メインメニューを開く

馬陵の戦い(ばりょうのたたかい)(中国語: 馬陵之戰, Mǎlíng zhī zhàn)は、中国戦国時代にあたる紀元前341年の馬陵(現在の山東省聊城市莘県)においての間で行われた戦い。孫子の兵法が用いられた代表的な戦いとして知られる。孫臏を軍師とした斉軍が、龐涓を将軍とする魏軍に勝利した。

馬陵の戦い
Maling map.gif
戦争:戦国時代(中国)
年月日:紀元前342年
場所:馬陵(現在の山東省聊城市莘県)
結果:斉の勝利
交戦勢力
指導者・指揮官
主将 田忌
軍師 孫臏
上将軍 太子申
次将軍 龐涓
戦力
兵力 12万 兵力 10万
損害
損失 2千 損失 10万

この戦いの結果、北の大国に位置付けられていたは衰退する事になり、反対には東の大国となる足掛かりを得て、戦国時代の勢力図は斉と西の大国・の二強時代へと移り変わっていった。

目次

孫臏と龐涓編集

同門の徒編集

若い頃の孫臏龐涓は、共に同じ学問の師の下で兵法を学んでいた。龐涓も優秀だったが孫臏の方が常に勝っていたので、自分の資質が到底及ばない事を悟らされた龐涓は、孫臏と才能を認め合い友誼を結びながらも、その裏で激しい嫉妬心を燃やしていた。

師から皆伝を受けた後の孫臏は斉に仕えたが、龐涓の方は魏に仕官して一足先に将軍へと出世していた。魏と斉の関係が思わしくなくなると、斉軍との対決を予期した龐涓は敵方にいる孫臏の存在が気掛かりとなった。孫臏の才能を恐れた龐涓は先に手を打つ事を考え、旧好を温めたいと孫臏に書簡を送り、魏へ招待した上でスパイの濡れ衣を着せてそのまま処刑しようとした。しかし、断罪前に発せられた孫臏の友情の一言により罪悪感を得た龐涓は躊躇し、死罪の代わりに脚切りの刑にして額に刺青を施し自分の屋敷に幽閉する事にした。動けないようにしておけば問題ないと考えた龐涓の食客として遇される事になった孫臏は、憤激の念を抑えてしばらくの間は静かに過ごしたので、やがて監視の目も無くなった。その後、斉からの使者が魏王宮を訪れている事を知った孫臏は、一計を講じて密かに使者と面会し魏からの脱出に成功した。帰国した孫臏は斉軍の軍師として迎えられ、数々の献策を以って活躍した。

囲魏救趙の計編集

紀元前354年、龐涓率いる魏軍を攻めてその首都・邯鄲にまで押し寄せていた。危機に陥った趙は同盟国であるに救援を求めたので、斉の威王田忌中国語版を主将とし孫臏を軍師とした援軍を派遣した。田忌は魏軍が包囲する趙の邯鄲に軍を向かわせようとしたが、孫臏は「他人の喧嘩を手助けするにしても一緒になって殴り合っては駄目です。相手の虚を突いてこそ形勢は有利になります。」と助言し、自軍を趙ではなく魏の首都・大梁に向けて進ませるよう献策した。

魏本国からの急使で、首都・大梁に斉軍が迫ってる事を知らされた龐涓は、邯鄲の囲みを解くと慌てて軍勢を帰国させたが、その道中の桂陵(現在の河南省新郷市長垣県)の地において斉軍の待ち伏せを受ける事になり、強行軍で疲れ果てていた魏軍は散々に打ち破られて敗北した。この見事な計略による勝利で孫臏の名は広く知れ渡るようになり、反対に一矢報いられる事になった龐涓は処刑時に躊躇した事を悔いて無念のほぞを噛んだ。

馬陵の戦い編集

龐涓の反撃編集

紀元前342年、と同盟を結んでを攻めた。しかし、太子申中国語版を上将軍とし龐涓を次将軍とした魏軍の反撃を受けて押し返され、逆に韓の首都・新鄭が魏軍によって包囲されそうになった。韓からの救援依頼を受けた斉の威王は、再び田忌中国語版を主将とし孫臏を軍師とした一軍を興して出撃させた。

田忌が前回と同様に魏の首都・大梁を突く作戦を提示すると、孫臏は「龐涓は二度と同じ失敗はしません。恐らく本国にも精鋭を残してるはずです。」と断りを入れた上で、敵の出方を探る為にも大梁への進軍を了承した。孫臏の読み通り、龐涓は大梁にも精鋭部隊を残しており、魏軍に迎撃された斉軍は一進一退の攻防を繰り広げる事になった。それを知った龐涓は直ちに自軍を韓領内から取って返して、本国の軍勢と交戦する斉軍の背後を突いて挟み撃ちにする作戦に出た。前面と背面に敵を受けて形勢不利と見なした孫臏は魏領内からの撤退を田忌に進言した。孫臏の裏をかいたと喜ぶ龐涓は勝利を確信し、前回の雪辱を果たすべく全軍に号令して斉軍の追撃に取り掛かった。

増兵減竈の計編集

斉本国に向けて自軍を退かせる中で孫臏は一計を講じると、主将の田忌に「龐涓は斉兵を弱兵と見ておりますので士気の乱れを装えば容易く信じるでしょう。」と語り、まずその日は自軍の野営地に十万人分の竈(かまど)を作るようにし、翌日は五万人分に減らし、更に翌日は二万五千人分に減らすよう献策した。当時の軍隊は野営の際に土を盛り固めて竈(かまど)を作り兵糧を煮炊きしていた。斉軍を追撃する龐涓は、通過する敵野営地跡の竈(かまど)の数が日ごとに減っているのを見て「斉軍は著しく統率を欠いていて脱走兵が相次いでいる。」と判断した。追い付きさえすれば勝てると勢い付いた龐涓は、一刻も早く斉軍を捕捉する為に足の遅い歩兵隊を残す事にし騎兵隊のみを率いて昼夜兼行での全力追走を命じた。

一方、逃げる孫臏は馬陵の地にある山林に囲まれた狭隘な地形を戦場に定め、魏軍の進行速度を計算した上で龐涓は夕方頃にここに到るだろうと予測した。孫臏は街道を囲む山林に一万人の弩兵を伏せさせ、夕闇の中を進む松明の灯りが立ち止まったら、その火を目掛けて一斉に矢を放つように命じた。また街道を柵で封鎖し、その側脇にあった大樹の木肌を白く削った上で「龐涓この樹の下に死す」と大きく墨で書かせた。

孫臏の計算通り、夕暮れ時に龐涓は騎兵だけを伴って馬陵の山林に到着した。龐涓はこのまま追走を続行させ真っ暗闇となった山林の街道を進んでいった。程なくして街道を塞ぐ柵の前で立ち止まる事になり、その撤去を兵士達に命じた龐涓は、同時に道端の大樹に何かが書いてあるのに気付いた。松明の灯りで照らし出された文字を龐涓が読み、これが孫臏の罠である事を知った途端、周囲から一斉に矢が放たれてその場にいた魏兵全員が一瞬の内に射倒された。龐涓も全身に無数の矢を受け「遂にあの小僧の名を成さしめたか!」と叫んで絶命した。龐涓と先陣の騎兵隊を失った魏軍は斉軍の反撃の前に為す術もなく大敗し、上将軍であった太子申は斉軍の捕虜となった[1]

その後編集

その後の孫臏は再び戦場でその名を聞く事はなくなり歴史から姿を消した。一説によると彼は残りの人生を兵法書の執筆に費やしたとされ、彼の著作と考えられている「孫臏兵法」の竹簡が漢代の陵墓から発掘されている。

脚註編集

  1. ^ 戦国策』「巻23魏2斉魏戦于馬陵」によると、龐涓は斉軍に捕虜とされ太子申は戦死したと記されている。「龐涓戦于馬陵 魏師大敗 殺太子申 虜龐涓」(原文)。また、『孟子』によると、魏の恵王が晩年に孟子と会見した時に「私は先年、可愛い息子を陣没させ失ってしまった」と嘆いていたことが伝えられている。

参考文献編集

『人物 中国の歴史2 -諸子百家の時代-』集英社、1987年、pp.114-119