メインメニューを開く

香港クレージー作戦』(ホンコンクレージーさくせん)は、1963年12月22日東宝系で公開された日本映画。カラー。東宝スコープ

香港クレージー作戦
"Crazy Cats" Go to Hong Kong
監督 杉江敏男
脚本 笠原良三
製作 藤本真澄渡辺晋
出演者 ハナ肇とクレージーキャッツ
浜美枝
中尾ミエ
音楽 神津善行
主題歌 植木等「どうせやるなら」
撮影 完倉泰一
編集 小畑長蔵
配給 東宝
公開 日本の旗 1963年12月22日
上映時間 93分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 クレージー作戦 くたばれ!無責任
次作 無責任遊侠伝
テンプレートを表示

副題は『"Crazy Cats" Go to Hong Kong』(クレージーキャッツゴートゥーホンコン)。

概要編集

クレージー作戦 先手必勝』『クレージー作戦 くたばれ!無責任』に続く、「作戦シリーズ」第3作で、クレージー映画初の海外ロケ=  イギリス領香港ロケが行われた。監督はベテラン・杉江敏男がシリーズ初登板、杉江は過去『お姐ちゃん罷り通る』『社長洋行記』『続・社長洋行記』と香港ロケを経験しており、その実績を買われた。またスタッフには、第1作『ニッポン無責任時代』以来の神津善行が劇伴を担当(シリーズ最後)、そして実績は認めつつもクレージー映画を嫌っていた藤本真澄が、シリーズで初めてプロデュースを務めた。

ヒロインは『くたばれ!無責任』に続く浜美枝、そして助演にはクレージー映画常連の由利徹人見明、『先手必勝』の中尾ミエ淡路恵子柳家金語楼、そして有島一郎東映脇役の進藤英太郎がシリーズ初登場、特に進藤はシリーズ中期に欠かせない俳優となる。

最大の見所は、クレージーが(まとまった形では)映画で初めて披露する「音楽コント」。これが好評となり、以後『クレージー大作戦』などの「作戦シリーズ」の名物シーンとなる。

スタッフ編集

出演者編集

(以下クレジット無し)

挿入歌編集

「チンドンヤ」
作詞:塚田茂/作曲:萩原哲晶
「めんどうみたョ-股旅の唄」
作詞:塚田茂/作曲:萩原哲晶
「どうせやるなら」
作詞:塚田茂/作曲:萩原哲晶
「おんなのこだもん」
作詞:安井かずみ/作曲:宮川泰

同時上映編集

海底軍艦
脚本:関沢新一/特技監督:円谷英二/監督:本多猪四郎/主演:高島忠夫藤山陽子

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集