メインメニューを開く

香椎球場

香椎球場(かしいきゅうじょう)は福岡県福岡市東区香住ヶ丘にあった野球場。現在は「かしいかえん」の敷地と駐車場の一部になっている。

概要編集

1939年博多湾鉄道汽船に香椎チューリップ園(現在のかしいかえん)とともに開場。その後博多湾鉄道汽船は1942年西日本鉄道に合併され、同時に二つの施設は西鉄の所有物となる(西日本鉄道公式には、同年3月15日を開場日としている[1])。

戦後は芋畑として使用されていたが、進駐軍の協力を得て1947年に野球場として再整備された[1]。1948年の国体の際に軟式野球の会場として使われ、西鉄ライオンズの二軍施設となった。また一軍の公式戦も中日ドラゴンズ1946年に1試合、南海ホークスが1946年と1948年に1試合ずつ、西鉄ライオンズが1950年に2試合と計5回開催されている。同施設からは稲尾和久中西太豊田泰光をはじめとする名選手が輩出されたが、稲尾いわく「一軍に比べて(ボールの質、おかずの数などの)待遇がぐんと落ち、二度と(香椎の)合宿所に戻りたくないと思った」(稲尾和久著「神様・仏様・稲尾様」より要約)と言わしめた施設であった。

1970年代後半まで使用された[1]後、二軍の施設は、百道浜(同市早良区)に移され、香椎球場は廃止された。現在、スタンドの一部がかしいかえんの築堤として利用されている。(草生してはいるが、足元を見ると階段の跡が残っているなど。)

エピソード編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e 西鉄ライオンズ・思い出の球場 香椎野球場”. にしてつWebミュージアム. 西日本鉄道. 2018年8月24日閲覧。
  2. ^ a b No.62 フォークの旗手と「照和」物語”. 西日本シティ銀行 (1996年1月). 2018年8月24日閲覧。
  3. ^ a b “日本のリバプール”博多スーパースター列伝<第4回>海援隊(1)”. アサ芸プラス. アサヒ芸能 (2014年1月28日). 2018年8月24日閲覧。