア』で香村を招き、翌年香村は自身がメインライターを務めた『動物戦隊ジュウオウジャー』に田中を呼んでいる[7]

作品編集

特撮編集

太字はメインライターを担当した作品。

映画編集

テレビアニメ編集

ドラマCD編集

  • ちとせげっちゅ!!(2005年 - 2006年)
  • 茅島氏の優雅な生活(2006年)
  • ネクラートホリック(2007年)
  • 特殊戦闘員育成機関 ヒーローアカデミーJ(2008年)
  • ジェラールとジャック(2008年)
  • 世界一初恋(2008年 - 2010年)
  • SUPER LOVERS スーパーラヴァーズ 2(2011年)
  • SUPER LOVERS スーパーラヴァーズ 3(2012年)
  • 文豪シリーズ 「不良文豪とホスト」(2012年)
  • 文豪シリーズ 「文豪の神様」(2012年)
  • 烈車戦隊トッキュウジャー オリジナルアルバム サウンドエクスプレス1号車(2014年)

オリジナルビデオ編集

その他編集

  • 海賊戦隊ゴーカイジャー ファイナルライブツアー2012(2012年)

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 荒川稔久と共作[3]
  2. ^ 内2話はきだつよしと共作。
  3. ^ 内2話は石橋大助と共作。
  4. ^ 荒川稔久と共作。
  5. ^ 藤平久子福山桜子と共作。

出典編集

  1. ^ a b c d e f 『宇宙船』Vol.152(2016年春号 ホビージャパン)p.64 - 65(香村純子インタビュー)より
  2. ^ a b c d ジュウオウジャー公式完全読本 2017, pp. 53-55, 「Zyuohger Writer Interview 01 香村純子」
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n 「スーパー戦隊制作の裏舞台 香村純子」『スーパー戦隊 Official Mook 21世紀 Vol.16 動物戦隊ジュウオウジャー講談社〈講談社シリーズMOOK〉、2017年6月24日、32頁。ISBN 978-4-06-509527-0
  4. ^ 宇宙船』Vol.138(ホビージャパン)より[要ページ番号]
  5. ^ ハイパーホビー』2011年10月号(徳間書店)より[要ページ番号]
  6. ^ a b ジュウオウジャー公式完全読本 2017, pp. 56-57, 「Zyuohger Writer Interview 02 荒川稔久
  7. ^ a b c ジュウオウジャー公式完全読本 2017, pp. 58-59, 「Zyuohger Writer Interview 03 田中仁

参考文献編集