香港の経済(ほんこんのけいざい)では、東アジアに位置する香港特別行政区の経済について解説する。

香港は1997年返還後の一国二制度により、中国政府の統治を受けるながらも中国大陸と異なる経済体制を行い、中国と分かれた独自の通貨香港ドル)・関税制度・法制度を持っている。今日ではロンドンニューヨークと並ぶ世界三大金融センターのひとつと評価されており、世界経済における確固たる地位を確立している[1]

香港の経済史

編集

第二次世界大戦前

編集

しかし、イギリスは香港が天然の良港であることに目をつけ、中国から割譲した。これをきっかけとして、香港は中国および東南アジアにおける中継貿易拠点として発展した。香港ではイギリスを中心とする貿易会社が活躍したが、その買弁として活動する中国人商人もいた。また、中国からは福建省広東省から移民する者も多く、その中心は東南アジアに向かい、やはり買弁として現地経済に大きな影響力を持つようになる。香港はこうした移民の中継地でもあり、華僑経済の中心地とも呼ばれた。

第二次世界大戦後

編集

第二次世界大戦が終わると中国では国共内戦が勃発し、1949年には中国共産党が勝利し、中華人民共和国の成立を宣言し、経済の計画化を進めた。戦乱や共産化を避けるため、香港には中国からの移民者が押し寄せた。その中には、安い労働力となる難民のほか、上海など戦前の中国を支えた大都市の資本家も含まれていた。また、ちょうど上海の繊維産業は設備更新期にあたり、欧米などから新しい製造設備を輸入するところであった。こうした事情が重なり、戦後は繊維産業や(後に発達する)プラスティック加工などの軽工業が発展した。香港経済は中継貿易から加工貿易へとシフトしたのである。

1970年代からは、香港政庁新界の住宅団地開発や地下鉄建設などインフラ建設を開始し(詳細は積極的不介入を参照)し、香港経済は急速な発展を遂げる。そして、1970年代後半になると労働コストの上昇や工業用地不足などの問題にも直面し始めた。

中国の改革開放政策と香港

編集

主権の譲渡更後の香港経済:進む実体経済の統合

編集
中国GDPに対する香港GDPの比較
1997年 2018年
  香港(1,770億ドル) (18.4%)
  中国(9,650億ドル) (81.6%)
  香港(3,630億ドル) (2.7%)
  中国(13兆4,070億ドル) (94.3%)
  深圳 (3,664億ドル) (3.0%)

経済制度と経済政策

編集

企業と財閥

編集

脚注

編集
  1. ^ The Global Financial Centres Index 9