メインメニューを開く

馭戒慨言(ぎょじゅうがいげん/からおさめのうれたみごと)は、本居宣長による歴史書江戸時代以前の日本外交史について記述している。2巻4冊[1]

当初は『待異論』の題名で安永6年(1777年)12月に初稿が成立し、翌年安永7年(1778年)に最終稿が完成して『馭戒慨言』と改題、天明7年(1787年)2月に識語が付され、寛政8年(1796年)4月に刊行された[2][3]。なお、田中康二によれば「馭戒」すなわち「西戎を制馭する」という概念は宣長以前にはみられず、「馭戒」自体が宣長による造語である可能性があるという[4]。なお、『馭戒慨言』の読みについては、同書に序文を付けた弟子の渡辺重名は「からおさめのうれたみごと」と振り仮名を付けているが、宣長自身は息子の春庭に充てた書状には「ギョジウガイゲン」と読みが振られている[1]

宣長は崇神天皇が同7年(紀元前91年)にから大物主神から得た託宣を全ての外国が日本に朝貢してそのを奉じるとする予言と解し[5]、同年から江戸幕府の成立までを記す[3]

宣長は日本は世界を照らす太陽神(「日神」)の子孫が天皇として統治する万邦無比な国でありそれに相応しい尊厳を持つべきだとの観点で記している[3]が、これは中国中心の華夷秩序を反転させて日本を中心とした華夷秩序に基づいた発想と言える[6]

このため、中国の支配者を「天子」と呼んで尊び、死去を「崩」と表現することを非難し[3]、例えば聖徳太子遣隋使小野妹子に持たせた国書にある「日出処天子云々」も(一般的には中国の皇帝に対する無礼な親書と解するところを)宣長に言わせると天皇が臣下である国王に下す詔書の形式で無いことを非難する。そもそも、戎王(西戎の王である中国皇帝)に使者を送る遣隋使や遣唐使を無益なことと断じている[7]

また、元寇を撃退した北条時宗の業績を称え[3]二条為氏伊勢神宮勅使として敵国降伏を祈った故事を引用しながら、日本は神々の庇護によって神風が吹いて敵軍を撃退したのだと述べ、更に外国人をこれを季節や地形の問題にするのは日本の神を霊験を知らない無知と負け惜しみであると非難している[8]

一方、豊臣秀吉朝鮮出兵について敵である軍は戦わずに逃亡したと評価しつつ[3]も、秀吉は敬神を怠り、配下の将兵は朝鮮の罪の無い民衆を無益に殺したために敗北したとする[9]

『馭戒慨言』の記述が江戸幕府以前に留めているように、宣長の執筆の意図は外交史の観点から漢意の批判・排除を目的としたもので、現実の外交を論じたものとは言えなかったが、宣長の没後に欧米の異国船の来航が始まると同書を現実の外交を論じたものとして拡大解釈されるようになっていく[10]

幕末期には平田派の国学者によって宣長の代表作にあげられ、広く読まれるようになった[3]吉田松陰が現実の外交の意味で「馭戒」の語を用い[11]大国隆正は『馭戒問答』、平田延胤は『馭戒論』を著している。当時の情勢と彼らの立場からしてこの場合の「馭戒」は攘夷の別称であったと考えられる[12]

昭和期に入ると藤田徳太郎[13]蓮田善明[14]保田與重郎[15]らは『馭戒慨言』を対外戦争(大東亜戦争太平洋戦争)への勝利や大東亜共栄圏に臨むにあたって日本人が必読すべき書であると述べており、「馭戒」は侵略の別称ともなった[16]

田中康二は著者である本居宣長は「漢意排斥」の意図により『馭戒慨言』を著したが、対外危機の時代にその時代のイデオロギーと共鳴する形で読み替えられていくことで、時代を先取りする本として高く評価されていったと、評している[17]

脚注編集

  1. ^ a b 大久保『国史大辞典』
  2. ^ 田中、井上編(2016年)、P314
  3. ^ a b c d e f g 百川『日本歴史大事典』
  4. ^ 田中、井上編(2016年)、P320
  5. ^ 田中、井上編(2016年)、P314-315
  6. ^ 田中、井上編(2016年)、P315
  7. ^ 田中、井上編(2016年)、P315-316
  8. ^ 田中、井上編(2016年)、P317-318
  9. ^ 田中、井上編(2016年)、P319-320
  10. ^ 田中、井上編(2016年)、P318・320・323
  11. ^ 嘉永6年11月26日付横井小楠宛書状
  12. ^ 田中、井上編(2016年)、P320-323・326
  13. ^ 「平田篤胤を偲ぶ」『週刊朝日』42巻14号(1942年)
  14. ^ 『本居宣長』(新潮社、1943年)
  15. ^ 「『馭戒慨言』について」『週刊朝日』43巻4号(1943年)
  16. ^ 田中、井上編(2016年)、P323-326
  17. ^ 田中、井上編(2016年)、P326

参考文献編集

  • 大久保正「馭戒慨言」(『国史大辞典 4』(吉川弘文館、1984年) ISBN 978-4-642-00504-3
  • 百川敬仁「馭戒慨言」(『日本歴史大事典 1』(小学館、2000年) ISBN 978-4-09-523001-6
  • 田中康二「国学者の歴史認識と対外意識-本居宣長『馭戒慨言』をめぐって-」井上泰至『近世日本の歴史叙述と対外意識』勉誠出版、2016年7月 ISBN 978-4-585-22152-4