メインメニューを開く

馬部 隆弘(ばべ たかひろ、1976年 - )は、日本歴史学者大阪大谷大学准教授。専門は戦国期畿内政治史。兵庫県生まれ。

経歴編集

  • 1999年3月 熊本大学文学部史学科卒業
  • 2002年3月 大阪大学大学院文学研究科修士課程修了
  • 2002年4月 大阪大学大学院文学研究科博士課程進学
  • 2002年7月 枚方市法制室歴史資料整理員
  • 2004年4月 枚方市教育委員会枚方図書館歴史資料整理員
  • 2005年4月 枚方市教育委員会中央図書館市史資料調査専門員
  • 2007年3月「戦国期城郭政策論」で博士(文学)
  • 2012年4月 長岡京市教育委員会生涯学習課技師
  • 2013年4月 長岡京市教育委員会生涯学習課主査
  • 2015年4月 大阪大谷大学文学部専任講師
  • 2018年4月 大阪大谷大学文学部准教授

著書編集

単著編集

  • 『招提村片岡家文書の研究』枚方市立中央図書館市史資料室、2009年3月
  • 『楠葉台場跡(史料編)』枚方市教育委員会、2010年2月
  • 『茄子作村中西家文書の研究』枚方市立中央図書館市史資料室、2010年9月
  • 『戦国期細川権力の研究』吉川弘文館、2018年
  • 『由緒・偽文書と地域社会 北河内を中心に』勉誠出版、2019年

共著編集

  • 『枚方の歴史』松籟社、2013年5月
  • 『近畿の城郭』戎光祥出版、2014年8月
  • 『近畿の名城を歩く 大阪・兵庫・和歌山編』吉川弘文館、2015年3月
  • 『近畿の城郭Ⅱ』戎光祥出版、2015年4月
  • 『近畿の名城を歩く 滋賀・京都・奈良編』吉川弘文館、2015年6月
  • 『新修茨木市史 第2巻通史Ⅱ』茨木市、2016年7月
  • 『近畿の城郭 Ⅳ』戎光祥出版、2017年8月

脚注編集

外部リンク編集