馬内侍(うまのないし、生没年不詳)は、平安時代中期の女流歌人源時明の娘であるが、実父は時明の兄致明(むねあきら)と考えられている。中古三十六歌仙女房三十六歌仙の一人。

斎宮女御徽子女王村上天皇女御)、円融天皇中宮媓子賀茂斎院選子内親王、東三条院詮子(円融天皇女御)、一条天皇皇后定子に仕えた(定子立后の際に掌侍となった)。藤原朝光藤原伊尹藤原道隆藤原道兼など権門の公家と恋愛関係があり、華やかな宮廷生活を送った。

拾遺和歌集」以下の勅撰和歌集に入集。家集に「馬内侍集」がある。