メインメニューを開く

駅弁大学(えきべんだいがく)とは、1946年(昭和21年)の学制改革に基づいて、1949年に新設され急増した新制大学を揶揄する呼称。現在は死語。

当時、急行列車の停車する駅では弁当(駅弁)が売られていたが、それらの駅がある町(主要都市)には新しい総合大学があるという意味であり、大宅壮一の造語である[1][2][3]。それ以前には官立(国立)の総合大学は帝国大学しかなく内地7大学と稀少であったのに対して、50大学ほど新たに設置され、ありふれたものとなった新制国立大学を呼んでいるものである[3]

概要編集

占領下の日本において連合国軍最高司令官総司令部 (GHQ) の主導により知識階級を増加させるために行われた学制改革によって「一県一国立大学」が実現されたが、それに伴って1949年5月に新設されて急増した国立新制大学の呼称である。

背景編集

戦前の状況編集

戦前のいわゆる旧制大学は、1877年(明治10年)にお雇い外国人により国際的学問水準を確保した旧制東京大学が東京に設立され、1886年(明治19年)の帝国大学令によって、旧制東京大学は唯一の総合大学である帝国大学となった。この帝国大学令が根拠となって複数の学部(分科大学)を有する帝国大学だけが官立の大学として設置を許されることになり、その後、東京の組織を手本に京都帝国大学1897年)、東北帝国大学1907年)、九州帝国大学1911年)、北海道帝国大学1918年)、京城帝国大学1924年)、台北帝国大学1928年)、大阪帝国大学1931年)、名古屋帝国大学1939年)が各地に誕生した。なお、京都帝国大学の設立時に、東京の帝国大学は「東京帝国大学」と改称された。一方、その頃すでに1903年(明治36年)にはいくつかの一定水準に達した専門学校専門学校令による「私立大学」として高等教育にあたっていた。

その後第一次世界大戦好景気を背景に高等教育機関の拡充が叫ばれ、その結果1918年(大正7年)に公布された大学令によって官立、公立の単科大学と私立大学の設置が正式に認められた。これにより、有力な官公立の専門学校と十分な基本財産を持つ私立専門学校が旧制大学として順次昇格していった。しかし、双方をあわせてもその進学率は同世代の男子の数%に過ぎなかった。

新制大学の誕生編集

第二次世界大戦日本軍が敗れると、軍部の独走を阻止できなかった原因のひとつとして、健全な知識階級の絶対数の不足が指摘され、再び高等教育機関の大拡充が行なわれることになった。しかし、それは敗戦直後のハイパーインフレ下という最悪の環境下で行われたため、大学新設は質的向上をもたらさず、結局全国の官立、公立の旧制専門学校(旧制高商、旧制高工)やナンバースクール、ネームスクールが一斉に看板を新制大学に架け替えるという「移行」にとどまった。特に、教員養成課程は戦前中等学校レベルである師範学校が母体となったため「二階級特進」などと揶揄された。 そもそもこれらは帝大卒の大宅私感であり、戦前は官立の旧制高等学校卒や旧制専門学校卒はエリート階級にあった。

その結果、「国鉄急行停車駅ごとに大学がある」と評されるほどに、全国各地で新制大学が急増し、ある程度の規模の都市にはどこでも国立大学があるような状態になった。大宅壮一はこれを諷して「急行の止まる駅に駅弁有り、駅弁あるところに新制大学あり」と発言したものである。

語の初出編集

大宅壮一造語したことは確かである[4][5]が、大宅がいつ発語し、それがどの雑誌に記録されたかなど、その初出は不明である[6]

脚注編集

  1. ^ 「戦後の教育改革により次々にできた新制大学のこと。昭和二四年(1949)、新制大学が駅弁を売る駅のある所に必ずといってよいほどできたことを皮肉って、大宅壮一がいった語。」、pp.286-287、大辞泉、小学館、1995年12月1日、第一版第一刷、ISBN 4-09-501211-0
  2. ^ (「駅弁を売る駅のある所必ず大学あり」といわれたところから)第二次大戦後の学制改革によってたくさんできた新制大学を、皮肉っていった俗語。日本国語大辞典 第三巻(うは~おのん)、p.167、小学館、第一版第二刷、1976年5月1日発行
  3. ^ a b 駅弁大学を知っていますか 板坂元『男の装い』PHP研究所、平成10年7月27日第1版
  4. ^ 平凡社大百科事典 第2巻(イン~カイ)、「大宅壮一」の項 「ものごとの本質に直截に迫るしんらつ、明快な分析を特色とし(<一億総白痴化><駅弁大学><恐妻>などの新語をつくる)・・・」、p.923、執筆者は佐々木隆、平凡社、1984年11月2日初版
  5. ^ NHK人×物×像 「一億総白痴化」「口コミ」「駅弁大学」「太陽族」など様々な流行語を生みだしたジャーナリスト・大宅壮一。
  6. ^ レファレンス事例詳細 国立国会図書館、2015年12月17日登録。ただし、この調査は、「週刊朝日」、「サンデー毎日」については調べていない。

参考文献編集

  • 現代人のための日本語の常識大百科(池田弥三郎著、講談社) 
  • 大学評価の研究(東京大学出版会)