香琳院(こうりんいん、? - 文化7年5月20日1810年6月21日))は、江戸幕府第11代将軍徳川家斉の側室で、第12代将軍・徳川家慶の生母。

家系編集

木下利次の女系子孫であり、小姓・押田敏勝の三女。母は押田勝久の養女(天野久豊の娘)。また家慶の側室・清涼院は姪に当たるとされる。

名は照、楽、里衛。名のひとつである楽は、第3代将軍・徳川家光の側室で第4代将軍・徳川家綱の生母の宝樹院にあやかったとされる。

生涯編集

天明7年(1787年)に大奥に入り、最初は家斉の義妹・種姫の婚儀に従って紀州藩の奥向きに仕えた。

大奥に復帰後に家斉の側室となり、寛政5年(1793年)に家斉の次男・家慶(幼名・敏次郎)を生んだ。次いで御年寄上座に昇進し、また家慶が将軍世子となった為、次期将軍の生母として大奥の女中たちから畏敬されるに至る。

文化7年(1810年)5月20日、家慶の将軍就任を待たずに病没した。墓碑は東京都台東区谷中の徳川家墓地に現存する。

関連作品編集


徳川家慶の系譜
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
16. 徳川吉宗
 
 
 
 
 
 
 
8. 徳川宗尹
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
17. 於久
 
 
 
 
 
 
 
4. 徳川治済
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
18. 細田時義
 
 
 
 
 
 
 
9. 於由加
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
19. 笠井助之進娘
 
 
 
 
 
 
 
2. 徳川家斉
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
20. 岩本正房
 
 
 
 
 
 
 
10. 岩本正利
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
21. 板坂春意娘
 
 
 
 
 
 
 
5. 岩本富子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
11. 梅田養女
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1. 江戸幕府12代将軍
徳川家慶
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
24. 押田栄勝
 
 
 
 
 
 
 
12. 押田勝輝
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
25. 揖斐政敦娘
 
 
 
 
 
 
 
6. 押田敏勝
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
26. 金田正利
 
 
 
 
 
 
 
13. 金田正利娘
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
27. 松井氏
 
 
 
 
 
 
 
3. 押田照子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
28. 天野久斗
 
 
 
 
 
 
 
14. 天野久豊
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
29. 森頼俊娘
 
 
 
 
 
 
 
7. 押田勝久養女