馬皇后 (洪武帝)

明の初代皇帝朱元璋(洪武帝)の皇后。

馬皇后(ばこうごう、1332年7月18日 - 1382年9月17日)は、中国の初代皇帝朱元璋(洪武帝)の皇后

馬皇后
の皇后
孝慈高皇后.jpg
在位 洪武元年1月4日 - 洪武15年8月10日
1368年1月23日 - 1382年9月17日

別称 孝慈貞化哲順仁徽成天育聖至徳高皇后
出生 至順3年6月25日
1332年7月18日
死去 洪武15年8月10日
1382年9月17日
埋葬 孝陵
配偶者 洪武帝
子女 朱標
朱樉
朱棡
永楽帝
寧国公主
朱橚
安慶公主
養父 郭子興
テンプレートを表示

生涯編集

紅巾の乱で頭角を現した郭子興の養女である。朱元璋が郭子興のもとに身を投じたとき、郭子興が朱元璋の人物を見出して気に入り、養女である馬氏を与えて結婚させたという。彼女は怜悧かつ慈愛に満ちた献身的な女性で夫を内助の功などでよく助け、猜疑心の強かった朱元璋も彼女だけには心を開き、深く愛したと伝えられている。

1368年に明が建てられた後、馬氏は皇后に冊立された。慎み深く質素だった彼女は、皇后となっても驕ることがなく、贅沢もほとんどしなかったといわれている。このため、周囲から人望があり、皇帝になって逆に猜疑心を増大させ粛清に走り出した朱元璋を時には支え、時には諫言したと伝えられている。朱元璋も彼女の言う事だけは無視できず、よく聴いて自らの過ちを認めていたという。

1382年、夫の朱元璋に先立って病死した。朱元璋の悲嘆は相当なもので、しばらくの間は身もだえして慟哭し、立ち上がることすらできなかったという。朝議も行えず、その間の決済は全て宦官や女官などの側近が取り次いでは処理せざるを得なかった。その後、皇后を考陵に埋葬して「孝慈高皇后」とした。

埋葬から1年が経過し、礼部の長官が「天下に孝慈高皇后の一周忌祭祀を行わせるべきです」と朱元璋に上奏したが、朱元璋は「彼女のために祭祀を行えば、天下の人への負担となる。それは皇后の想いに反すること」として許可せず、ただ何もせずに年を過ごしたという。代わりに宮中では馬皇后を偲び称える歌を臣下たちがこぞって作らせ、歌っていたという。

子女編集

実子は公主2人のみで、皇子たちは他の妻の子ながら正当性を強調するために馬皇后の子とされた可能性がある。公式には上記の7人の生母とされているが、寧国公主と安慶公主以外の生母は別にいるという説が唱えられている。そのなかで四男とされる永楽帝に関して、実際の生母は高麗貢女碽妃中国語版だったとする説がある[1]。永楽帝は生母の身分が卑しいことに劣等感を持ち、靖難の変の頃から洪武帝の皇后であった馬氏が生母であると僭称した、という疑いが根強いのである。寺田隆信によると、永楽帝生母について「馬皇后説」の他に「達妃説」「碽妃説」「元の順帝の妃説」など5説前後に分けられるとする。ただし寺田自身は「今日となっては調査する材料もない」として諸説を紹介するにとどめている[1]。その諸説のなかで興味深いのが、「元の順帝(恵宗、トゴン・テムル)の妃説」である。モンゴル側の史料である『アルタン・トブチ』や『蒙古源流』においては、永楽帝の生母は大元ウルスの順帝トゴン・テムルの妃でコンギラト部出身の女性であり、洪武帝が後にその女性を娶った際に彼女はトゴン・テムルの子を妊娠中であり、したがって永楽帝はトゴン・テムルの子であると記されているが、中国側でも同様の説が広まっている[2]。また、その説において永楽帝の父親とされるトゴン・テムルもコシラの実子ではないと言われており、民間では南宋最後の皇帝恭帝の遺児であるという説があり、その説との関連性を指摘する周清澍(内モンゴル大学)などの研究者も存在する[3]

周清澍(内モンゴル大学)によると、永楽帝をトゴン・テムルの子と記述するもっとも早い漢籍は、1623年の『南京太常寺志』であり、永楽帝の生母を碽妃中国語版と記述し、その後の諸文献は大体『南京太常寺志』の記述を踏襲している[4]。さらに、明孝陵奉先殿内の配列を根拠に、中央に太祖朱元璋と馬皇后をはじめ、東側には諸妃を並べたのに対し、西側は碽妃中国語版ひとりだけの神座があり、これだけ優遇されているのは、永楽帝の生母であるからだ、と諸文献は伝えている[4]

永楽帝は父・洪武帝の実録である『明太祖実録中国語版』の出来が自身に都合が悪いことがあったらしく気に入らず、3回も編纂し直しを命じている所から見て、自身に都合の悪い記述を永楽帝が改竄している可能性は否定できず、『明太祖実録中国語版』には、「碽妃は永楽帝が生まれてから5年後に中国に来た」という記述があるが、永楽帝が記述に脚色を加えたり、粉飾を行ったという疑いが濃厚である以上、容易く信頼できず、永楽帝の母親を馬氏とする『明実録』も燕王朱棣が永楽帝になってからの記載であり、当然粉飾が加わっている[1]

脚注編集

  1. ^ a b c 寺田隆信『永楽帝』中央公論社中公文庫〉、1997年2月1日。ISBN 4122027993
  2. ^ 杉山正明『クビライの挑戦―モンゴル海上帝国への道』朝日新聞社朝日選書〉、1995年4月1日。ISBN 4022596252
  3. ^ 楊海英モンゴルにおける王朝交替観に関する一資料--「遠太子と真太子の物語」を中心に」『人文論集』第54巻第2号、静岡大学人文学部、2003年、 33頁、 doi:10.14945/00000467ISSN 02872013NAID 110004709866
  4. ^ a b 楊海英モンゴルにおける王朝交替観に関する一資料--「遠太子と真太子の物語」を中心に」『人文論集』第54巻第2号、静岡大学人文学部、2003年、 31頁、 doi:10.14945/00000467ISSN 02872013NAID 110004709866

参考文献編集