メインメニューを開く

香琳院(こうりんいん、? - 文化7年5月20日1810年6月21日))は、江戸幕府第11代将軍徳川家斉の側室で、第12代将軍・徳川家慶の生母。

家系編集

小姓・押田敏勝の娘とされる。また家慶の側室・清涼院は姪に当たるとされる。

名は照、楽、里衛。名のひとつである楽は、第3代将軍・徳川家光の側室で第4代将軍・徳川家綱の生母の宝樹院にあやかったとされる。

生涯編集

天明7年(1787年)に大奥に入り、最初は家斉の義妹・種姫の婚儀に従って紀州藩の奥向きに仕えた。

大奥に復帰後に家斉の側室となり、寛政5年(1793年)に家斉の次男・家慶を生んだ。次いで御年寄上座に昇進し、また将軍の生母として大奥の女中たちから畏敬されるに至る。

文化7年(1810年)5月20日に病没した。墓碑は東京都台東区谷中の徳川家墓地に現存する。

登場作品編集