メインメニューを開く

香雲寺(こううんじ)は、岡山県岡山市北区御津国ヶ原にある日蓮宗の寺院。山号は瑞林山。旧本山は京都妙覚寺、生師法縁。満願祖師を祀る。

香雲寺
所在地 岡山県岡山市北区御津国ヶ原558
位置 北緯34度46分32.1秒
東経133度56分29.2秒
座標: 北緯34度46分32.1秒 東経133度56分29.2秒
山号 瑞林山
宗旨 日蓮宗
創建年 794年
開山 報恩大師摩訶
中興年 天文年間
公式HP 日蓮宗 香雲寺
香雲寺 (岡山市)の位置(岡山県内)
香雲寺 (岡山市)
テンプレートを表示

歴史編集

延暦13年(794年)報恩大師が備前四十八ヶ寺の一つとして創建の天台宗寺院が起源。天文年間に領主の松田氏が瑞輪院日徳を開山に日蓮宗へ改宗。寛文年間(1661年1673年)までに寺号を香雲寺とした。幕末期、願満の祖師が勧請される。

寺宝編集

  • 願満祖師像 日蓮宗準宗宝で、備前法華を築いた大覚妙実日像の依頼で造立し開眼したもの。

境内編集

  • 本堂

歴代編集

  • 瑞輪院日徳
  • 三代徹正

脚注編集

周辺施設編集

  • 香雲寺古墳群

参考資料編集